連載
» 2019年10月26日 21時25分 公開

【漫画で紹介】KIMONO騒動でしかキム・カーダシアンを知らない人に伝えたい、まだまだいっぱいのお騒がせエピソード「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」ハピドラ!

全員、悪役(ヴィラン)。

[momomosparkle,ねとらぼ]

悪役のススメ

 「眠れる森の美女」のマレフィセントや「ヤッターマン」のドロンジョ様、バッドマンのジョーカーやハーレクイン……。ヒーローを困らせて楽しむ存在でありながら、私たちを魅了してやまないヴィラン(悪役)たち。個性的なファッションやゴージャスなルックスはもちろん、他人の目を気にしない自由な生き方こそが、彼らの最大の魅力だ。

 周りに気を使いすぎて、最近ちょっとお疲れ気味なあなた。今日は一旦ヒーローはおやすみ。好きな格好して、普段我慢しているおやつでも食べながら、「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」をみてみよう。

 カーダシアン家の女性たちは、そんなワルだけど憎めないヴィランたちのような魅力をもっている。美しく自信たっぷりで、したたかに自分のやりたいことをやる。

カーダシアン家のお騒がせセレブライフ
カーダシアン家のお騒がせセレブライフ
カーダシアン家のお騒がせセレブライフ
カーダシアン家のお騒がせセレブライフ
カーダシアン家のお騒がせセレブライフ
カーダシアン家のお騒がせセレブライフ
カーダシアン家のお騒がせセレブライフ

momomosparkle

イラストレーター&デザイナー&漫画家。カリフォルニアのカレッジで2年間アートを学んだ後、美大を卒業、現在はフリーランスとして活動中。かわいいものや楽しいことが大好き。


カーダシアンズって?

 全米で大人気のリアリティショーだから、タイトルだけはきいたことあるという人も多いかも? でも実際に彼女たちが何者で、なんでそんなに有名なのか知らない……という人のために、カーダシアン一家について少しだけご紹介。

 まずはカーダシアン一家を一躍有名にしたのが、最近「KIMONO」騒動で日本でも話題となったキム・カーダシアンだ。すでにヴィランの香りがするでしょ?

 彼女の父のロバート・カーダシアンがセレブを顧客に持つ有名弁護士で、キムも元祖お騒がせセレブであるパリス・ヒルトンの取り巻きの1人として知られていたため、名前はもともとそれなりに知れていた。でも2007年、キムの当時の恋人とのプライベートビデオが流出したことがきっかけで、知名度はそれ以前の比ではなくなった。

 「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」は、このビデオ流出事件にのっかるかたちでスタートした。キムと彼女の姉コートニー、妹のクロエ、ケンダルとカイリーら5人姉妹と、彼女たちの母親クリスを中心としたカーダシアンファミリーの超セレブな日常にほぼ朝から夜まで密着し、きらびやかなパーティの様子から家族喧嘩まで、ありのままの姿を配信していく番組だ。

カーダシアン家のお騒がせセレブライフ みんなキャラが濃い、カーダシアン家のみなさん

 この番組が爆発的にヒットしたことで、一家は世界的に有名なスーパーリッチファミリーになった。そんな背景から、「あのプライベートビデオはわざと流出させたのではないか……」といううわさがあるくらい。さらにはカーダシアン家で起こるいざこざは、すべて母親でありマネージャーの“女帝”ことクリスが仕組んだことなのではないかとも言われている。ただし真相は闇の中。

 彼らの毎日は、思わず赤面しちゃうようなスキャンダルやトラブルの連続で、それらを包み隠さずにシェアしてくれる。むしろどんなに恥ずかしいゴシップを世間に公表することになっても、「あななたち、こういうの好きでしょう?」と、ちょっと上から見てくる感さえある。コンプレックスがあるならそれを売りにする。トラブルは注目を集めるとびきりのチャンス。いいことも悪いことも絶対に何かのタネにする、転んでもただでは起きないのが、カーダシアン一家なのだ。

じつはアツい、家族の絆

 カーダシアン家の女性たちは、基本的に強気で思ったことはなんでも口にするタイプ。それは家族相手でも変わらず、ときにはハンドバッグで姉妹の頭を殴ったり、「あんたとは縁を切るから!」と叫んだりかなり激しい喧嘩もする。だけどそんな感情むき出しの争いができるのも、心の底ではお互いを愛していることをわかっているからこそ。

 例えばいつも姉妹たちに厳しく、そっけない態度をとりがちな長女のコートニーでさえ、妹の彼氏の浮気が発覚すると、「私たち家族の内のひとりを侮辱したら、私たち全員を侮辱したことになるわ」と怒りをあらわにする。三女クロエの「私たちはいつでもクレイジーだけど、いつでもイイ感じ」という言葉は、まさにカーダシアンファミリーのちょっぴり変でとっても強い絆を言い表している。

 放送禁止ワードが飛び交う激しい罵りあいのシーンのあとも、観ているこちらが拍子抜けするほどあっさりとお互いを許し合い、「やっぱり私たちってサイコー!」とハグして笑っている。自分は身内にキビシイけれど、敵が身内をバカにするのは許さない。そんなジャイアンちっくな愛情表現がまたとてもよい“ヴィラン感”。

全米一有名なセレブは全米一タフ

 番組の視聴率もSNSのフォロワー数も桁外れで、話題に事欠かないカーダシアン一家は、アンチの数が他のセレブたちより多いのも事実。それでも負けずにタフに前に進み続けるのがやっぱり彼女たちらしい。

 感情をストレートに表現するキムは、何度もカメラの前で号泣してきた。アンチは「泣き顔がブスすぎる!」とネットでからかい、彼女が号泣するシーンを集めたおもしろ動画も出回る始末。でもキムはそこを逆手にとって、オリジナルの絵文字アプリを作り、なんとその絵文字のラインアップに「ブスすぎる」と言われ続けてきた彼女の泣き顔を入れた。このオリジナル絵文字アプリは瞬く間に広がり、発売日にはあまりの人気になんとApp Storeをサーバーダウンさせた。

 また四女のケンダルは、美しいドレス姿でレッドカーペットを歩いたとき、「ニキビが気になる」「肌が汚いわ」などの悪意に満ちたバッシングを受けた。それに対し、SNSでとある女性が「すべての女性は、ニキビがあってもゴージャスに堂々と歩く彼女の様子を理解するべきなんじゃないかな?」とケンダルを擁護。ケンダルはその女性のつぶやきを引用し、「肌荒れなんかにあなたをストップさせないで!」と、肌荒れに悩む人たちを勇気付けた。ケンダルは、過去には自分の肌荒れがコンプレックスで、他人と話すときに目を合わせられないような時期があったこと、SNSなどのコメントに泣き明かした日々があったことなどを告白している。ケンダルいわく、アンチの存在を乗り越えるには、「自分自身が強くなること」が必要だったそうだ。

 相手を変えることは難しい。だったら自分が強くなればいい。彼女たちはいつだって、日々見えない敵と戦っている現代っ子たちに、タフに生き抜くお手本を示してくれる。

カーダシアン家のお騒がせセレブライフ キムの知名度が日本では高いですが、本国では四女と五女もティーンにすごく人気があるんです!

あなたもなれる、強いオンナ

 SNSやメッセージアプリでほぼ24時間他者とつながっているこの時代、私たちは周りにどう思われるか、どのように振る舞うべきかということに過敏になってしまった。だからこそときには、周りの意見なんか気にせずに自分街道を突っ走って、ヴィランちっくなお騒がせセレブを気取ってみるのもあり。

 「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」は、ついつい弱気になってしまうあなたへの処方箋。ネガティブな感情はさっさと捨てて、次・次・次!と進む彼女たちは、思ったことを包み隠さず表現する強さ、悪意を向けられて気にしないタフさなど、この現代をたくましく上手に生き抜くのに必要な術をおしえてくれるのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声