高畑充希「同期のサクラ」第2章の幕が開いた6話 仲間を救って来たサクラが仲間に救われる展開へ!(1/2 ページ)

心の通じ合ったすみれ先輩に思わず「お母さん!」と言ってしまうサクラ。

» 2019年11月20日 11時45分 公開

 11月13日に放送された「同期のサクラ」(日本テレビ系)第6話は、間違いなくこのドラマの転換回。第2章の幕開けであった。


同期のサクラ サクラたちが入社して6年目 イラスト/まつもとりえこ

「自分の生き方を貫き通しなさい」

 2019年、北野サクラ(高畑充希)の病室に訪れた火野すみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくし(粟野咲莉)の写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた。「あのとき助けてもらわなかったら、娘と一緒にいることができなかったかもしれない」。

 2014年10月、サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま社会人6年目を迎えていた。一方、シングルマザーとして子育てをしながら人事課で働くすみれは、有名評論家・椿美栄子(筒井真理子)を招いての女性研修セミナーの仕切りを黒川森雄(椎名桔平)から丸投げされた。

 事前に椿は「講演後の質問は受け付けない」と、理不尽なことを会社に要求していた。サクラはその要望に正論で異を唱え、椿のマネージャー・米田(宍戸美和公)を怒らせてしまう。サクラは社長(西岡徳馬)の指示でこのプロジェクトから外されることとなった。

 講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ない細かい要望に追われて頭を抱える。さらに、つくしが同級生を殴ったと学校からも呼び出されてしまった。「私はやりたいようにやりたいだけ」と言うつくしに、「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」と諭すすみれ。仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは「お母さんの仕事って謝ることなの? すっごいカッコ悪いんですけど」と発言。思わず、すみれはつくしの頬を叩き、つくしは「お父さんのところに行く」と出ていった。

 セミナー当日、椿は講演をたった数分で終わらせ、いきなり自分の新刊の宣伝をし始める。「本の宣伝のためにこのセミナーにいらしたんですか!?」と椿に食って掛かるすみれ。その姿を見ていたつくしは「カッコよかったよ」とすみれに抱きついた。すみれはつくしに「これからも、あんたの好きなように生きなさい」と言った。

 後日、勤務中のサクラと遭遇したすみれは「自分の生き方を貫き通しなさい」と伝えた。

6話は第2章の幕開け

 今回は、このドラマの第2章の幕開けだったように思う。

 オープニングから異変はそこかしこに表れていた。サクラの朝食のごはんは大盛りではなく普通盛りだった。理にかなわないことがあると即座に意見していたのに、子会社へ出向した今は言いたいことを我慢するようになったサクラ。注文するのは連日、コロッケ定食だ。サクラのSOSのサイン「じいちゃんのコロッケが食べてえ」と思う日が続いているということ。今まで正論を言う側だったサクラが、「うるさくて子どもが眠れない」と初めて隣人からクレームを付けられた。何より、この回のサクラは「私には夢があります」と言わなかった。第6話は、サクラの信念が揺らぎ始めた回である。

 サクラが立て看板を持とうとした瞬間、出勤途中のすみれが通りがかった。

 「あなたは私みたいになっては絶対にダメ。あなたは10年後も、その先も、ずっとそのままでいなさい。私はもうあなたみたいに生きられないから、あなたのことを応援する。これからも仕事でつらいことがたくさんある。女だから、結婚して出産するかもしれない。私みたいに仕事と家族の間で悩むこともあるかもしれない。そんなときは私を頼りなさい。どんなことでも相談に乗るから。その代わり、何があってもくじけないで。自分の生き方を貫き通しなさい

 サクラはもう、十分辛い目にあっている。ブレなかった彼女は、現実を目の当たりにして弱っていった。そんなサクラに「これからもつらいことはたくさんある」と告げ、さらに「私を頼りなさい」とすみれは言った。そんな上司にサクラは思わず「お母さん」と言ってしまう。撮った写真をサクラが見せようとしても、いつも「いいから」と断っていたすみれが今日は見てくれた。2人の心はようやく通い合った。


同期のサクラ 5話はサクラの先輩、すみれ(相武紗季)の回 イラスト/まつもとりえこ

 見ている我々もすみれと同じ心境。社会人の大半はサクラのような生き方を送れない。だからこそ、せめて応援をして支えてあげたい。講演会でサクラが声を発する直前、すみれは椿に物申した。あそこですみれが立ち上がらず、サクラが口出しをしていたら、サクラは間違いなくクビになっていたと思う。

 前回まで、このドラマには勧善懲悪の空気があった。サクラが手を差し伸べ、そして同期が救われる。代償を払うのはサクラだ。今回、サクラは自分らしさを失っていた。そんな彼女をすみれは「変わってはダメ」と励ました。第2章は、サクラに救われた者たちがサクラに力を与えるフェイズに入る気がする。6話は転換の回だった。


同期のサクラ サクラの同期たち相関図 イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」