ニュース
» 2019年06月17日 19時00分 公開

エスカレーターで「身体的な事情で立ち止まっている」と示すキーホルダーが話題に 誕生の背景を聞いた

エスカレーターは本来立ち止まって利用するもの。無理に急がないようにしたいところです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「わけあってこちら側で止まっています」と記されたマークが、Twitterで話題を呼んでいます。これはエスカレーターで、身に着けた人が「けがや病気が理由で左右いずれかに寄って立ち止まっている」と意思表示するためのもの。マタニティマークやヘルプマークとあわせて、さまざまな事情を抱える人に配慮できるよう覚えておきたいところです。


マーク エスカレーターで見かけたら気配りを(画像提供:エスカレーターマナーアップ推進委員会

 エスカレーターは本来歩いたり走ったりせず、乗ったら立ち止まったまま進むもの。しかし、急いで進みたい人のために、左側か右側のどちらかを空ける習慣が根付いている地域も多いものです。

 けがや病気を抱えていると、習慣通りどちらかに寄って立つのは難しいケースもあるでしょう。そんなとき、後ろの人が急ごうとしていると、プレッシャーになるかもしれません。そんな人も、このマークを身に着けていれば、周囲に理解を求められるわけです。

 マークを紹介したツイートは広く拡散され、「初めて知った」「そもそもエスカレーターで歩いてはダメという前提を広めよう」「こんなマークが必要となる世の中にモヤモヤする」など、さまざまな反響を呼びました。

 このマークを考案した、東京都理学療法士協会エスカレーターマナーアップ推進委員会に話を聞きました。その活動は障害者を支援する活動のなかで派生し、2016年秋ごろから始動。大勢が訪れる東京オリンピックまでに「エスカレーターで歩く人ゼロ」を目指しているそうです。


ポスター エスカレーターマナーアップ推進委員会の活動用資料(画像提供:エスカレーターマナーアップ推進委員会

 活動の過程で、「困っている当事者が着用するだけではなく、健常者が思いやりを持って活動に参加できるようなツールはないか」との考えから作られたのがこのマーク。「正しいルールを守りたい、困っている人を支援したい、でも右側で止まったら後ろの人に舌打ちされたり距離を詰められたりするプレッシャーが怖い」――そういった方の気持ちを後押しし勇気づけられるツールとなってほしいと、同団体の担当者は語りました。

 2018年の6月にシンポジウムで配布して以来、マークは無料で提供中。Googleフォーム経由で配布を申し込めます。

 脳卒中や指定難病の人、視覚障害者や骨折などを抱える人、その家族や友人、支援団体など、全国から希望があり、2000個以上を配布したとのこと。利用者からは「着用することで、勇気を持ってエスカレーターに乗ることができました」「正しいルールとして広げていきたい」など、前向きな意見が多数寄せられているそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン