今なお残るレア案内標識「シロカン」の謎少年Bの道端ばなし(1/2 ページ)

ちょっと朽ちてきているものもありますが、今なお生き残っているのです……!

» 2020年03月20日 10時00分 公開
[少年Bねとらぼ]

 一般道路には、行き先や距離、道路名や道路番号などを示す「大きな青い案内標識」が掲げられています。ドライバーにとって行き先を知るとても重要な標識です。標識ファンの間ではこれを「青看板」「アオカン(青看)」などと親しみを込めて呼んでいます。

「青看板」と呼ばれる案内標識の一種 道路に掲げられる大きな青い案内標識。こちらは「方面、方向及び道路の通称名の予告(108-3)」

 この一般道の案内標識、かつて青地ではなく白地の「シロカン」だった時代もあるのをご存じでしょうか。

 2020年現在、普段見る青地の案内標識(青看板)は全国で統一された標識として5代目にあたります。初めて統一された道路標識ができたのは1922(大正11)年、次いで2代目が1942(昭和17)年に制定されました。当時は自動車も少なく、案内標識は1種類しかなかったそうです。

 種類を大幅に増やして1950(昭和25)年に登場した3代目の案内標識は「白地に赤い矢印」のものでした。連合国占領下という時代背景もあり、漢字の下にローマ字も併記されます。実は、現在も少数ではあるものの現存しています。標識ファンの間では親しみを込めて「シロカン」などと呼んでいます。

古いタイプの案内標識。趣味者の間では「白看(シロカン)」と呼ばれる 現在も活躍するとても古いタイプの案内標識。置き換えられてもうあまり存在しないが、今なお普通に使われている場所も意外と多い。標識ファンの間では「白看(シロカン)」と呼ばれ、親しまれている

 その後、1971年(昭和46年)に4代目としてローマ字を廃した青地に白文字の「旧青看板」が登場し、1986年(昭和61年)に再びローマ字を併記した5代目の現在の案内標識になりました。

 現在の案内標識の色や形状は「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(総理府・建設省令第3号:昭和35年12月17日)」で定められています。案内標識のうち、青看板と呼ばれる青地の一般車道用案内標識は10種類。「方面及び距離」「方面及び方向」「方面、方向及び距離」「方面、方向及び道路の通称名」、距離が記されていれば「**の予告(方面及び方向の予告)」など、意外とたくさん種類があります。

案内標識の色や形状 定められている案内標識の色、形状(出典:国土交通省「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」より)

 「あっ、何か色の違う看板があるぞ!」「あの標識、ローマ字表記がないなぁ」なんて思ったら、その標識は古くから街と道路を見守ってくれていた案内標識だったのですね。

 道路を通る際、ちょっと気を付けてみるとふと新たな発見があるかもしれませんね。ただし、わき見運転にはくれぐれもご注意を……!

こちらもよく見る青看板。正式には「方面及び方向」 こちらもよく見る青看板。「方面及び距離(106-A)」

少年B

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」