ニュース
» 2020年05月13日 15時34分 公開

無印良品が大まじめに“コオロギせんべい”を発売 世界の食糧危機対策として昆虫食を提案

エビに近い、香ばしい味。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 無印良品、いったいどうした……。無印良品はコオロギせんべいを、2020年5月20日に発売します。本当に、あの昆虫の、コオロギです。無印良品のネットストアにて先行販売。値段は税込190円。

コオロギせんべいの商品画像 コオロギせんべい……!

 コオロギをパウダーにしてせんべいに練り込んだという、虫嫌いなら卒倒して地に伏す商品。「虫を食べるなんて、無印良品、いったいどうしたの!」と、叫びたくなりますが、しかしこれは未来の地球を守るため、食糧危機への対策として、無印良品が真剣に考えた商品なのです。

コオロギせんべいのパッケージ コオロギのパウダーが入ってます

 世界人口が急増しており、2030年には、タンパク質の供給が足りなくなるという試算もあるそうです。昆虫はタンパク質を多く含むことに加え、牛・豚・ニワトリなどの家畜と比べて、生育する際の温室効果ガス排出量や、必要な水やエサの量が圧倒的に少なく、環境負荷も軽減されるといわれています。なかでもコオロギは、飼育に必要なエサや水が少なく、成長も早いため、食用に適しているそうです。

コオロギや家畜のタンパク質を示すグラフ コオロギはタンパク質を多く含む(無印良品サイトより)

コオロギや家畜のタンパク質を示すグラフ コオロギは飼育時の環境負荷が少ない(無印良品サイトより)

 無印良品は、昆虫食研究を行う徳島大学と協業し、コオロギを食材とするための取り組みを開始。せんべいに使用されているのは、同大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギです。温度や湿度を一定に保つことにより通年産卵させることが可能で、食用に使用する量を生産することができます。

 気になる味は、エビに近い香ばしい風味。コオロギの味を生かすために余計な原料を使わず、シンプルな配合にしているそうです。

 なお、食用コオロギパウダーは、えびやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれます。えびやカニのアレルギーを持つ方は控えてください。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.