レビュー
» 2019年11月20日 11時45分 公開

高畑充希「同期のサクラ」第2章の幕が開いた6話 仲間を救って来たサクラが仲間に救われる展開へ!(1/2 ページ)

心の通じ合ったすみれ先輩に思わず「お母さん!」と言ってしまうサクラ。

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 11月13日に放送された「同期のサクラ」(日本テレビ系)第6話は、間違いなくこのドラマの転換回。第2章の幕開けであった。


同期のサクラ サクラたちが入社して6年目 イラスト/まつもとりえこ

「自分の生き方を貫き通しなさい」

 2019年、北野サクラ(高畑充希)の病室に訪れた火野すみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくし(粟野咲莉)の写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた。「あのとき助けてもらわなかったら、娘と一緒にいることができなかったかもしれない」。

 2014年10月、サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま社会人6年目を迎えていた。一方、シングルマザーとして子育てをしながら人事課で働くすみれは、有名評論家・椿美栄子(筒井真理子)を招いての女性研修セミナーの仕切りを黒川森雄(椎名桔平)から丸投げされた。

 事前に椿は「講演後の質問は受け付けない」と、理不尽なことを会社に要求していた。サクラはその要望に正論で異を唱え、椿のマネージャー・米田(宍戸美和公)を怒らせてしまう。サクラは社長(西岡徳馬)の指示でこのプロジェクトから外されることとなった。

 講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ない細かい要望に追われて頭を抱える。さらに、つくしが同級生を殴ったと学校からも呼び出されてしまった。「私はやりたいようにやりたいだけ」と言うつくしに、「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」と諭すすみれ。仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは「お母さんの仕事って謝ることなの? すっごいカッコ悪いんですけど」と発言。思わず、すみれはつくしの頬を叩き、つくしは「お父さんのところに行く」と出ていった。

 セミナー当日、椿は講演をたった数分で終わらせ、いきなり自分の新刊の宣伝をし始める。「本の宣伝のためにこのセミナーにいらしたんですか!?」と椿に食って掛かるすみれ。その姿を見ていたつくしは「カッコよかったよ」とすみれに抱きついた。すみれはつくしに「これからも、あんたの好きなように生きなさい」と言った。

 後日、勤務中のサクラと遭遇したすみれは「自分の生き方を貫き通しなさい」と伝えた。

6話は第2章の幕開け

 今回は、このドラマの第2章の幕開けだったように思う。

 オープニングから異変はそこかしこに表れていた。サクラの朝食のごはんは大盛りではなく普通盛りだった。理にかなわないことがあると即座に意見していたのに、子会社へ出向した今は言いたいことを我慢するようになったサクラ。注文するのは連日、コロッケ定食だ。サクラのSOSのサイン「じいちゃんのコロッケが食べてえ」と思う日が続いているということ。今まで正論を言う側だったサクラが、「うるさくて子どもが眠れない」と初めて隣人からクレームを付けられた。何より、この回のサクラは「私には夢があります」と言わなかった。第6話は、サクラの信念が揺らぎ始めた回である。

 サクラが立て看板を持とうとした瞬間、出勤途中のすみれが通りがかった。

 「あなたは私みたいになっては絶対にダメ。あなたは10年後も、その先も、ずっとそのままでいなさい。私はもうあなたみたいに生きられないから、あなたのことを応援する。これからも仕事でつらいことがたくさんある。女だから、結婚して出産するかもしれない。私みたいに仕事と家族の間で悩むこともあるかもしれない。そんなときは私を頼りなさい。どんなことでも相談に乗るから。その代わり、何があってもくじけないで。自分の生き方を貫き通しなさい

 サクラはもう、十分辛い目にあっている。ブレなかった彼女は、現実を目の当たりにして弱っていった。そんなサクラに「これからもつらいことはたくさんある」と告げ、さらに「私を頼りなさい」とすみれは言った。そんな上司にサクラは思わず「お母さん」と言ってしまう。撮った写真をサクラが見せようとしても、いつも「いいから」と断っていたすみれが今日は見てくれた。2人の心はようやく通い合った。


同期のサクラ 5話はサクラの先輩、すみれ(相武紗季)の回 イラスト/まつもとりえこ

 見ている我々もすみれと同じ心境。社会人の大半はサクラのような生き方を送れない。だからこそ、せめて応援をして支えてあげたい。講演会でサクラが声を発する直前、すみれは椿に物申した。あそこですみれが立ち上がらず、サクラが口出しをしていたら、サクラは間違いなくクビになっていたと思う。

 前回まで、このドラマには勧善懲悪の空気があった。サクラが手を差し伸べ、そして同期が救われる。代償を払うのはサクラだ。今回、サクラは自分らしさを失っていた。そんな彼女をすみれは「変わってはダメ」と励ました。第2章は、サクラに救われた者たちがサクラに力を与えるフェイズに入る気がする。6話は転換の回だった。


同期のサクラ サクラの同期たち相関図 イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」