コラム
» 2019年12月14日 10時00分 公開

クルマの「オルガン式ペダル」って何がいいの? 何が違うの?(1/2 ページ)

ちょっとあこがれのオルガン式。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 突然ですが、あなたのクルマのアクセルペダルは「上から」生えていますか? それとも「下から」生えていますか?

ペダル 吊り下げ式 オルガン式 ドイツの高級スポーツカーメーカー「ポルシェ」は伝統的にオルガンペダルを採用する

 上から吊り下げられているペダルは「吊り下げ式」と呼ばれます。多くはこちらだと思います。

 一方、床から生えているペダルは「オルガン式」。「オルガンペダル」などと呼ばれます。名の通り、楽器オルガンの足踏みペダルのような形をしています。吊り下げペダルに対してオルガンペダルは何が違うのでしょうか。

オルガンペダルは自然に操作でき、細かなコントロールがしやすい利点がある

 オルガンペダルは、かかとを支点とした足の動きと、ペダルの支点と回転方向が一致するので、無理なく自然に操作できる利点があります。吊り下げ式より細かなアクセルコントロールがしやすいとされます。一方、コストは吊り下げ式より嵩みます。

ペダル 吊り下げ式 オルガン式 オルガン式アクセルペダルのイメージ(出典:マツダ

 オルガンペダルは走りや操縦性を重視した車種に向けた“上級志向”の装備といえ、高級車やスポーツカーに採用例が多いようです。ただ、操作性の利点からオルガンペダルを積極的に採用するメーカーも存在します。国産メーカーではマツダがそうです。スポーツカーの「ロードスター」(関連記事)はもちろん、コンパクトエコカーの「MAZDA2(旧車名:デミオ)」(関連記事)に至るまで、オルガン式のアクセルペダルを採用しています。

 マツダ車は「人馬一体」「意のままに操れる」の感覚を大切にしているので、多少コスト高だとしてもこだわって採用しているようです。長距離を走っても足が疲れにくいといった効果、理想的なドライビングポジションが得られることで結果として安全性も向まる効果なども謳っています。

ペダル 吊り下げ式 オルガン式 マツダ「アテンザ」のオルガン式アクセルペダル

 一方、大多数の「吊り下げ式」についても、コスト面で有利な他に、吊り下げ式の方が操作しやすいという人もいます。これは昔から慣れ親しんでいることが理由でもありそうですが、つま先側の足の裏半分で踏む吊り下げ式の方が、かかとを支点にブレーキとアクセルを踏み換える操作がしやすく、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りに向いている──といった意見もあります。

 なお、近年多発して社会問題化した「踏み間違え事故」はその多くが、自身はブレーキを「踏んだつもり」のまま、それでも止まらないので(アクセルを)「もっと踏んだ」こと、つまり事故が起こるまで「踏み間違えていたことに気が付かない」まま発生しています。衝突軽減ブレーキ機能の標準化や後付けキット(関連記事)の早期一般化が望まれつつ、ブレーキもアクセルも同じ「踏む」動作だから、(どちらの方式であれ)間違えるのは必然だ──という“自家用車基本設計や操縦方法のそもそも”にまで踏み込んだ解決策や案も出てきています。

 吊り下げペダル、オルガンペダル、皆さんはどちらが好みでしょうか? EVや自動運転が当たり前になった時代には別のペダルが登場したり、あるいはまったく別の操作方法になっているのかもしれませんね。

ペダル 吊り下げ式 オルガン式 (参考)足を右に傾けるとアクセル、踏むとブレーキという操作形態を提案する、ナルセ機材の「ワンペダル」(出典:ナルセ機材Webサイト
ペダル 吊り下げ式 オルガン式 (参考)小型EV「FOMM ONE」は、アクセル操作をハンドル左右のパドルレバーで、指で行う。ブレーキは一般車と同じ足操作ペダルで操作系を完全に切り分けた。「新しい乗りものということで、誤操作を防ぐため、操作対系を完全に分ける思い切りのよい設計ができた」(FOMM)とのこと。こういった考え方もアリだ
ペダル 吊り下げ式 オルガン式 (参考)古いシトロエン(1968年式シトロエン・DS 21 Pallas)の独特すぎるペダル構成。右にオルガン式アクセルペダル、中央の丸い半球がブレーキ“ボタン”。見た目通り、硬いゴムまりを踏んでいるかのような感触なのだそうだ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響