ニュース
» 2019年11月19日 19時15分 公開

『クロマティ高校』野中英次の原点にして名作『課長バカ一代』がついに電子書籍化されたのでみんな読んでくださいマシーナリーともコラム

え、これ実写ドラマ化されるの!?

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 バーチャルYouTuber、マシーナリーとも子による不定期コラム第19回(連載一覧)。今回はとも子が大好きな漫画課長バカ一代』(野中英次)がついに電子書籍化されるということで、存分にその魅力を語ってもらいました。え、これ実写ドラマ化されるの!?


マシーナリーとも子 課長バカ一代 「メカ沢じゃん!」と思った人はぜひカチョバカを読みましょう

ライター:マシーナリーとも子

マシーナリーとも子 プロフィール

徳で動くバーチャルYouTuber(サイボーグ)。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の池袋晶葉ちゃんのファンやプロデューサーを増やして投票してもらうために2018年4月に活動開始。前世はプラモ雑誌の編集をしていたとも言われているが定かではない。現在はBOOTHでグッズを売ったりLINEスタンプを売ったりしている。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/barzam154
新しいテーマ曲ができたから聞いて!:https://youtu.be/tEdayh6oEXg
ポータルサイト:https://www.machinery-tomoko.com/



マシーナリーとも子オールタイムベストマンガ10を探して生きてます

 TODAY IS MONDAY. マシーナリーとも子よ。

 マンガというのは素晴らしい娯楽だ。ときに楽しく、ときに悲しく、読むものの心を沸き立たせてくれる。そして一枚の絵よりも分かりやすく、小説よりもスンナリ理解しやすく頭のなかに物語が入ってくる。そしてアニメや映画と違って自分のテンポで読み進めることができる……。だから気に入ったマンガはついつい10回20回と読み直してしまう。そんなモンだよな。

 私、めちゃめちゃ気に入って自分のなかで殿堂入りにしてるマンガがいま5つあってさ。完全に死ぬまでにあと5つ見つけて「これが私のお気に入りマンガ十選です……」てのをやりたいと思ってるんだよね。マシーナリーとも子オールタイム・ベスト10を作りたいわけ。で、その十選に入れる基準なんだけどただメチャメチャに面白いとか、すげえかわいくて好みの子がいるとかそれだけじゃあ入れられんねえな、と考えながらセレクトしてるのよ(何様?)。

 マシーナリーとも子オールタイム・ベストの基準、それは「主人公みたいな生き方をしてえ……」と思えるかどうか。ただカッコいいとか、尊敬できるとかってだけじゃあダメなのよ。「コイツみたいに生きてみてえな……」って思えるかどうか。それがベスト10入りの基準なんだよね。

 前置きが長くなった。今回はそんなマシーナリーとも子オールタイム・ベスト10入りのとあるマンガが、初の電子書籍化を果たしたのでみんなに読んでもらいたいと思って筆をとりました。みんな、買って、読んでください。



 野中英次の名作、『課長バカ一代』を……。


すごい男、八神和彦

 『課長バカ一代』『魁!!クロマティ高校』でおなじみの野中英次による作品。

 家電メーカー「松芝電機」商品開発部の係長であった白スーツオールバックの主人公、八神和彦はある日課長補佐代理心得に任命され……ってのが一応のあらすじなんだけど、別に「島耕作」みたいに八神がガンガン活躍して出世しまくるということもなく、八神がダラダラと過ごしていくだけのマンガです。日常マンガです。まんがタイムきららです。


マシーナリーとも子 課長バカ一代 記念すべき第1話、八神和彦初お披露目。ちなみに下の名前は今後ほぼ出てこない(1巻P4)

 この八神という男、実にすごい。私はマンガ界でトップクラスにこの男を尊敬している。この男のようになりたいと常日頃意識して行動している。本当だ。私が生きているうえでもっとも目標としているキャラクターの一人……それが八神和彦なんだよ。八神がどんな男なのかというと……。


マシーナリーとも子 課長バカ一代 言われてみればそうなんだけどそれに気付けることそのものがバカという勲章もののバカ発露シーン(3巻P103)

 バカである。それも底抜けのクソバカだ。例えば鏡を見ながら「鏡に映った俺はまったく“まばたき”をしていない!!」と驚いたりする。すげえな。逆によくそのことに気づいたね!

 「空手バカ一代」は大山倍達が空手に全てを賭けた空手バカであるところから名付けられたタイトルだが「課長バカ一代」は単純に課長の知能がバカ


マシーナリーとも子 課長バカ一代 これもすごいバカだと思うけど意外とスーパーカーブーム世代とかだと珍しくない発言だったりするんだろうか。私未来から来たサイボーグなのでよく分かりません(3巻P72)

 子供のころの夢が「フェラーリになりたい」だったくらいの生粋のバカである八神。だが人類史上トップクラスのバカである八神の地盤はなぜかそれなりにしっかりしている。勤めている松芝はモデルになった企業同様に太そうだし、ちょくちょく出てくる自宅もけっこういいマンションで部屋も広いことを伺わせる。しかも劇中には登場しないがキチンと結婚していて奥さんがいるらしい。バカなのに!

 さらに中盤、開発部第二企画課の課長補佐代理となった八神はこれまでにない斬新な商品を開発するという大義名分のもと、同課の予算である20億円を自由に使える男と化す。バカなのに……!


マシーナリーとも子 課長バカ一代 後のボブにつながる焼き肉ロボ。このマンガ、最初のころはちゃんと家電製品作ってるんだけど後半どんどんロボが増えてくる(第5巻P113)

マシーナリーとも子 課長バカ一代 残業中に上司の椅子で遊ぶバカ。仕事するか帰るかしろよ(1巻P92)

 そんなしっかりした社会人としての地盤を持つ八神だが、彼はそんなものに惑わされずバカとしての本懐を次々に全うしていく。彼はとにかく働かない。彼は会社を「いれば給料がもらえる空間」として利用している。いや、たまに話の都合で企画書を書いたりするときもあるが全体的に彼は仕事をしない。

 そんな八神に私が特に感銘を受けたエピソードがある。第6巻収録の「融通」だ。このお話は融通が利かない平社員の指導をバカで適当に過ごしている八神が担当するという話なのだが、八神が彼に与える指導はとにかく「適当にやれ」「まじめに仕事なんかするな」なんだよね。


マシーナリーとも子 課長バカ一代 めちゃめちゃ感心してしまうことばかりの大好きなエピソード。買って全編読んでほしい(5巻P11)

 融通が利かない社員、浅野は八神から「飲みに行こうか」と誘われたので「いつ、どこで飲むんですか?」と聞き返す。すると八神は「そんなことはどうせ俺も忘れるんだから適当に答えりゃいいんだ」と答える。すごい。すごすぎる。そのとおりだ。「飲みに行こうか」「遊びに行こうか」という上司からの誘いは十中八九社交辞令であり、適当なものだ。外をふたりで歩いているときに話題がないから「それにしても今日はこんなに寒くなるなんて思いませんでしたね」みたいなことを話しかけるのとまったく同じだ。それを自分で言葉にして言ってしまうのがすごい。なんて男なんだ……!

 その後も八神は「いい仕事をするためには仕事をサボれ」「残業は残業代がほしいときに適当にやれ」とすさまじいアドバイスを次々に届ける。すごい。この男はすごい。この男は会社をゆかいに生きるために利用しているにすぎないのだ。なんて男だ……。


マシーナリーとも子 課長バカ一代 八神、なんで仕事してないのに残業してるんだろう(1巻P78)

 1巻収録の第十八章「単騎」もものすごく好きなエピソードだ。夜遅くまで残業していた八神はオフィスで一人っきりになったので逆立ちを試みる。すごい。逆立ちするくらいなら家に帰れよ!!!!

 この話、本当に八神が夜中に逆立ちをするだけで終わるという中身がなさすぎる話なんだけど、あまりに好きすぎてな……。数年前、私がまだ会社員だったころの話なんだけど、終電でみんなが帰り、オフィスに私一人っきりになったときを見計らって「やるなら今だ!!!」と逆立ちをしてみたことがあるよ。あれは実に楽しかった。「私はいま、八神と同じことをしている……」と恍惚としたことを覚えている。やってるときの気持ちとしては完全に「ロッキー」ファンがフィラデルフィア美術館の階段を走って登るみたいなアレでした。さすがに直後に帰りたくなったけど。

 八神はとにかく働かない。たまに企画を出したり新製品のプレゼンをしたりすることもあるが、基本働かない。野球をしたりして過ごしている。彼は「なにをしているのかよく分からない人」なのだ。しかしそれでいて意外と部下や上司からは慕われている。なにをしてるのかよく分からないのに!!!

 なにをしているのかよく分からないし、なんなら仕事全然してないけど仲間からそこそこ慕われつつ毎日のらりくらりと適当に楽しく生きている会社員、八神和彦。私は彼に憧れた揚げ句にいまは流しのバーチャルYouTuberとしてなんとなく楽しく過ごしていますがいかがでしょうか。ちょっとは彼に近づけたでしょうか。少なくともなにをやってるのかよく分からない存在にはなれてる気がする。自分でもなんで野垂れ死なないのか不思議だもんな(仕事ください)(LINEきせかえ買って)。


ドラマも始まるんだってさ


マシーナリーとも子 課長バカ一代 2020年1月12日より、BS12 トゥエルビにて放送開始、Web配信は2020年1月4日より、ひかりTV・dTVチャンネルにて開始!

 さてそんな「課長バカ一代」なんだけどなんとこのたびテレビドラマになるんだそうな。今回の電子書籍化もその一環ってわけだな。


マシーナリーとも子 課長バカ一代

 正気か? 令和だぞと思いつつ初報の時点でボブの足のなかにモロに人間の靴が見えたりするガバガバさに期待しかない。BS放送のほかWeb配信もするらしいのでなんとかガンバって見たいわ。

 というわけでみんな、マシーナリーとも子の心の一作、「課長バカ一代」をよろしくな。まず原作読んでみてくれよな。そんじゃ。



(C)野中英次/講談社 (C)「課長バカ一代」製作委員会




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  4. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  5. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  6. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news095.jpg 韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」