インタビュー
» 2019年11月26日 20時00分 公開

辞書を読破した人にしか分からない「“シ”のトウゲ」 『大辞林』編集長インタビュー(1/3 ページ)

辞書ガチ勢には“あるある”?

[ねとらぼ]

 制作期間10余年、数十人規模の制作チーム、かつて膨大な手作業により指紋が消失する者もいた。――― これは巨大な建造物ではなく、“辞書”という1冊の本の話です。2019年9月、大型国語辞書『大辞林』(三省堂)から、13年ぶりの全面改訂となる第4版が刊行。本記事は、映画「舟を編む」の制作にも関わった編集長・山本康一さんへのインタビュー企画・第4回となります。

 今回は「マンガ編集者はマンガを読むはず。では、辞書編集者は辞書を“読む”のか」「改訂に13年かかった理由」など素朴な疑問を中心に伺いました。ちなみに、刊行が2019年9月になったのには、大型国語辞典ならではの事情があったようです。



辞書を読破した人にしか分からない「“シ”のトウゲ」

――― マンガの編集者はマンガを読むはず。素朴な疑問なのですが、辞書の編集者も辞書を“読む”のでしょうか?

編集長:辞書というのは必要があって“引く”ものです。ですが、作る過程では頭から“読む”こともありますね。最終的に紙面として確認するときとか。

ながさわ:普段から眺めたりとかはしないんですか?

編集長:いや、さすがに(笑)。普段は必要なところを引くだけですよ。

――― ながさわさんは?

ながさわ:このあいだ、『三省堂現代新国語辞典』を読破しました。2、3カ月かかりましたね。

「唯一の“高校教科書密着型辞書”」と銘打つ『三省堂現代新国語辞典』第6版は約1600ページで7万7500語収録

――― 失礼ですが、それって楽しいんですか……?

ながさわ:小説のように1字1字追っていくわけではないですよ。気になるところを拾い読みして、全ページ目を通したというだけ。「この言葉、前の版にはなかったなあ」みたいな情報が何となく頭に入っていると楽しめるものなんです。

編集長:昔からいるんですよね、辞書が好きな人って。『大辞林』を初版から読んでいて、気付いたことをハガキで送ってくれる方とか。

――― マンガなどを“第1巻”から読んでいるファンはよくいますけど、“第1版”とは……!

ながさわ:テキストの量だけ考えたら、辞書って読めないものではないんです。ざっくり計算してみたところ、『三省堂現代新国語辞典』は450万字くらいで、小説『カラマーゾフの兄弟』の邦訳が150万字くらい。

――― 『カラマーゾフ』3周分も相当なものですけど、読書好きな人だったら、まあ。

編集長:でも、小説は筋がありますから。50音順にひたすら並んでいる言葉を読んでいくというのは、なかなか……。

ながさわ:「あ」「い」「う」と進んでいって、「し」まで来ると「やっと真ん中か」と思いますね(※)。

※辞書を読んだときの“あるある”ネタ(たぶん)。50音順で考えると「し」は早いうちに出てくるが、辞書では語数の関係で中盤に来る。

編集長:「“シ”のトウゲを越える」なんて言いますね。

 「シ」の登り始めはまだいいんですが、「シャ」「シュ」「ショ」がツラい。和語がなく、漢語、外来語だらけで。

――― 「辞書を全部読む」という荒行を経験した人にしか分からない話だ……

編集長:次に来るのは「“ファ”のトウゲ」でしょうか。

ながさわ:あそこも外来語ばかりだから(笑)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」