ニュース
» 2019年08月18日 09時00分 公開

「家事・育児の分担」で何度も衝突してきた夫婦 うまくいくようになった方法描いた漫画に「目からウロコ」「タメになる」

具体的に頼むこと、ゴールを明確にしてやり方を任せること。

[林美由紀,ねとらぼ]

 夫も妻もそれぞれ家事も育児もできるのに、分担しようとすると衝突してしまう……そんな状況を発想の転換で解決できた経験を描いた漫画が目からウロコと話題です。


家事分担05 タイミングややり方が違うことで衝突していたけれど……

 作者の描き子(@kaqico)さんには子どもが1人おり、夫と共働き。2人とも家事・育児はできるものの、やるタイミング、やり方などが違うため、家事や育児の分担で何度も衝突してきたといいます。

 夫は頼めば家事をやってくれるのですが、描き子さんとしては、2人が同じ目線ではなく「自分が家事・育児の責任者として夫に指示を出し、夫はヒラ社員のように振られた作業をする」ように感じられる状況が不満。「2人とも家事・育児の責任者となって、やるべきことをくみ取って動く」のが理想ですが、それは無理であるとも思っていました。


家事分担01 それぞれ家事育児ができるのに分担すると衝突


家事分担02 夫に当事者意識がないのが不満だったのかも

 例えば、描き子さんはホコリがたまる前に掃除しようと思いますが、夫は汚れたら掃除するという考え。こんなふうに必要な家事の基準が違うため、今やるべきことを同じように認識するのが難しく、かといって相手に合わせようとするとストレスがたまってしまいます。

 そこで描き子さんが決めたのは「一連の作業をまるごと任せる」「ゴールを明確にしてやり方は任せる」こと。「毎日の朝ごはんを7時までに準備。メニューは目玉焼きとトースト」「週に1回水回りを掃除。ネットを取り替えて蛇口と排水溝をピカピカに」というように具体的にお願いすると、びっくりするくらい分担がうまくいったのだとか。

 がっつり頼むことで描き子さんは自然と「マジ絶大感謝」という気持ちになり、夫も任された家事を効率化するなどノリノリになって、さらに頼んでないこともやってくれるように。自分自身、末端の単純作業だけ任されると面倒に思うのに、まとまった作業を任されるとむしろやる気が出てさっさと動けることもある――そんな気付きを描き子さんは述べています。


家事分担03 家事の任せ方を変えてみた


家事分担04 まとまった作業を任せることで頼んでないこともやってくれるように

 家事や育児で衝突するのは、やってほしいタイミングでやってくれないことややり方の違いが原因なこともあるでしょう。「どんな方法でも最終的に目標が達成できればいい」と発想を転換し、ゴールを明確にしてやり方を任せるという方法が取れれば、お互いストレスをためずに家事を分担して結果を出せそうですね。

 この漫画の読者からは「目からウロコでした!!」「『掃除して』などの大雑把な伝達はケンカのもとになりかねないので、伝えることは細い事まできちんと伝えることが家庭生活及び日常生活にとって大切」「ある程度の裁量を与えることでモチベーションが喚起されるくだり、すべてのマネージメント層に共有したい…」など共感のコメントが寄せられています。

画像提供:描き子(@kaqico)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.