ニュース
» 2020年05月17日 11時50分 公開

漫画家・カメントツ先生の絵本アイデア「きんとれ」が光速でボツに → Twitterに投稿したら「読みたい」「仕上がってる!」と大反響

出版社からのオファーもくる人気です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 『こぐまのケーキ屋さん』をTwitter上で連載中のカメントツ先生(@Computerozi)が、ボツになった絵本アイデア「きんとれ」を自身のアカウントで公開したところ、たちまち「読みたい」「中身が気になりすぎる」など大きな話題に。さらに出版社からも続々声がかかるなど反響を呼んでいます。



 表紙の文字「よいこのたいいくえほん きんとれ」とは対照的に、筋肉モリモリなマッスルうさぎさんが描かれた衝撃的な絵本アイデア。カメントツ先生が以前に、出版社から「作ってみたい絵本の企画があれば送ってくださいね」と言われて送った企画で、その時は「光速でボツをいただいた」とのこと。新時代すぎた……?


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ かわいいうさぎさんのムキムキ筋肉に圧倒される

 しかし、Twitterにて絵本のイメージ(表紙のみ)を投稿したところ、読んでみたいという声とともに13万いいねが集まります。そして次の日には「なんといくつかの出版社さんからお声がけいただきました…もしかして本当にもしかするかもしれない…」と、先生本人もビックリな急展開に。これが筋肉は裏切らないということか。



 それからすぐ、寄せられた声に応える形で、まだラフしかなかった絵本の中身4ページを実際に先生が描いて公開。ムキムキのうさぎさんが己の肉体を鍛える、爽やかさとかわいさと暑苦しさが詰まった日常は「仕上がってる!」「きれてる!」と更なる人気を呼びます。



 その後作られた専用のTwitterアカウント「たのしいどうぶつランド(@tanoshidoubutsu)」にて投稿されたのが、よいこのマッスル絵本シリーズ「ともだち」。泣いている小さいくまちゃんに、ムキムキのうさぎさんが筋トレを勧めて、ともに“元気になる”物語は、インパクトと謎の説得力から「やはりトレーニングした方がいいのか」「筋トレするか…」といった反応も寄せられるほど。絵本ならではの分かりやすさが素晴らしい。



よいこのマッスル絵本シリーズ「ともだち」


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ


カメントツ先生 絵本 アイデア きんとれ ボツ よいこのマッスル絵本 うさぎ くま 筋トレ 筋トレが生んだハッピーエンド!

画像提供:カメントツ先生(@Computerozi)


 そんなボツアイデア投稿から次々と展開して人気を集めている同マッスル絵本シリーズについて、カメントツ先生に伺いました。

―― 最初のボツ段階では出版社はどんな反応だったのでしょうか?

カメントツ先生:一般的なボツとはちょっと違って、こういう打ち合わせって、いろんな案をたくさん出してそのうち1個か2個引っ掛かれば――といった感じで、99%はボツになるものなんです。ただ、ムキムキうさぎ、きんにくウサギ……タイトルはまだ決まっていないんですけど、これは自分的には、ボツになったけど面白かったので、Twitterに投稿してみることにしました。

―― 他にはどんなアイデアがあった?

カメントツ先生:同時に出したアイデアとしては、チェンソーでなんでもずばずば切ってしまう「チェンソードラゴン」という企画も出したんですが、「チェンソーは子供には難しいのでは」「構造が子供に伝わりにくそう」といった懸念があり、こちらもボツになりました。

―― Twitterでの公開から現在まで、どれくらいのオファーがありましたか?

カメントツ先生:ツイートした次の朝にはもう2社くらいから反応が来ていて、出版社のスピードは本当に早いなと実感しています。最終的に、今(5月14日)の時点で7社から連絡が来ていて、まだお返事を返せていない状態です。

―― 実際に本になる可能性はありますか……?

カメントツ先生:どんな形で形で出版するかはまだ決まっていませんが、何かしらの形で本屋さんに並んだらいいなと思っています。



――最新のイラストだとうさぎが服を着ているのが気になりました(※途中からパンツを履いている)。

カメントツ先生:最初は何も着せていなかったんですが、これが「センシティブな画像」としてTwitterにはじかれてしまい、一部ユーザーには見れない状態になってしまったんです。それでもったいないなと思い、今は少しずつ服を着せたりして、どれくらいならセンシティブと判断されるのか実験しながら書いています(笑)

 調べてみたら、YouTubeなどでは男性の上半身や乳首でもセンシティブと判断されることがあるらしく、世界中の基準がこうしてGoogleやTwitterなどに委ねられていくあたり、大きな変化を感じてします。これはいいことでも悪いことでもありますが、取りあえず大きいものには巻かれろ精神でやっていこうと思っています。




 Twitterではそのビジュアルだけでなく、声に出して読みたくなる内容に、さまざまなユーザーが朗読してみた動画を投稿。たのしいどうぶつランドTwitterアカウントではそれらをまとめたモーメントや、公式の読み聞かせ動画も公開中です。




ちなみに絵本のキャラクターは『こぐまのケーキ屋さん』と同じ世界の住人……?




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.