ニュース
» 2019年08月16日 14時48分 公開

「とにかくうたい文句と違う」 給与未払いの白鳥エステ、エステスクールでも問題が起きていた(1/3 ページ)

白鳥エステことHSbodydesignの問題点は、従業員の待遇だけではありませんでした。

[不義浦,ねとらぼ]

 エステサロンチェーン「HSbodydesign」(通称白鳥エステ)において、現在大規模な給与の未払いが発生しています(関連記事)。ねとらぼが取材した元従業員の方の話によると、4月以降の給与がいっさい振り込まれていない、未払いのせいで病院にも行けない、天引きされたはずの社会保険料が実際には支払われていなかった、などの告発がありました。

 経営状態が2019年春ごろから著しく悪化していたと思われる白鳥エステですが、取材を進めていくなかで、白鳥エステが主催するエステスクールでも問題が起きていることがわかりました。

スクールの概要

 HSbodydesignのスクールには大きく分けて2種類のスクールがあります。各店舗に置かれた講師が講義するものと、白鳥エステ代表の白鳥紘子社長と管理部門長である言原紗々氏(現在は休職中)が直接指導することをうたった「白鳥言原スクール」です。前者はいつでも受講可能で、後者は開催に合わせて受講者を募集するシステムでした。

 スクール受講後にはHSbodydesignのエステティシャン求人に応募できるようになるため、社員登用を目的に受講する人も少なくありませんでした。

 このスクールではどのような問題が起きていたのでしょうか。ねとらぼでは複数の「白鳥言原スクール」元受講生に連絡を取り、スクール内部の事情をうかがいました。

白鳥スクール問題 白鳥言原限定スクールと通常スクールの違い(元受講生の方提供)

契約書がない

 今回取材に応じてくださった方の多くは、白鳥エステの経営の悪化が顕著になってきたと思われる2019年2月募集分のスクール生でした。このときのスクール代は税込10万8000円で、合計9時間で「白鳥式痩身手技、哲学、姿勢の全て」を習得できるという触れ込みです。なお、3月募集分では16万2000円、4月募集分では21万6000円に値上がりしていますが、内容やコマ数は全て同一でした。スクール受講に当たって契約書の作成は行われなかったといいます。

白鳥スクール問題 4月募集分の要項(facebookより)

未払いについて説明がない

 スクール内では、白鳥エステの給与の支払いが遅れていることについて説明はありませんでした。遅配について個人的に質問した人は、以下のように話があったといいます。

 「遅配について質問したら、『少し遅れているが、今だけなので直に解消する。遅配しているのも一部の人(管理職・遅配協力者)だけで、仕事帰りに働いている従業員でも手取りで20万持って帰る人がいるほど高収入。兼業からうち(白鳥エステ)専任になる人もかなり多いです』と自慢げに語っておられました」(Aさん)

 「スクール後の雑談時に、遅配について質問された方がいらっしゃいましたが『少し遅れているだけで、理由のある方は早めにお渡しすることもある』の返事でした」(Bさん)

 スクール生には、尋ねられた場合に「給与の遅配は一時的なものである」と説明していたようです。しかし遅配は創設当時からあったという証言もあり(関連記事)、遅配はそれ以前から常態化していたと考えられます。

白鳥スクール問題 4月募集分は5月10日まで募集されていた(facebookより)

授業計画のずさんさ

 また、スクールのスケジュールは非常にずさんなものだったといいます。

 「支払いを完了したのが2月21日、日程の連絡が来たのが3月11日でしたが、それまで支払い確認のメールなどは一切なく、突然3月11日に3回分の受講日程が送られてきました。1回目の講義は3月17日と6日後でした。連絡期間が空くにもかかわらず、こちらのスケジュールの確認がないことを疑問に思いました」(Aさん、2月募集分)

 「私の場合は、スクールの日程が来たのがスクール初日の9日前でした」(Cさん)

 スクールの日程は、参加者の予定を考慮しない状態で開催寸前に決定されたようです。地方からの参加者に対しても配慮はありませんでした。

 「申し込みの際に地方からの参加なので3コマまとめて受講したい旨のメールを送っていたにも関わらず、最初に提示されたのは飛び石日程でした」(Dさん)

 また、白鳥社長は講義に何度か遅刻していたといいます。

 「参加初日、白鳥代表が担当する背面の講義でしたが、19時開始のところ30分遅刻されました。結局30分オーバーしてもすべての手技を教え終わらず、本来22時終了のはずが23時終了でした」(Cさん)

内容が不十分

 さらに、講習ではカリキュラム全ての内容を教わることができなかったといいます。言原元講師に関しては「マニュアルに従ってどうにか時間内に教えようとしてくれた」(Eさん)「言原元講師には急ぎながらでも教えていただけたと思う」(Fさん)と、駆け足ながら十分に指導はしてもらったという意見が多いようですが、白鳥代表が担当した背面の施術に関する授業には不満をもらす証言が複数ありました。

 「マニュアルが配布されなかった」(Bさん、Fさん、Gさん)ことに始まり、「後日プリントしたマニュアルと照らし合わせたところ、白鳥講師の背面回は半分ほどしか教えてもらっていませんでした」(Dさん)、「背面の施術ではエフルラージュ(軽擦法)に時間を割きすぎ、ウエストの施術とスクイーズという手技以外は教えてもらえず、『残りは補講で!』という流れでした。背面に関しては半分も教えてもらっていません」(Cさん)など、講義内容は十分でなかったそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  7. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  8. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」