ニュース
» 2019年12月07日 13時00分 公開

もし“壁ドン”恋愛映画の撮影現場で脚本に悪霊が宿ったら―― 映画「ゴーストマスター」が良い意味で悪趣味な大怪作だった(2/2 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 キャスティングは良い意味での意外性を狙いつつ、企画を面白がってくれそうな役者にオファーしたとのことなのだが、プロデューサーが柔道家の篠原信一を提案した時にはさすがのヤング・ポール監督も「狂ってる」と思ったとか。


壁ドン映画がホラーコメディーに!?「ゴーストマスター」が良い意味で悪趣味かつ誠実な大怪作だった 濃すぎるキャスト陣(画像は予告編より

 そんな篠原信一も撮影現場では自分からいろいろと提案する“人間力”を見せており、“ちょっと浮いている”感じがむしろ良い効果を生んだと、監督は感嘆したのだそうだ。浮いているといえば、ベテラン俳優役の麿赤兒も良い意味で浮きすぎて空中浮遊している勢いだが、それもまた“味”になっているのが面白い。

 この他、映画オタク役な三浦貴大も、クールな性格でスピーディーなアクションも繰り出す成海璃子も、それ以外の映画スタッフ役の俳優たちも生き生きと輝いていた。劇中での壁ドン映画の撮影現場はブラックそのものだが、実際の撮影現場は俳優たちがノリノリで役に挑んでいた結果というのも、この「ゴーストマスター」という作品の愛すべきポイントだ。


まとめ

 「ゴーストマスター」はもともとTSUTAYAクリエイターズプログラム(TCP)という、映像作家が応募する発掘プログラムで2016年の準グランプリに選ばれた企画だ。当初は何百と送られる企画の中で目立つように、分かりやすさを重視した「低予算ホラー映画の撮影現場で超常現象が起きる」というアイデアだった。この時点で、ヤング・ポール監督が実際に経験したブラックな撮影現場の様子も反映されていたらしい。

 その後、自身も大の映画ファンである脚本家・楠野一郎の提案により、“壁ドン映画”の要素も加わることとなった。こうして出来上がったのが、少し前であれば「桐島、部活やめるってよ」、今年(2019年)でいえば「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に通ずる、映画愛がダイレクトに伝わる大怪作だ。

 人によっては、終盤に提示されるある言説を「めちゃくちゃな内容を言い訳しているだけじゃないか」と不誠実に感じるかもしれない。しかし、筆者としては、脚本の整合性よりも娯楽性重視なB級映画や、そもそもが“ツギハギ(編集)”により作られる映画の素晴らしさを、「ゴーストマスター」という映画そのもので肯定してみせた、これ以上ない愛の回答だと思うのだ。


マテリアルクラブによる主題歌「Fear」も聞ける予告編

 重ねて言うが、同作は作り手の映画愛を浴びる絶好の機会だ。(グロは平気だという)映画ファンはぜひ見てほしい。とある“奇跡”が起こるクライマックス、そして驚天動地と呼ぶにふさわしいラストシーンには、思いがけない感動もあることだろう。

 最後に余談だが、筆者は前々から壁ドンについて、「普通に怖くないか…?」と疑問に思っていた。その壁ドンによるドキドキは恋愛感情とは違う、恐怖によるドキドキじゃないのかと。好きな人には申し訳ないが、やられたら本気でイヤかもしれないぞ、と。この「ゴーストマスター」は、そんな壁ドンについて予想の斜め上の、しかし真理といえる回答をしている……かもしれない。壁ドン映画に懐疑的な感情を持つ人にも(もちろん好きな人にも)見てほしい。

ヒナタカ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」