インタビュー
» 2020年04月15日 11時00分 公開

シャーロック・ホームズに登場する“チキンカレー”ってどんな味?歴史料理を再現している人に聞いてみた(2/2 ページ)

[高橋ホイコ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

イギリス料理がまずいのは「早い・安い・腹持ちがいい」を突き詰めた結果

――イギリス料理はまずいというイメージがありますが、再現したものはおいしかったのでしょうか?

 イベントで提供した際、「ホームズの時代に、こんなにおいしい料理があったんだ」という気付きを味わっていただきました。おいしくないというイメージができたのは、ロンドンのレストランが「早い・安い・腹持ちがいい」を突き詰めた結果です。

 ロンドンは産業革命で人口が一気に増えたので、とにかく大人数をさばいていかないといけなくなり、おいしさは二の次になってしまいました。外国人はレストランの味をその国の味と思ってしまいます。イギリスの一般家庭の料理は長い時間をかける素朴な料理なので、レストランとはまた違うクオリティーですが、外国人が食べる機会は限られたことでしょう。

 ロンドンも最近では、本場のインドカレーや本格イタリアンなんかのおいしいレストランができているらしいです。ふとイギリスの食のアイデンティティーは何だろうと考えることもありますが、とにかく世界の食材がロンドンで味わえるということですよね。

食を通して歴史を知ることが「歴史メシ」の面白さ

――確かにカレーの材料を見ても、カレー粉・ケチャップ・ココナッツミルクなど、世界を制覇した国の材料だなと感じます。ちなみにカレー粉は、いつからイギリスにあったのでしょう?

 東インド会社が隆盛してきたのは1700年代で、インドの植民地から食材がもたらされました。それをキッカケにオリエンタル文化が発展します。

 カレー粉として販売されたのは1890年代です。「白銀号事件」が1892年、「海軍条約文書事件」は1893年の発表ですから、コナン・ドイルは、当時の食のはやりを取り入れていたことが分かります。


アーサー・コナン・ドイル シャーロック・ホームズの作者・アーサー・コナン・ドイル(Arnold Genthe [Public domain]

――戦争などを通じて食材が移動することも多いのでしょうか?

 そうですね。大航海時代以降に植民地からヨーロッパに食材がもたらされました。例えば、大西洋の諸島で砂糖が取れるようになり価格が下がっていきました。歴史って、戦争だけで追うと殺伐としてしまいますが、食を通して歴史を追いかけると親しみやすくなります。そういうところが歴史メシの面白いところです。

歴史メシをおいしく現代によみがえらせる 音食紀行の「歴史料理再現プロジェクト」とは

 「音食紀行」は歴史料理を再現して食べるイベントを開催しています。遠藤さんは「料理は、食べてくれる人がいてこそ」といいます。目指しているのは単なる再現ではなく、現代人が食べてもおいしい料理として作ること。これは音楽にも精通している遠藤さんらしい発想で、古い曲を完全に再現するのではなく、現代人が楽譜を自由に解釈して演奏することに似ています。

――遠藤さんは歴史料理を再現するイベントをしていますが(関連記事)、思い出深い料理というとなんですか?

 イタリアルネサンス時代の、「イチジクの温製サラダ」は印象に残っています。干しイチジクは熱を加えると甘みがすごく出ます。その甘みと、塩コショウ・ローズマリー・タイムなどのスパイスをかけた野菜がすごく合います。なかなか絶妙な味になりました。


イチジクの温性サラダ イチジクの温製サラダ(画像提供:柏書房『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』)

 あとは、古代ギリシャのスパルタ料理です。彼らラケダイモン(スパルタ人自らが呼んだ称のこと)は、戦時中はおいしい料理が食べられて、平時のときはまずい料理しか食べられませんでした。だから闘いに行くときはみんな喜び勇んでいくんです。そのスパルタ料理である豚の血を使ったスープを作りました。

 豚の血を東南アジアから輸入しましたが、ニオイを嗅いだだけでむせてしまって。味も人間の血のようなものでした。イベントで提供するものなので、血をごくごく飲ませるのはどうかと思い 、鍋に豚の血を少量注いだ後、オリーブオイルと赤ワインビネガーなどを加えていって、なんとか飲めるスープを作りました。この料理をおいしく作るというのは、かけがえのない体験になりました。


スパルタ風ブラックスープ スパルタ風ブラックスープ(画像提供:柏書房『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』)

――現代人とは味覚が違うこともありそうですね

 同じ地域でも、時代で味が変わっていることがあります。例えば、イタリアはトマトとパスタというイメージがありますが、これらは古代ローマ時代にはまだありません。何を食べていたかというと、魚醤を使っています。砂糖もないので、蜂蜜を使います。

 古代ローマの牛のステーキは、ソースは魚醤と蜂蜜、赤ワインビネガーが入っています。面白い味なんですけど、これが今のイタリア料理の先祖かと言われると、素直にうなずくことができません。むしろ、現代の日本人の方が味になじみやすいのではと感じました。

 こうやって歴史メシを作っていると、2000年、3000年、4000年の歴史の層が重なって現代になっているんだと実感できます。


古代ローマ風 牛のステーキ 古代ローマ風 牛のステーキ(画像提供:柏書房『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』)


 この記事で紹介したシャーロック・ホームズのチキンカレー、マトンカレーのレシピは『シャーロック・ホームズ生誕祭料理レシピ集』に掲載。また、「イチジクの温製サラダ」「スパルタ風ブラックスープ」「古代ローマ風 牛のステーキ」は『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』で読むことができます。

 “あるモノから歴史を追う”というコンセプトの本はいろいろありますが、“料理”は身近なだけにとっつきやすさがあります。筆者もチキンカレーを再現しましたが、食べ慣れない味ながら本当においしいものでした。そして、19世紀イギリスにタイムスリップした気分が楽しめました。

高橋ホイコ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」