ニュース
» 2019年07月26日 11時00分 公開

そうめんが飲めるように胃袋に消えるという“冷麺風そうめん”を作ったら、「調理5分・食事3分」で消失した

そうめんは飲み物です。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 エアコンが壊れました。蒸し暑くてつらいです。そんなときにオススメなのが「そうめんが…のめるように…胃袋に消えてゆく…」という“冷麺風そうめん”。時短レシピサイト「つくりおき食堂」作者の若菜まりえさんがTwitterに投稿し、4万いいねが付いています。早速、そうめん飲むぞーと作り始めたら、およそ5分で完成しました

冷麺風そうめんの写真 5分くらいで作れちゃう“冷麺風そうめん”

 材料はそうめん100グラムと、トッピング用のキムチ、きゅうり、白ゴマを用意しました。トッピングはキムチだけでもイケます。分量は1人前です。

冷麺風そうめんの材料 そうめん100グラム、キムチ、きゅうり、ごま

 そうめんをゆでます。

そうめんをゆでるところ そうめんは表示に従ってゆでます

 ゆでている間にスープを作ります。水(200ミリリットル)、鶏ガラスープの素(小さじ1)、酢(小さじ1)、しょうゆ(小さじ2)を混ぜるだけです。

スープの材料 水・鶏ガラスープ・酢・しょうゆでスープを作ります

スープの材料(分量ごと) 鶏ガラスープと酢は小さじ1、しょうゆは小さじ2です

スープの材料を混ぜたところ 混ぜるだけでスープが完成

 ゆでたそうめんは流水で冷やします。水切りしたそうめんをスープに入れます。

そうめんをスープに入れるところ 水切りしたそうめんをスープにイン!

 キムチやきゅうりをトッピングして完成。ちょー簡単です!

 食べてみたところ冷麺ふうの味でした。そうめんに飽きてきた残暑のお昼ご飯にも良さげです。筆者は食べるのが遅いので飲み物にはなりませんでしたが、筆者の家族(40歳代・男性)は吸い込むように飲み込み、3分で食べ終えていました。そうめんは吸うんですって。

完成した冷麺風そうめん つるつるーっと食べられます

 お好みで豆板醤(トウバンジャン)を入れてもおいしいです。適当にぶちゅーっと入れたところ(まりえさんのオススメは小さじ1/2)、そこまで辛党ではない筆者にはからすぎました…。キムチをどっさり、豆板醤をどっさりと入れたい誘惑に駆られますが、からくなりますのでご注意ください。

豆板醤をいれすぎた冷麺 豆板醤とキムチを、ここまで入れると食べられますがからいです

 キムチがない場合は、鶏ガラスープを小さじ半分追加するといいそうですよ。

高橋ホイコ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  2. /nl/articles/1705/18/news140.jpg 「秋頃に母になる予定です」 元競泳選手・田中雅美、再婚&妊娠を報告
  3. /nl/articles/1911/28/news078.jpg 「10代には見えない」「オーラが違います!」 アンミカ、約30年前の“バブリーショット”が圧倒的な大人っぽさ
  4. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  5. /nl/articles/2105/08/news004.jpg 猫がお風呂で熱心に湯もみをするワケは…… お湯をペロッとする姿に「楽しそう」「かわいすぎる」の声
  6. /nl/articles/2105/07/news106.jpg ジョージ・クルーニーの行き過ぎブラピ愛「食べているだけで最高なんだ」 チャリティー寸劇が「笑い死ぬ」「映画を作って」と反響
  7. /nl/articles/2105/08/news007.jpg 「好きです」「彼女に立候補します」アピールし続けて2年 押しが強い女の子がかわいい漫画にキュンとなる
  8. /nl/articles/2105/07/news093.jpg 千原ジュニア、所ジョージの贈り物に感激「こんな素敵な歳の貰い方したい」 粋な心遣いに「全てがカッコいい」と称賛の声も
  9. /nl/articles/2105/03/news021.jpg 賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
  10. /nl/articles/2011/13/news037.jpg 【漫画】「アレクサ!! ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外