インタビュー
» 2019年08月20日 12時00分 公開

実はいる? “整形願望があるから整形を批判する人” エッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」インタビュー(4)

「『あなたはなりたい顔になれてよかったね』という僻(ひが)み」。

[直江あき,ねとらぼ]


 どうして私はこんなにもブサイクに生まれてしまったのだろう―― 整形の体験談を描いたエッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」。なぜ“顔を変えよう”と思ったのか。それによって、内面的にはどのような変化があったのか。著者・愛内あいるさんにインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき

漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」とは?

 「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」

 幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった――生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。

著者プロフィール:愛内あいる(Twitter:@aiuchi_airuInstagram:@aiuchi_airu

漫画家。愛知県出身。「ブサイクなので整形に行った話」がTwitter公開後に反響を呼び、生きづらい葛藤と解放の記録を描いた『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』(KADOKAWA)を刊行、現在その後を描いた「結婚したいモンスターになった私の話」講談社漫画アプリPalcy(パルシィ)にて連載中。


























その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


整形に否定的な人の一部は「本当は自分も整形したい人」?

―― 整形した当時、「周囲にバレる」以外の不安はありましたか?

 なかったです。バレることの不安が100%で「そうなったら、自分は社会的に終わるかもしれない」と思っていました。ネットで「整形がバレて会社を辞めた」といった書き込みを見ていたので、すごく心配だったんです。

 結局、ある男性社員に気付かれてしまったのですが、彼が本当に良い人で事なきを得ました。私の知らないところでウワサが広まっていたかどうかまでは分かりませんが、直接何か言ってくる人は現れなくて。

 でも、今は整形したことを平気で言えますし、軽口もたたけるようになりました。この漫画を描いてから「この人には言ってもいいんだ」と思われるようになったらしくて、「実は私もやりました」といわれるようになったり、リアルの友人とも「どこのクリニックでやった?」みたいな話で盛り上がったりしてます。実は整形してる人って、意外と多いんですよ。

―― 「整形がバレると困ったことになる」というのは、批判的な風潮があるから。なぜ否定的な声があるのだと思いますか?

 Twitterのリプライで「整形したことでいじめられた」「友達からヒソヒソ言われるようになってツラい」というコメントをよくいただくのですが、言われた言葉の端々からくみ取ってみると「もしかしたら実は悪く言いながらも、その子も整形に興味があるか、自分もしたいと思っているのでは?」と感じることがあって。

 全てとは言いませんが、整形に批判的な人の中には“外見にコンプレックスを抱えていて、本当は整形願望がある人”がけっこういるんじゃないか、と思っています。自分より先にやった人に対して「あなたはなりたい顔になれてよかったね」という僻(ひが)みから、強く当たってしまうというか。

「他人の評価を受け入れつつも、自分のために」

―― 整形後、メイクやオシャレで変わった点は?

 この漫画のころの私は他人の評価が全てでしたね。周りの目を気にしてオシャレをしていたけどツラくて、「女子だけメイクして香水つけて、私は大変なんだぞ。お金もたくさんかかってるんだぞ」と思ってました。

 でも、今はオシャレがすごく好きですね。メイクやオシャレには流行がありますから日々勉強してますが、あくまでも自分の好きなこと、趣味としてやってます。

 とはいえ、「他人の評価を全く気にしない」というのは不可能なので、「それも受け入れつつも、自分のためにオシャレする」という感じでしょうか。「かわいいね」って言われたら、やっぱりうれしいですから。「“かわいい”はテンションが上がる」という言い方でいいのかな、ネイルだけでもきれいにしていると仕事の楽しさも違いますね。

(続く)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.