ニュース
» 2019年11月15日 19時53分 公開

男性はスーツ、女性はヒール…… 職場で定める服装ルール、過半数が「最低限で良い」と回答

勤務時の服装については、#KuToo運動なども話題になっています

[ねとらぼ]

 日本労働組合総連合会は、「社内ルールにおける男女差に関する調査」を実施し、11月15日にその結果を発表しました。

社内ルールにおける男女差に関する調査 服装のルール、どう考える?

 この調査は、職場における服装、身だしなみや、旧姓、通称の使用についての意識や実態を把握するために行われたもの。昨今、特に女性では、就業中のメガネ着用の禁止や、#KuToo運動などが話題になっています。また、改姓による手続きの煩雑さもたびたび話題に上がりますが、実態はどうなのでしょうか。

 調査の対象となったのは、全国の20歳〜59歳の有職者1000人。このうち、勤務先で服装や身だしなみについての決まりがあると回答した571人には「具体的な決まりの有無」が質問されました。

 決まりがあると回答した人の勤務先では、「髪に関する決まり」があるところが最も多く41%、「入れ墨、タトゥに関する決まり」が40%、「ヒゲに関する決まり」が33%となっています。

社内ルールにおける男女差に関する調査 自身の勤め先では、服装や身だしなみについて決まりはあるか
社内ルールにおける男女差に関する調査 服装や身だしなみについての決まりの有無

男女で異なる服装のルールは?

 男性または女性のみの決まりとして挙げられたのは、「男性はスーツを着用しなければならないという決まり(19.4%)」、「男性はネクタイをしなければならないという決まり(19.6%)」、「男性はピアスをしてはならないという決まり(32.9%)」、「女性は化粧をしなければならないという決まり(15.1%)」でした。

社内ルールにおける男女差に関する調査 服装や身だしなみについて、男性または女性のみの決まりの有無

 また、男女で異なる決まりのうち、「服装に関する決まり」については、「男性は作業着かスーツ、女性は私服」や「男性はネクタイとジャケット必須、女性はジャケット着用任意」、「靴に関して男女で異なる決まり」については、「男性は革靴、女性はパンプス」や「男性は革靴、女性はヒールのあるもの」といった回答がみられました。

 服装に関しては、過ごしづらいこともあるスーツが義務付けられることが多く、女性は私服であってもこまかな決まりがあることが多いようです。また、靴に関しては、パンプスの着用義務を無くす#KuToo運動が話題になった女性だけでなく、男性にも決まりがある場合が多いことがわかります。

社内ルールにおける男女差に関する調査 服装や身だしなみについての決まりの具体的な内容

男女差についてどう思う?

 全回答者に、服装・身だしなみの決まりについて思うことを聞いたところ、「あったほうがよい」は14.7%、「最低限でよいと思う」は54.9%、「本人に任せるべき」は18.1%、「ないほうがよい」は5.2%で、最低限の決まりで足りると考えている人が圧倒的に多いことが分かりました。

社内ルールにおける男女差に関する調査 服装・身だしなみの決まりについて思うこと

 また、決まりが男女で異なることをどのように思うかという質問では、「仕方ないと思う(36.2%)」が最も高く、次いで、「TPOによって変えるべきだと思う(31.5%)」、「男女で統一した決まりならよいと思う(14.4%)」となりました。全体として、服装は合理的に決められるべきだと考える人が多いなかで、男女差はある程度許容すべきと考えもあるようです。

社内ルールにおける男女差に関する調査 服装・身だしなみの決まりが男女で異なることをどのように思うか

職場での旧姓・通称使用についての理解は?

 全回答者に、職場では、旧姓や通称の使用が認められているか聞いたところ、「旧姓・通称の使用がともに認められている」は36.3%、「旧姓の使用のみ認められている」は9.2%、「(どちらも)認められていない」は7.1%、「わからない」は47.4%でした。自分の働く職場での旧姓や通称について現状を把握している人の中では、旧姓と通称のどちらも使用可能という職場が多いようです。

社内ルールにおける男女差に関する調査 職場では、旧姓(結婚前の名字)や通称の使用が認められているか

 また、選択的夫婦別姓制度の導入に向けた法改正について聞いたところ、「賛成」は44.6%、「反対」は8.7%、「どちらでもない」は46.7%となりました。

 男女別にみると、「賛成」は女性では49.4%と、男性(39.8%)と比べて約10ポイント高くなっています。女性は、一般的に改姓をすることが多く、免許証などや銀行口座など、煩雑な名前の変更手続きをする機会も多くなるため、このような結果になったと予想できます。

社内ルールにおける男女差に関する調査 選択的夫婦別姓制度の導入に向けた法改正について、賛成か、反対か

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」