ニュース
» 2020年06月02日 11時45分 公開

「本能寺の変 原因説総選挙」50説から選ばれたのは「暴君討伐説」でした 謀反のお知らせハガキ当選倍率は240倍

2位は「秀吉黒幕説」、3位「怨恨説」でした。あなたの推し説は何位だった?

[ねとらぼ]

 明智光秀が「本能寺の変」で織田信長を討ったのは、義に反する信長の非道を許すことができなかったから――。明智光秀が築いた福知山城がある京都府福知山市と「福知山光秀プロジェクト推進協議会」は、本能寺の変があった6月2日、福知山光秀ミュージアム公式サイトにおいて、本能寺の変の原因といわれる50説からそれぞれの“推し説”の投票を受け付けたオンラインイベント「本能寺の変 原因説50総選挙」(略称#HNG50)の投票結果を発表しました。

本能寺の変 福知山城

 同ミュージアムは、新型コロナウイルスの感染拡大で受けて休館している中、イベントとして本能寺の変の原因として50の説を紹介し、その中から自分が推したい説を投票する企画を実施。寄せられた3万5359票の中からもっとも多い4046票を集めたのが「暴君討伐説(※信長非道説)」でした。信長は気性が激しく、激情することが多かったといわれており、天下統一を目指す過程で数々の残虐行為を行っていたことに不信感を抱いた光秀が正義のために討ったとする説です。

 2位はもっとも得をした人として根強く唱えられている羽柴(豊臣)秀吉が黒幕になって光秀に討たせたとする「羽柴秀吉黒幕説」(2513票)、3位は諸侯の前で信長の度重なるいじめを受け、武士の面目をつぶされた光秀が、その恨みから信長を殺害したとする「怨恨説」(1866票)でした。結果発表のページでは、50位までのランキングとともに投票者の各“推し説”への熱いコメントも公開されています。

 今回の#HNG50の結果を受けて主催者は、「真実が誰にもわからないからこそできる試みを、という思いで企画しましたが、皆さんもそれを理解し楽しんで参加してくださったことが、投票時のコメントからひしひしと伝わってきました」と感謝を述べるとともに、「1位の得票率は11%でした。9割の方は他の説を選んだことになります」「光秀に対して好意的、または同情的なコメントが多く見られました。皆さんの光秀に対するイメージが、『主君を討った裏切り者』から、多様に変化しているのではと感じています」とドラマの影響なども踏まえイメージが変わってきていることにも触れています。

 なお、投票者の中から抽選で130人には謀反を知らせるはがきが1日までに郵送されている。こちらは数々の日本史や昔話のパロディー作品で注目を集めてきたスエヒロ(@numrock)さんの作品を福知山市がグッズ化したもので、明智光秀の謀反宣言が公的団体の通知ハガキ風に表現されています。ちなみに当選者へ「大変野暮ですが、念のため」と前置きして「実際に武器や防具をもって桂川や本能寺で集合されませんよう、お願いいたします」との注意事項が添えられています。


本能寺の変 選ばれし者に贈られた謀反のお知らせ

本能寺の変 時は今……

本能寺の変

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.