「人並みにならなきゃ」という強迫観念 エッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」インタビュー(3)

「周囲がそうしているなら、無理してでもそうしないといけない」。

» 2019年08月17日 12時00分 公開
[直江あきねとらぼ]


 どうして私はこんなにもブサイクに生まれてしまったのだろう―― 整形の体験談を描いたエッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」。なぜ“顔を変えよう”と思ったのか。それによって、内面的にはどのような変化があったのか。著者・愛内あいるさんにインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき

漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」とは?

 「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」

 幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった――生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。

著者プロフィール:愛内あいる(Twitter:@aiuchi_airuInstagram:@aiuchi_airu

漫画家。愛知県出身。「ブサイクなので整形に行った話」がTwitter公開後に反響を呼び、生きづらい葛藤と解放の記録を描いた『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』(KADOKAWA)を刊行、現在その後を描いた「結婚したいモンスターになった私の話」講談社漫画アプリPalcy(パルシィ)にて連載中。
























その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


「周囲がそうしているなら、無理してでもそうしないといけない」

―― 今回のエピソードには「整形前の1年間に『私は人よりも劣ってるから頑張らないと!!』と自分磨きに努める」シーンが。すごくオシャレに気を遣っていたんですね。

 高校時代は漫画を描く方が好きだったんですが、社会に出てから「人並みにやろう」とメイクするようになりました。ただ、自分のことをブサイクだと思っていたので、「人並みにしなきゃ」という強迫観念を抱いてしまって。

 会社の先輩に「コスメがすごく充実してるね」とビックリされるくらい百貨店の化粧コーナー通ったり、当時は茶髪のふわっとしたロングヘアが流行っていたので「私もそうしなきゃいけない」と思い込んでエクステをつけたり。

 地元企業で事務職の正社員だったんですが、手取りは13万円くらい。お財布事情は悲惨なことになっていました。オタク気質で、やり始めると一直線なんですよね。良い方向に行くと頑張れるけど、悪い方向に行くと思い詰めてしまう性格だと思います。

―― 周りに合わせてオシャレするのは、ツラくなかったですか?

 「周囲がそうしているなら、無理してでもそうしないといけない」という感覚でした。あの頃は「エビちゃん(ファッションモデルの蛯原友里さん)みたいにしたら、かわいくなれる」「エビちゃんがとにかく絶対正義」という風にも思ってました。

 今考えると、全然違うんですけどね。人それぞれに良さがあって、それぞれのかわいさがあって。エビちゃんのようにしたらかわいくなる子もいれば、路線が違う子もいる。そういうことが分かってませんでした。

整形してから変わったこと、変わっていないこと

―― お会いしてみて意外だったのが、作中の「他人と目が合わせられなかった」というシーン。相手の顔を真っすぐ見て話されていて、今とは全然違いますね。

 整形してから、そういうのはなくなりましたね。ただ「二重まぶたにした途端」ではなく、少しずつ変わっていったところです。

 以前は他人の視線が怖かったし、被害妄想じゃないですけど、他人の目を見ていると自信のなさや自分のイヤなところが見透かされそうな気がして、基本的に下を向いてました。

 人の顔が見られるようになったのは整形後、自分に自信がついてからです。

―― 今はもう、容姿はコンプレックスではありませんか?

 以前は、二重が絶対正義で絶対かわいいと思っていたんですけどね。ファッション誌で紹介されているメイクも、二重前提がほとんどでしたし。でも、「一重まぶた=ブサイク」という考え方をしなくなって、これに関するコンプレックスはなくなりました。

 ただ、「整形したからハイ、おしまい!」というわけではなく、それまでに積み重ねてきた劣等感や、他人と比較してしまう自分がひょっこり顔を出すときもあります。

(続く)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評