インタビュー
» 2019年08月17日 12時00分 公開

「人並みにならなきゃ」という強迫観念 エッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」インタビュー(3)

「周囲がそうしているなら、無理してでもそうしないといけない」。

[直江あき,ねとらぼ]


 どうして私はこんなにもブサイクに生まれてしまったのだろう―― 整形の体験談を描いたエッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」。なぜ“顔を変えよう”と思ったのか。それによって、内面的にはどのような変化があったのか。著者・愛内あいるさんにインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき

漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」とは?

 「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」

 幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった――生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。

著者プロフィール:愛内あいる(Twitter:@aiuchi_airuInstagram:@aiuchi_airu

漫画家。愛知県出身。「ブサイクなので整形に行った話」がTwitter公開後に反響を呼び、生きづらい葛藤と解放の記録を描いた『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』(KADOKAWA)を刊行、現在その後を描いた「結婚したいモンスターになった私の話」講談社漫画アプリPalcy(パルシィ)にて連載中。
























その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


「周囲がそうしているなら、無理してでもそうしないといけない」

―― 今回のエピソードには「整形前の1年間に『私は人よりも劣ってるから頑張らないと!!』と自分磨きに努める」シーンが。すごくオシャレに気を遣っていたんですね。

 高校時代は漫画を描く方が好きだったんですが、社会に出てから「人並みにやろう」とメイクするようになりました。ただ、自分のことをブサイクだと思っていたので、「人並みにしなきゃ」という強迫観念を抱いてしまって。

 会社の先輩に「コスメがすごく充実してるね」とビックリされるくらい百貨店の化粧コーナー通ったり、当時は茶髪のふわっとしたロングヘアが流行っていたので「私もそうしなきゃいけない」と思い込んでエクステをつけたり。

 地元企業で事務職の正社員だったんですが、手取りは13万円くらい。お財布事情は悲惨なことになっていました。オタク気質で、やり始めると一直線なんですよね。良い方向に行くと頑張れるけど、悪い方向に行くと思い詰めてしまう性格だと思います。

―― 周りに合わせてオシャレするのは、ツラくなかったですか?

 「周囲がそうしているなら、無理してでもそうしないといけない」という感覚でした。あの頃は「エビちゃん(ファッションモデルの蛯原友里さん)みたいにしたら、かわいくなれる」「エビちゃんがとにかく絶対正義」という風にも思ってました。

 今考えると、全然違うんですけどね。人それぞれに良さがあって、それぞれのかわいさがあって。エビちゃんのようにしたらかわいくなる子もいれば、路線が違う子もいる。そういうことが分かってませんでした。

整形してから変わったこと、変わっていないこと

―― お会いしてみて意外だったのが、作中の「他人と目が合わせられなかった」というシーン。相手の顔を真っすぐ見て話されていて、今とは全然違いますね。

 整形してから、そういうのはなくなりましたね。ただ「二重まぶたにした途端」ではなく、少しずつ変わっていったところです。

 以前は他人の視線が怖かったし、被害妄想じゃないですけど、他人の目を見ていると自信のなさや自分のイヤなところが見透かされそうな気がして、基本的に下を向いてました。

 人の顔が見られるようになったのは整形後、自分に自信がついてからです。

―― 今はもう、容姿はコンプレックスではありませんか?

 以前は、二重が絶対正義で絶対かわいいと思っていたんですけどね。ファッション誌で紹介されているメイクも、二重前提がほとんどでしたし。でも、「一重まぶた=ブサイク」という考え方をしなくなって、これに関するコンプレックスはなくなりました。

 ただ、「整形したからハイ、おしまい!」というわけではなく、それまでに積み重ねてきた劣等感や、他人と比較してしまう自分がひょっこり顔を出すときもあります。

(続く)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」