辞書作りの世界を描いた『舟を編む』、どれくらいリアルだったんです? 映画版制作に関わった『大辞林』編集長インタビュー(1/3 ページ)

というか、リアルの方が辞書愛が試される展開になってません?

» 2019年11月15日 20時00分 公開
[ねとらぼ]

 制作期間10余年、数十人規模の制作チーム、かつて膨大な手作業により指紋が消失する者もいた。――― これは巨大な建造物ではなく、“辞書”という1冊の本の話です。2019年9月、大型国語辞書『大辞林』(三省堂)から、13年ぶりの全面改訂となる第4版が刊行。本記事は、映画『舟を編む』の制作にも関わった編集長・山本康一さんへのインタビュー企画となります。

 ねとらぼのTwitterアカウントで質問募集を行ったところ、やはり多かったのは「本当に『舟を編む』のように辞書を作っているんですか?」というのもの。同作は辞書づくりの現場がリアルに描かれている一方、山場の「『血潮』という言葉が1つ抜けていたために作業を全て中断し、膨大な確認作業を始める」というシーンなどに関しては、時代の変化で少しだけ変わってしまった点もあるのだとか。



話題を集めた『舟を編む』、どれくらいリアルだった?

取材参加者

  • 山本康一さん:『大辞林』第4版編集長
  • ながさわさん:数百冊の辞書を保有する辞書コレクター。暇さえあれば辞書を引いている
  • ねとらぼ編集部

――― ねとらぼ読者から質問を募った結果、『舟を編む』に関する質問が最多でした。やっぱり業界内でも有名な作品なんですか?



編集長:もちろんですよ、この業界の人は皆触れているでしょう。知らなかったらモグリですよ(笑)。

 『大辞林』の初代編集長・倉島(節尚/くらしまときひさ)が辞書の制作過程などについて書いた本があるのですが、三浦しをんさん(原作小説の作者)はそういうのをよく読んでいて、非常にリアリティーのある作品だと思います。基本的にはあの通りですね。

ながさわ:映画版で取材協力してましたよね。

予告編の最後に「特別協力:株式会社三省堂 三省堂印刷株式会社」とクレジット

編集長:そうですね。小説のときは小学館さん、岩波さんに取材されていて、うちには声が掛からなくてガックリ来たんですが(笑)、映画は「ぜひやってほしい」ということで。当社にロケハンも来ましたし、私は脚本の初稿段階からミーティングに参加していました。

 これはかつて当社で実際に使っていた「用例採集カード」、こちらは映画で使われたレプリカです。


左:実際に使われていた用例採集カード、右:映画用に制作されたレプリカ


レイアウトまでそっくり

――― 新しく見つけた言葉を記録するカードですよね。これって文房具メーカーが作っているんですか? 用例採集している人はかなり少ないと思うのですが

編集長:いえ、これは『大辞林』専用に作ってもらっていました。昔は、これが机にドカッと置かれていて。使い方はいろいろで言葉の意味を書いたり、出典資料をそのまま貼ったり。当時は、けい線を無視してメモ代わりにもしていましたね。



 用例採集のやり方は今も昔も変わりませんが、デジタル化の流れでツールは変わってきています。今は社内データベースもあるし、私の場合はタブレット端末から「Evernote(エバーノート)」で。

ながさわ:(編集長のタブレットを見ながら)語や用例だけでなく、出典資料までちゃんと画像で保存してるんですね。

編集長:以前は新聞をパシャっと撮影していたんですが、『大辞林』の制作作業が忙しくなったとき「電子版なら電車内でも作業できるぞ」「スクリーンショットでいけるから、けっこう楽だな」と。おかげで会社に来る時間が早くなっちゃいましたよ。

ながさわ:私も用例採集しているのですが、原典までは記録できていないので参考にさせていただきます。

――― 「用例採集している人はかなり少ない」と言ったばかりなんですが、なぜ……?

ながさわ:趣味です。しっかりやりたいですね。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評