メディア
ニュース
» 2020年03月12日 15時17分 公開

赤地に白い十字とハート「ヘルプマーク」の意味、知ってる? 成り立ちや対応を解説した動画が分かりやすい

シンプルで分かりやすいです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 赤地に白い十字とハートが描かれた「ヘルプマーク」について解説した動画が、YouTubeで公開されました

 映像はストーリーに沿って展開。初めて「ヘルプマーク」に気付いた主人公の視点から、その意味や成り立ちを分かりやすく学べます。


ヘルプマーク - サポートの第一歩は知ることから

ヘルプマーク解説動画 「ヘルプマーク」の成り立ちや対応を解説しています

 「ヘルプマーク」は、手助けや配慮が必要であるにもかかわらず、外見からは分かりにくい人が付けるマーク。義足、人工関節、内部障害、難病、妊娠初期などさまざまな事情を抱えた人が利用しています。

 考案者は前東京都議会議員の山加朱美さん。自身も人工股関節を使用しており、困ることが多かったため、シンボルになるマークを提案したということです。

 ヘルプマークを付けた人に対して心掛けたいことは次の3点。健康に見えても疲れやすい、突発的なトラブルに対応しにくい、自力での避難が難しいなどの事情に配慮することが肝要です。

  • 電車やバスで席を譲る
  • 困っている人を見かけたら声を掛ける
  • 災害の発生時には安全に避難するための手助けをする

 直接的な手助け以外にも、マークの意味を知らない周囲の人に伝えることもサポートになります。


ヘルプマーク解説動画 多くの人に知ってほしいマークです

 映像は白・黒・赤の3色のみで構成されており、配色やイラストがシンプルな分、大切な情報がすっと頭に入ってきます。ヘルプマークや登場人物のアイコンを人の手で操作する演出は、紙芝居やトランプの手品を見ているようで飽きさせません。


ヘルプマーク解説動画 時々画面に人の手が現れます

 手掛けたのは、東京都内の映像制作会社・simpleshow Japan。英語版も用意されており、Webサイトなどでの紹介も可能です。

 ヘルプマークについて更に詳しく知りたい場合は、東京都福祉保健局のサイトが参考になります。

【英語版】Japan's HelpMark - Helping starts with knowing it

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.