コラム
» 2019年09月11日 12時00分 公開

【統計学で考える】都市伝説「しゃっくりを100回すると死ぬ」は何秒後に死ぬのか (2/3)

[キグロ,ねとらぼ]

97%の確率で死亡するのは……何分後?

 いよいよ計算しましょう。ただし手で計算するのは大変なので、コンピュータにやってもらいます。

 前述の通り、今回の想定では「平均すると100回目のしゃっくりが990秒程度で出る(死ぬ)」ことになっています。手始めに、100回目のしゃっくりが990秒から991秒までの間に起こる確率を計算しましょう。



 なんと、たったの0.4%です。平均とはなんだったのか。もうちょっと範囲を広げて、前後10秒(984〜994秒)の間に死亡する確率を計算しましょう。



 すると4.0%。さっきよりは少し広がりましたね。



 結果はドン、51.3%。「しゃっくりが始まったとき、51%の確率で990秒以内に死ぬ」ということになります。

 では、ほぼ確実に死ぬと言えそうな確率になるのはいつでしょうか? xの値を少しずつ変えて計算してみると、次の式が得られます。



 積分の記号(∫)の上についている数字に注目してください。1190とありますね。これはしゃっくりが始まってから1190秒(19分50秒)以内に死ぬ確率が97%になるという意味です。つまり、もし誰かがしゃっくりを始めたら、あなたはこう言うことができます。

 「お前は97%の確率で、19分50秒以内に死亡する(メガネクイッ)」と。


 今回は、しゃっくりが100回起こるまでの時間を計算してみました。そんなものを計算してどうするんだ……という気がしますが、実はこれ、結構役立っています。

 例えば、テレビなんかで「首都圏の直下型地震は○○年以内に起こる」なんて聞いたことありませんか? 実はこれは、指数分布で計算しています(なので、正確には「○○年以内に起こる確率が△%」などと言わなければなりません)。

 他にも火山の噴火や異常気象など、だいたい同じくらいの間隔で起こる現象が次にいつ起こるか、何回も起こるのは何年後かといった計算は、指数分布やガンマ分布が使えることが多いです。

 もっと身近な例では、バスが来るタイミングや、会社のWebページにアクセスがある間隔、電話がかかってくる時間なんかも、指数分布やガンマ分布に従うと言われています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた