ニュース
» 2020年07月15日 07時30分 公開

海外で受けた人種差別 叔母の毅然とした態度を描いた実録漫画が考えさせられる

差別の根本にあるものとは。

[林美由紀,ねとらぼ]

 学生時代に南欧に行ったときに受けた人種差別と、そのときの叔母さんの毅然とした態度を描いた漫画が、考えさせられる内容で反響を呼んでいます。作者はイラストレーターで漫画家の尾添(@ozoekkk)さん。


叔母と私と、人種差別の話05 南欧で差別を受けたときのお話

 作者の尾添さんが学生だったころ、南欧で行われた叔父さんの葬儀に参列したときのこと。叔母さんと一緒に地元のカフェに行くと、近くにいた白人男性たちが大きな声で差別的な発言を始めます。


叔母と私と、人種差別の話01


叔母と私と、人種差別の話02

 「黄色い肌に白人の服か、みっともねえ」など尾添さんと叔母さんを侮辱する男性たち。尾添さんには何を言っているか分かりませんでしたが、南欧へ移住して30年以上、通訳の仕事をしていた叔母さんには分かっていました。「聞こえてんだよ」と毅然と立ち向かいます。


叔母と私と、人種差別の話03


叔母と私と、人種差別の話04

 叔母さんは差別について「差別の根本にあるのは孤独と未知の恐怖。彼らは現実に向き合いもせず、軽蔑したり、怯えさせたりすることで自分を守る臆病者」と話し、人種や性に関する差別は個性を否定することなので特に許してはいけないと、思いのたけを語ってくれました。

 このようなことは「残念だけどよくあること」だという叔母さん。尾添さんは、「誰かと違うことは何も怖くないことだとひとりひとりの内側から変えていかなきゃ進まない気がする」「差別は自分自身と向き合う心を忘れていることも原因のひとつだと思う」と結んでいます。

 人種や宗教、性別など、自分と違いのある相手に対し、よく知らないがために先入観で差別してしまう――どこの国でも起こり得ることです。自分と違った人々に何も考えずに拒否反応を示すようなことをせず、その違いは怖いものではないのだと受け止めることができれば、世界はもっと平和になるかもしれません。

 読者からは、毅然とした態度を取れる叔母さんへの「かっこいい」という賛辞や、海外で同様の経験をしたというコメント、「人種差別は悲しいことです。それをなくしていくのには、相互理解が必要なのだと強く再確認しました」といった声が寄せられています。

画像提供:尾添(@ozoekkk)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む