ニュース
» 2020年01月06日 13時30分 公開

「小学館の図鑑NEOメーカー」が年始にTwitterで流行 「UMA」「毒」「廃線」など尖った図鑑が大量発生 (1/2)

投稿は新しい図鑑のテーマを決める参考にするとのことです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小学館が元日に公開した「小学館の図鑑NEOメーカー」が、Twitterで盛り上がりを見せています。オリジナル図鑑の表紙を手軽に作成できるとあって、「UMA」や「毒」や「廃止された鉄道」など、大勢が思い思いの「読みたい図鑑」を投稿しています。


図鑑NEOメーカー


 ユーザーの「好きなもの図鑑」を募り、新しい図鑑のテーマを決める参考にしようという試み。タイトルとふりがなを入力し、使用する画像をPCやスマホのフォルダから指定するだけで、なじみ深いデザインの表紙ができあがります。


図鑑NEOメーカー タイトルは各行5文字、ふりがなは21文字まで入力可能(全角・半角問わず)

図鑑NEOメーカー 画像はある程度自由に拡大・縮小して割り付けられる

図鑑NEOメーカー 設定が済んだら「図鑑をつくる」ボタンで表紙を生成

図鑑NEOメーカー 書店で平積みになった様子や、本棚に並んだ状態にも

 書店や本棚に並んだイメージまで生成される楽しさもあって図鑑作りは流行し、ハッシュタグ「図鑑NEOメーカー」には「生物模倣技術」や「クトゥルフ神話生物」など、好奇心をそそる投稿が多数集まることに。「武器と甲冑」や「拷問具」などは、作画資料として有用そうです。また、愛犬を図鑑化したりや、「フロム・ソフトウェア作品の完全設定資料」を願ったり、自由に楽しむ人も多い様子。


 図鑑NEOメーカーは1月31日24時まで実施されます。なお、使用する画像の著作権や肖像権に関する禁止事項などもあるので、試す際は利用規約の確認を。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.