ニュース
» 2019年10月30日 11時00分 公開

未来の街乗りEVをイッキ乗り! 東京モーターショーで「超小型モビリティ」に乗ってみた【写真55枚】 (2/4)

[松本健多朗,ねとらぼ]

シザードアの近未来デザインな4輪小型EV「日産・ニューモビリティコンセプト」

 日産自動車の「ニューモビリティコンセプト」は小型4輪スタイルの2人乗り超小型モビリティです。

日産 ニューモビリティコンセプト 日産の4輪小型EV「ニューモビリティコンセプト」

 ニューモビリティコンセプトは国土交通省の超小型モビリティ基準緩和認定制度として、2人乗車対応モデルは軽の黄色ナンバーが付いていました。各地で観光用レンタカー/カーシェア車両として何台かが活躍しています。例えば、日産レンタカーが展開するカーシェアサービス「チョイモビ ヨコハマ」で借りられます。

 車体サイズは2340(全長)×1230(幅)×1450(高さ)ミリ。最高速度は時速80キロ、航続距離は約100キロ。性能は今回の中ではやや高めです。

 近未来感を感じられるスタイルとともに、ドアもワクワク。よくある横開きのヒンジドアではなく、上に開くシザードアを採用しています。まるでスーパーカーです。もっともこのドアはスーパーカーを意識したというよりは、狭い場所でも乗り降りしやすくするためです。黄色ナンバーの付いた2人乗車対応車は、i-ROADと同様に前後に座るスタイルで2人乗れます。

日産 ニューモビリティコンセプト 後ろ姿もかわいい。この試乗車は黄色の軽ナンバー車で2人乗車できる
日産 ニューモビリティコンセプト 後部座席の広さはi-ROADと大体同じ。足を開いて前席を挟むようにして座る感じ
日産 ニューモビリティコンセプト 前にドライバーが1人、後ろにもう1人乗れる。ドア下はシースルー仕様。速度を感じやすく、周囲の確認もしやすい

 車内はトヨタのi-ROADと比べ、足元の広さはほとんど同じながら、肩周りにゆとりがありました。運転はアクセル/ブレーキ操作もハンドル操作も、普通のオートマ車と変わらない感覚です。今回のごく低速域ではハンドルがやや重めだったくらいです。

市販済みの完成度高い小型EV「トヨタ車体・コムス」

 今回紹介する超小型モビリティで唯一市販しており、個人でも購入できる車両がトヨタ車体「コムス」です。

トヨタ車体 コムス トヨタ車体 コムス

 コムスは、普通自動車免許で運転できる定格0.59kWのモーターを備えた1人乗りの小型EV。原付ミニカー登録する車両で、最高速度は時速60キロ、航続距離は57キロ。セブン-イレブンの宅配用車両や、自治体によるカーシェアリング車両などとしても導入されています。価格は79万9537円(税込み)からです。

トヨタ車体 コムス コムス「P・COM」。全長は約2.4メートルと、中大型セダンの半分。一般的な駐車場は長さ5メートルは確保しているので……1台分の駐車場スペースで「縦に2台」停めておけることになる
トヨタ車体 コムス リアにはかなり容積のある荷物スペースがある。このP・COMの他に、小売店の配達需要などを満たす、より大きなリア収納ボックスを備えた別バリエーション「B・COM」もある
トヨタ車体 コムス 運転席の様子

 コムス P・COMは2395(全長)×1095(幅)×1500(高さ)ミリ、重量は約420キロ。試乗車にはオプションのキャンバスドア(5万6200円)が装着されていました。乗車感覚は一般的なオートマ車と運転感覚は変わりません。軽量なためか、日産のニューモビリティコンセプトより気持ち軽快でした。ドアがないので死角も少なく、この季節ならば風を心地よく感じられます。しかし安全面、特に横からのもらい事故のときの不安は正直残りました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.