コラム
» 2019年09月11日 12時00分 公開

【統計学で考える】都市伝説「しゃっくりを100回すると死ぬ」は何秒後に死ぬのか(2/3 ページ)

[キグロ,ねとらぼ]

97%の確率で死亡するのは……何分後?

 いよいよ計算しましょう。ただし手で計算するのは大変なので、コンピュータにやってもらいます。

 前述の通り、今回の想定では「平均すると100回目のしゃっくりが990秒程度で出る(死ぬ)」ことになっています。手始めに、100回目のしゃっくりが990秒から991秒までの間に起こる確率を計算しましょう。



 なんと、たったの0.4%です。平均とはなんだったのか。もうちょっと範囲を広げて、前後10秒(984〜994秒)の間に死亡する確率を計算しましょう。



 すると4.0%。さっきよりは少し広がりましたね。



 結果はドン、51.3%。「しゃっくりが始まったとき、51%の確率で990秒以内に死ぬ」ということになります。

 では、ほぼ確実に死ぬと言えそうな確率になるのはいつでしょうか? xの値を少しずつ変えて計算してみると、次の式が得られます。



 積分の記号(∫)の上についている数字に注目してください。1190とありますね。これはしゃっくりが始まってから1190秒(19分50秒)以内に死ぬ確率が97%になるという意味です。つまり、もし誰かがしゃっくりを始めたら、あなたはこう言うことができます。

 「お前は97%の確率で、19分50秒以内に死亡する(メガネクイッ)」と。


 今回は、しゃっくりが100回起こるまでの時間を計算してみました。そんなものを計算してどうするんだ……という気がしますが、実はこれ、結構役立っています。

 例えば、テレビなんかで「首都圏の直下型地震は○○年以内に起こる」なんて聞いたことありませんか? 実はこれは、指数分布で計算しています(なので、正確には「○○年以内に起こる確率が△%」などと言わなければなりません)。

 他にも火山の噴火や異常気象など、だいたい同じくらいの間隔で起こる現象が次にいつ起こるか、何回も起こるのは何年後かといった計算は、指数分布やガンマ分布が使えることが多いです。

 もっと身近な例では、バスが来るタイミングや、会社のWebページにアクセスがある間隔、電話がかかってくる時間なんかも、指数分布やガンマ分布に従うと言われています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」