ニュース
» 2019年12月07日 13時00分 公開

もし“壁ドン”恋愛映画の撮影現場で脚本に悪霊が宿ったら―― 映画「ゴーストマスター」が良い意味で悪趣味な大怪作だった(1/2 ページ)

公開中の「ゴーストマスター」が「全ての映画ファン必見じゃないか!?」と思うほどの映画愛に溢れ、かつ“良い意味で悪趣味かつ誠実”な、年末にふさわしい(?)大怪作だった。その魅力をネタバレのない範囲で解説する。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 映画「ゴーストマスター」が12月6日より公開中だ。上映規模はごく小さく、初めてそのタイトルを聞いたという人もいるかもしれないが、コレがまた「全ての映画ファン必見」と思うほど映画愛に溢れ、かつ“良い意味で悪趣味かつ誠実”な、年末にふさわしい(?)大怪作であったのだ。その魅力をネタバレのない範囲で解説する。


壁ドン映画がホラーコメディーに!?「ゴーストマスター」が超良い意味で悪趣味な大怪作だった (C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

壁ドン映画の扱いが悪意全開でひどかった

 まずは、あらすじを簡単に紹介しよう。主人公の黒沢明は“名前だけは巨匠”の冴えない助監督で、映画オタク。“壁ドン”な青春恋愛映画の撮影現場では監督やスタッフからこき使われ、労働環境はブラックそのもの。そんな中、彼の不満と怨念のような映画愛が、ずっと書きあたためていたホラー映画の脚本「ゴーストマスター」に悪霊を宿してしまう……。

 これだけ聞いてもすっとんきょうに思われるかもしれないが、まず劇中映画である「ボクキョー」の“あざとく狙いすぎてる壁ドン映画っぷり”がすさまじい。具体的なことはネタバレになるので書かないが、そのひどさ(褒めてる)は劇中でも提示される「ボクキョー」の予告編からもよく分かる。壁ドン撮影のたびに俳優がゴネる理由もひどい(褒めてる)が、きわめつけは、誰もが脳裏に焼き付けられてしまうであろう、キング・オブ・悪意がフルスロットルになった本当にひどい(褒めてる)シーンが待ち受けていることだ。


劇中映画「ボクキョー」冒頭映像

 そう、本作において“壁ドン(映画)”はイジり倒される、悪意に満ち満ちたギャグとして扱われる。しかも、その後は壁ドン映画とは完全に正反対の、血が飛び散り首がもげたりする愉快なスプラッターホラーに転換する。そのグロい死に様はもはやバカバカしく、完全に笑ってしまうホラーコメディーの域だ。青少年の健全育成上もとても悪い。R15+指定も大納得だ。


あらゆる映画や「スペースバンパイア」への愛を叫ぶ!

 壁ドン映画がイジり倒されると前述したが、壁ドン映画をただバカにしたまま終わるわけではない。何しろ、本作はありとあらゆる映画にリスペクトをささげており、その中にはしっかり壁ドン映画も含まれているのだから。映画を見終われば、ただ露悪的なだけではない、純然たる“映画愛”に基づく、実は誠実な作品ということも伝わるのではないだろうか。

 そのリスペクトと愛をささげた映画の1つに、劇中でもタイトルが出てくる「スペースバンパイア」がある。



 「スペースバンパイア」は知る人ぞ知るB級SFホラー映画の怪作だ。「ゴーストマスター」では主人公・黒沢が「スペースバンパイア」および監督のトビー・フーパーへの思いを熱く語る。彼が書いた脚本でのヒロインの役名が“メイ”であることは、「スペースバンパイア」でヒロインを演じたマチルダ・メイにちなんでいたりもする。

 さらに、悪霊と化す脚本の造形やスプラッター描写は「死霊のはらわた」、“妖刀村正”は「魔界転生」(深作欣二監督版)、格闘技は「イップ・マン」シリーズの“詠春拳”をもとにしている。また、断末魔の悲鳴だけが聞こえて死ぬ瞬間が描かれていない人物がいるのは「プレデター」のオマージュなのだそうだ(それ誰に伝わるんだよ)。

 そんなわけで、映画に詳しければ詳しいほどニヤニヤできるシーンが満載なのだが、基本は登場人物が次々に殺されていく中でなんとか生存の道を探していくという、“ホラー作品の典型”に良い意味で乗っかったエンターテインメントだ。そのため、マニアックな映画ネタが分からなくても存分に楽しめるだろう。



 何より、映画を見れば「グロ描写が前面に出ていたり、CG全盛期でなくアナログで作り上げたような、昔懐かしの(B級寄りの)映画の魅力も知ってほしい……!」という作り手の暑苦しいまでのパッションを受け取れるはずだ。


キャスティングもすごい! 板垣瑞生の役者魂を見よ!

 そんなわけで同作は「ふつう? 万人向け? なにそれおいしいの?」という気概が感じられる潔い作品だ。こんなにもひどい内容(しつこいようだが褒めてる)にもかかわらず、主演の三浦貴大と成海璃子をはじめ、豪華な俳優が勢ぞろいしている。中でも、“壁ドン映画に引っ張りだこのイケメン俳優”を演じた板垣瑞生を抜きにしてこの映画は語れない。

 板垣はボーカルダンスユニットの“M!LK”のメンバーであり、「ホットギミック ガールミーツボーイ」や「放課後ロスタイム」など、実際に中高生がメインターゲットの青春恋愛映画にも出演している。そのため、「こんなひどい役を引き受けていいの?」「事務所やファンから怒られないの?」と勝手に心配してしまうほどであった。


壁ドン映画がホラーコメディーに!?「ゴーストマスター」が良い意味で悪趣味かつ誠実な大怪作だった 全力の壁ドン(画像は予告編より

 そんな心配をよそに、当の本人は「この脚本はヤバいです!」とノリノリで撮影に臨んでいたそうだ。積極的にアイデアも出しており、実際に“動きを止めてカメラについていく”シーンは彼の発案により取り入れられたのだとか。劇中での彼は熱演を通り越してマジで怖くなる怪演を見せているのだが、それもまた“本気”の表れだろう。演じているのは壁ドンについてゴネるわがままな俳優だが、実際の板垣瑞生がそれとは正反対の「なんでも全力やってやります!」な真摯な俳優であることがひしひし伝わってきた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」