ニュース
» 2019年11月10日 09時30分 公開

11月中旬、2つの流星群が見頃に 気になる天気は?

11月中旬は流れ星を見つけるチャンス。13日は「おうし座北流星群」、18日は「しし座流星群」が見頃を迎えます。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

おうし座流星群(南群・北群)

流星群

 おうし座流星群は活動期間が長く、南群・北群ともに10月半ばから11月末までです。極大日は南群が11月6日ごろ、北群が11月13日ごろと予想されていますが、出現数が少なく、あまりはっきりしないため、極大日にこだわらなくてよいでしょう。北群の極大日と予想される13日は満月過ぎなので、月の条件は良くありませんが、おうし座流星群は明るい流れ星が見えることで知られており、気長に夜空を眺めてみるのもよさそうです。

来週にかけて星空観察日和は?

 10日の日中は日本海側も含めて日差しの届く所が多いですが、夜は所々で薄雲が広がりそうです。11月中旬は火星とスピカが接近して見え、10日から11日明け方に最接近しますので、赤い火星と青白く光るスピカを楽しむのもよいでしょう。来週は前線を伴った低気圧が度々日本付近を通過し、天気は短い周期で変わりそうです。おうし座北流星群の極大日である13日は晴れマークの所が多いものの、天気は下り坂に向かうため、最新の予報を確認してください。

しし座流星群

流星群

 さらに再来週、18日は「しし座流星群」が見ごろとなります。2019年は活動が活発な時期から外れてしまっているため、大出現は望めませんが、毎年明るい火球があらわれるとのことです。月明かりがあるのが残念ですが、運試しに流れ星を探してみるのもよいでしょう。星空観察の日は晴れてほしいものですが、晴れると朝晩はグッと冷え込みます。長い時間、屋外で過ごすと想像以上に体が冷えますので、寒さ対策を忘れないようにしてください。

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響