連載
» 2020年04月02日 10時00分 公開

うぉぉ、畑の中に滑走路!? 「農道空港」ご存じですか?(1/2 ページ)

全国に8カ所あります。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 飛行機は広大な空港から飛び立つもの……とは限りません。以前紹介した「断崖絶壁にある短すぎる滑走路」(関連記事)などは極端な例ですが、実は日本にも一見すると飛行機が飛び立つ場所にはとても見えない変わった飛行場があります。

農道空港 農道離着陸場 イベント 畑の中にできた農道空港「笠岡ふれあい空港」(出典:笠岡ふれあい空港のWebサイトより)

 それが「農道離着陸場」です。通称「農道空港」と呼ばれます。

 農道空港は1988年から1998年にかけて、農林水産省の農道離着陸場整備事業によって作られました。その名の通り「農道を広げて作った」飛行場。畑の中に突然滑走路が現れます。何とも不思議な光景です。

 日本には8カ所、北海道北見市に「スカイポートきたみ」、北海道上川郡に「新得町農道離着陸場」、北海道美唄市に「スカイポート美唄」、北海道余市郡に「アップルポート余市」、福島県福島市に「ふくしまスカイパーク」、岐阜県高山市に「飛騨エアパーク」、岡山県笠岡市に「笠岡ふれあい空港」、大分県豊後大野市に「大分県央飛行場」があります。

 その立地や名産物から目的をイメージしやすいかもしれません。建設された当時は「各地の農産物を小型飛行機で都市部の空港まで運ぶ」というプランが描かれていました。

 ただ、付加価値の高いブランド野菜だとしても、コストが余計にかかる空輸ではなかなか採算が合いません。さらに高速道路の整備も進んだことで陸路に対する優位性が薄れ、立地や設備の関係で夜間の離着陸ができないので市場が開く時間に作物を届けられず、大都市側の空港の発着枠の課題なども重なります。当初の目的であった農作物輸送に関して言えば、あまり良い成果は得られなかったようです。

レジャーやイベントで注目される農道空港

農道空港 農道離着陸場 イベント さまざまなイベントが行われる「ふくしまスカイパーク」(出典:ふくしまスカイパークのWebサイトより)

 しかし2001年の規制緩和で農作物の輸送以外にも使えるようになり、農道空港も新たな役割でさまざまな活路を見いだしています。

 例えば、グライダーなどのスカイスポーツや遊覧飛行を楽しむレジャー用途で使われたり、軽飛行機の訓練場所として使われたり、航空ショーイベントやドローン、R/C飛行機の大会が行われたりします。

 ふくしまスカイパークは、レッドブル・エアレースで年間チャンピオンとなった室屋義秀選手(関連記事)の練習拠点としても知られます。さらには、舗装路の長ーい直線があることを生かしてゼロヨン/ドラッグレースイベントが開催される空港もあります。

農道空港 農道離着陸場 イベント 800メートルの滑走路を設ける笠岡ふれあい空港の平面図(出典:笠岡ふれあい空港のWebサイトより)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む