ニュース
» 2019年10月30日 11時00分 公開

未来の街乗りEVをイッキ乗り! 東京モーターショーで「超小型モビリティ」に乗ってみた【写真55枚】(1/4 ページ)

きゃっほー。ここは「かなり楽しい穴場」かもですよ。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 「おおぉ何これ、ドリフトしてるみたいで楽しいぞぉぉ」「4人乗れてエアコン付きもあるのですね。普通に使えそうじゃないですかぁぁぁ」──。

 2019年11月4日まで第46回東京モーターショー2019が東京ビッグサイトを中心に東京・有明/りんかいエリアで開催されています。

OPEN ROADエリアの一角で試乗可能 OPEN ROADエリア(歩道)の一角で「近未来の小型モビリティ」に乗れる

 今回の東京モーターショーでは、クルマ好きに向けたコンセプトカーや新型車の展示やコンパニオンのお姉さん(関連記事)にとどまらず、家族や未来のクルマ好きになる子ども層に向けて「未来のクルマ・交通社会や生活シーン」を示し、理解し、分かりやすく体験できる展示がとても増えました。まるでテーマパークのようです。

 その中でも「かなり楽しい穴場(?)」なのが、有明エリアと晴海エリアをつなぐ「OPEN ROAD」の一角、シンボルプロムナード公園の「OPEN ROAD 超小型モビリティ試乗体験ゾーン」です。「近未来の小型モビリティ(超小型EV)」を実際に運転できます。今回はこの小型モビリティを一気乗り体験してみました(東京モーターショー2019への入場券があれば無料で試乗できます)。

2分で見る「東京モーターショー2019」ダイジェスト

超小型モビリティとは

 超小型モビリティとは、軽自動車よりも小さい、1〜2人乗り程度の小型車両を指します。現状はほぼ全てがEV(電気自動車)で、公道を走れます。車体が小さいので一般車よりも小回りが利き、スペースも取らず、手軽に運転でき、EVなのでランニングコストメリットやエコ性能も高い特長によって、今後、高齢化が進む日本では特に、街の手軽な交通手段の1つになるとして注目されています。

OPEN ROADエリアの一角で試乗可能 試乗エリアは「夢の大橋」付近

 2019年10月現在、超小型モビリティは1人乗りのミニカー登録(青ナンバー)か、軽自動車登録(黄色ナンバー)で2人乗車もできる車両の2パターンがあります。軽と同じ黄色ナンバーではありますが、公道は国土交通省の超小型モビリティの認証制度を使用して自治体の許可を得ることで走れる流れになっています。高速道路は走れません。その壁はかなり高く、かなりあやふやですが、近いうちに法整備がきちんと進むことに期待しましょう。

 今回の「OPEN ROAD 超小型モビリティ試乗体験」では、日本で発売済みモデルや、実証実験で使われている車両から、海外で販売中の車両も含めて、計5種類の超小型モビリティを試せました。

「ドリフトしている感覚ぅぅ!」 乗って楽しいトヨタの超小型モビリティ「i-ROAD」

 i-ROADは、トヨタ自動車が開発した1人、もしくは2人乗りの超小型モビリティ。2013年にジュネーブ国際モーターショーで発表され、超小型EVの中では「ベテラン」。日本でもタイムズと連携したカーシェアサービスの実証実験車(関連記事)にも用いられたので、知っている人は多いでしょう。

トヨタ i-ROAD 車体が傾く三輪EV「トヨタ・i-ROAD」

 2019年10月現在、市販はしていませんが、日本では「トヨタ OPEN ROADプロジェクト」として定期的に実証実験を行ったり、各地のイベントに登場したりしています。サイズは2350(全長)×850(幅)×1445(高さ)ミリ、最高速度は時速45キロ。航続距離は50キロです。2人乗車はバイクのように前後に座る仕様です。

全幅が狭いため従来の自動車とは違う感覚 これまでのクルマともバイクとも違う運転感覚がウルトラ楽しい
全幅が狭いため従来の自動車とは違う感覚 後部座席の様子。バッグを置くスペースとしてちょうど良いくらいで、大人だとかなり窮屈。でも乗ることはできる
全幅が狭いため従来の自動車とは違う感覚 インテリアの質感はかなり高くて感心

 i-ROADの一番の特長は独特のステアリング構造。操舵は後輪。前輪は左右ではなく、上下に動きます。これで車体が傾きます。ハンドルを切ると車体がイン側にスッと傾き、後輪から回り込むように曲がります。

トヨタ i-ROAD i-ROADカーブ中の様子
トヨタ i-ROAD 車輪は前2輪、後ろ1輪の3輪仕様。後輪で操舵する。リアが回り込むように曲がる感覚が心地よい

 クルマにそれほど詳しくない人からすると「自動車よりも自転車やバイクなどの2輪車に近いというか、独特な感覚で運転できる」と感じます。運転時の目線も乗用車並みに低いので、カーブを曲がるときは他の超小型モビリティにはない疾走感がありました。

 昔ちょっと遊んだクルマ好きからすると「お、何、このオーバーステア感。速度は超ゆっくりなのに、ケツが出たようにリアが巻き込んでグイッと曲がる感覚。これ面白えかもぉぉぉ!」などとも感じます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」