ニュース
» 2018年11月12日 07時30分 公開

「オレンジリング」「命のバトン」って知ってる? 共生にかかわる4つのマークが覚えておくと役立ちそう

誰かのために。いつかの自分のために知っておきたい。

[林美由紀,ねとらぼ]

 「ヘルプマーク」や「マタニティマーク」など、何らかのサポートを必要としている人が身に着けるマーク。他にも「オレンジリング」や「命のバトン」など、知っておくと共生社会に役立ちそうなマークやアイテムをまとめた漫画が、とてもタメになります。覚えておくと誰かのために、そしていつかの自分のためにもなるかも……?

 漫画を描いたのは、看護師のせやろか(@seya_roka)さん。医療や介護を学ぶなかで、もっと世の中に広まるといいなと思った5つのマークや制度について説明しています。

 まずは赤地に白色の十字&ハートが並んだ「ヘルプマーク」。義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせるために、東京都福祉保健局が作成したマークです。赤十字と似ているけど意味がけっこう違う……!


命のマーク01 赤字に白い十字とハートは外からわかりづらいけどサポートが必要なヘルプマーク!

 おそらく一番認知度が高いのが、妊婦さんのための「マタニティマーク」。厚生労働省によると「妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの」です。妊婦さんの体調の変化を気づかい、赤ちゃんとの健やかな成長のため、座席を譲ったり、声がけをしたり、少しでもサポートできるといいですね。私たちはみんなお母さんから産まれているのだから!


命のマーク02 私たちはみんなお母さんから産まれている! お母さんに優しい社会に!

 そして聞き慣れないのが「オレンジリング」。手首などに着けるオレンジ色のリストバンドですが、これは装着者が「認知症サポーター」であることを示すアイテムです。認知症に関する講座を受け、正しく理解している人に渡されているのだそうです。もし認知症関連でトラブルが起こった際、このマークを着けた人がいたら頼りたいところ……。


命のマーク03 オレンジのリングを見かけたら、その方は認知症サポーター

 さらにマイナーなのが「命のバトン」……ドラマか映画のタイトルみたいです。試験官のようなケースに用紙が入っている見た目ですが、こちらは高齢者や障がい者が急病時に救急隊やかかりつけ医に情報を確実に知らせるため、あらかじめかかりつけ医や持病、お薬などについて書いた医療情報紙を入れたものとなっています。

 呼び方は「命のバトン」だけでなく、「冷蔵庫保管用医療情報キット」や「安心情報キット」など地方によって異なるそうです。夕張市の「命のバトン」の取り組みは公式サイトで確認できます(せやろかさんはNPO法人「ナルク」のサイトを参考にしたとのこと)。


命のマーク04 冷蔵庫は家の中で場所が分かりやすいため、命のバトンは冷蔵庫に置く!

 ちなみに、ヘルプマークと形が似ている白地に赤色の「赤十字」マーク。こちらは赤十字が許可したもののみにしか使うことができず、勝手に使用した場合は犯罪になることを漫画では啓発しています。実際日本赤十字のサイトによると「違反すると6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる」とのことなのでご注意を。

 マタニティマークも厚生労働省が商標登録しており、厚生労働省の公式サイトには「改変して類似するデザインを使用することは、商標権侵害に当たるためご注意ください」とあります。勝手に改変して営利目的で使ったりと、権利を侵害しないよう注意が必要ですね。

 漫画には「正しく広まることが大切」「勉強になる」などの共感の声が集まっています。もし、私たちが今、特にサポートを必要とせず生きることができていたとしても、明日はどうなるかわかりません。誰かのためにも自分のためにも、どういったサポートを必要な人がいて、どういったサポートができるのか、知っておきたいですね!


命のマーク07 確かに作品タイトルみたい

画像提供:せやろか(@seya_roka)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」