ニュース
» 2020年05月14日 19時45分 公開

あの「本能寺の変のお知らせハガキ」を福知山市がまさかのグッズ化 抽選に当たると本当に届く

ペリペリはがせる圧着ハガキ仕様。福知山光秀ミュージアムが実施中の「本能寺の変 原因説50 総選挙」に投票すると、抽選で自宅に届きます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 明智光秀の謀反宣言を、公的団体の通知ハガキ風に表現したパロディー画像「本能寺の変のお知らせ」(関連記事)を、明智家ゆかりの地である京都府福知山市が実体化してしまいました市のイベント企画に応募して当たると、本当に自宅へ届きます。


本能寺の変お知らせハガキ 本当にペリペリはがして開けられる圧着ハガキ仕様

本能寺の変お知らせハガキ 中面には光秀の解説が掲載

本能寺の変お知らせハガキ よく見ると「開封されますと謀反に同意したと見なされますのでご注意ください」などと記されていて参戦不可避

 もともとこのハガキ、数々の日本史や昔話のパロディー作品で注目を集めてきた、スエヒロ(@numrock)さんの作品。福知山城にいる甥の明智秀満へ光秀が送った体裁で、「ご所属の武将の謀反・下剋上に関する大切なお知らせ」「謀反後、天下を取る場合がございますが、長期政権を保証するものではございません」などと、史実をもとに作り込んだジョークで好評を博しました。


本能寺の変お知らせハガキ本能寺の変お知らせハガキ スエヒロさんが制作したオリジナル版


 福知山市はスエヒロさんに相談のうえ、作品を本物の圧着ハガキとしてグッズ化。福知山光秀ミュージアムの企画「本能寺の変 原因説50 総選挙」の賞品にしました。「野望説」「怨恨説」「足利義昭黒幕説」など、“推しの原因説”を50種類から選び、5月24日までに投票すると、抽選で130人に届きます。

 ねとらぼ編集部がグッズ化の経緯について福知山市役所を取材したところ、「スエヒロさんのツイートを拝見して爆笑し、プロモーションの一環として使えないかと相談して実現に至った」と担当者。同市は毎年、本能寺の変が起きた6月に合わせて、光秀関連の企画を実施しており、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休館中のミュージアムでも、何かできないか模索していたそうです。


本能寺の変お知らせハガキ 2019年6月には、福知山城に音声付きの「明智光秀自販機」を設置していた(関連記事

 グッズ化に際しては、スエヒロさんの原版に圧着部分を追加。明智光秀の紹介や観光情報なども加筆したとのことです。

 なお、当選者数の「130人」は、光秀が率いていたとされる軍勢の数、1万3000人に由来。そのままではさすがに予算が厳しく、100分の1に設定したといいます。

 総選挙企画の投票数は既に1万を超えているとのことで、ハガキの当選はなかなかの狭き門になりそう。別の形で公開する可能性について聞いたところ、「展示なり何かしら活用できればいいとは考えている」とのことでした。コロナ禍が去ったのち、ミュージアムで見られる日が来るといいですね。

本能寺の変お知らせハガキ ねんきん定期便にも似たよくあるハガキ感

本能寺の変お知らせハガキ なるほどこの人から送られてきたのかな……?(イメージです)

本能寺の変お知らせハガキ 福知山城とミュージアム

本能寺の変お知らせハガキ 福知山光秀ミュージアム内部の様子

本能寺の変お知らせハガキ ※謀反のイメージです(画像:福知山光秀ミュージアム提供)

協力:スエヒロ(@numrock)さん/福知山市役所 市長公室 秘書広報課 シティプロモーション係


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる