ニュース
» 2020年05月17日 11時50分 公開

漫画家・カメントツ先生の絵本アイデア「きんとれ」が光速でボツに → Twitterに投稿したら「読みたい」「仕上がってる!」と大反響

出版社からのオファーもくる人気です。

[宮原れいねとらぼ]

 『こぐまのケーキ屋さん』をTwitter上で連載中のカメントツ先生(@Computerozi)が、ボツになった絵本アイデア「きんとれ」を自身のアカウントで公開したところ、たちまち「読みたい」「中身が気になりすぎる」など大きな話題に。さらに出版社からも続々声がかかるなど反響を呼んでいます。



 表紙の文字「よいこのたいいくえほん きんとれ」とは対照的に、筋肉モリモリなマッスルうさぎさんが描かれた衝撃的な絵本アイデア。カメントツ先生が以前に、出版社から「作ってみたい絵本の企画があれば送ってくださいね」と言われて送った企画で、その時は「光速でボツをいただいた」とのこと。新時代すぎた……?


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ かわいいうさぎさんのムキムキ筋肉に圧倒される

 しかし、Twitterにて絵本のイメージ(表紙のみ)を投稿したところ、読んでみたいという声とともに13万いいねが集まります。そして次の日には「なんといくつかの出版社さんからお声がけいただきました…もしかして本当にもしかするかもしれない…」と、先生本人もビックリな急展開に。これが筋肉は裏切らないということか。



 それからすぐ、寄せられた声に応える形で、まだラフしかなかった絵本の中身4ページを実際に先生が描いて公開。ムキムキのうさぎさんが己の肉体を鍛える、爽やかさとかわいさと暑苦しさが詰まった日常は「仕上がってる!」「きれてる!」と更なる人気を呼びます。



 その後作られた専用のTwitterアカウント「たのしいどうぶつランド(@tanoshidoubutsu)」にて投稿されたのが、よいこのマッスル絵本シリーズ「ともだち」。泣いている小さいくまちゃんに、ムキムキのうさぎさんが筋トレを勧めて、ともに“元気になる”物語は、インパクトと謎の説得力から「やはりトレーニングした方がいいのか」「筋トレするか…」といった反応も寄せられるほど。絵本ならではの分かりやすさが素晴らしい。



よいこのマッスル絵本シリーズ「ともだち」


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ 筋トレが生んだハッピーエンド!

画像提供:カメントツ先生(@Computerozi)


 そんなボツアイデア投稿から次々と展開して人気を集めている同マッスル絵本シリーズについて、カメントツ先生に伺いました。

―― 最初のボツ段階では出版社はどんな反応だったのでしょうか?

カメントツ先生:一般的なボツとはちょっと違って、こういう打ち合わせって、いろんな案をたくさん出してそのうち1個か2個引っ掛かれば――といった感じで、99%はボツになるものなんです。ただ、ムキムキうさぎ、きんにくウサギ……タイトルはまだ決まっていないんですけど、これは自分的には、ボツになったけど面白かったので、Twitterに投稿してみることにしました。

―― 他にはどんなアイデアがあった?

カメントツ先生:同時に出したアイデアとしては、チェンソーでなんでもずばずば切ってしまう「チェンソードラゴン」という企画も出したんですが、「チェンソーは子供には難しいのでは」「構造が子供に伝わりにくそう」といった懸念があり、こちらもボツになりました。

―― Twitterでの公開から現在まで、どれくらいのオファーがありましたか?

カメントツ先生:ツイートした次の朝にはもう2社くらいから反応が来ていて、出版社のスピードは本当に早いなと実感しています。最終的に、今(5月14日)の時点で7社から連絡が来ていて、まだお返事を返せていない状態です。

―― 実際に本になる可能性はありますか……?

カメントツ先生:どんな形で形で出版するかはまだ決まっていませんが、何かしらの形で本屋さんに並んだらいいなと思っています。



――最新のイラストだとうさぎが服を着ているのが気になりました(※途中からパンツを履いている)。

カメントツ先生:最初は何も着せていなかったんですが、これが「センシティブな画像」としてTwitterにはじかれてしまい、一部ユーザーには見れない状態になってしまったんです。それでもったいないなと思い、今は少しずつ服を着せたりして、どれくらいならセンシティブと判断されるのか実験しながら書いています(笑)

 調べてみたら、YouTubeなどでは男性の上半身や乳首でもセンシティブと判断されることがあるらしく、世界中の基準がこうしてGoogleやTwitterなどに委ねられていくあたり、大きな変化を感じてします。これはいいことでも悪いことでもありますが、取りあえず大きいものには巻かれろ精神でやっていこうと思っています。




 Twitterではそのビジュアルだけでなく、声に出して読みたくなる内容に、さまざまなユーザーが朗読してみた動画を投稿。たのしいどうぶつランドTwitterアカウントではそれらをまとめたモーメントや、公式の読み聞かせ動画も公開中です。




ちなみに絵本のキャラクターは『こぐまのケーキ屋さん』と同じ世界の住人……?




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」