ニュース
» 2020年07月15日 07時30分 公開

海外で受けた人種差別 叔母の毅然とした態度を描いた実録漫画が考えさせられる

差別の根本にあるものとは。

[林美由紀,ねとらぼ]

 学生時代に南欧に行ったときに受けた人種差別と、そのときの叔母さんの毅然とした態度を描いた漫画が、考えさせられる内容で反響を呼んでいます。作者はイラストレーターで漫画家の尾添(@ozoekkk)さん。


叔母と私と、人種差別の話05 南欧で差別を受けたときのお話

 作者の尾添さんが学生だったころ、南欧で行われた叔父さんの葬儀に参列したときのこと。叔母さんと一緒に地元のカフェに行くと、近くにいた白人男性たちが大きな声で差別的な発言を始めます。


叔母と私と、人種差別の話01


叔母と私と、人種差別の話02

 「黄色い肌に白人の服か、みっともねえ」など尾添さんと叔母さんを侮辱する男性たち。尾添さんには何を言っているか分かりませんでしたが、南欧へ移住して30年以上、通訳の仕事をしていた叔母さんには分かっていました。「聞こえてんだよ」と毅然と立ち向かいます。


叔母と私と、人種差別の話03


叔母と私と、人種差別の話04

 叔母さんは差別について「差別の根本にあるのは孤独と未知の恐怖。彼らは現実に向き合いもせず、軽蔑したり、怯えさせたりすることで自分を守る臆病者」と話し、人種や性に関する差別は個性を否定することなので特に許してはいけないと、思いのたけを語ってくれました。

 このようなことは「残念だけどよくあること」だという叔母さん。尾添さんは、「誰かと違うことは何も怖くないことだとひとりひとりの内側から変えていかなきゃ進まない気がする」「差別は自分自身と向き合う心を忘れていることも原因のひとつだと思う」と結んでいます。

 人種や宗教、性別など、自分と違いのある相手に対し、よく知らないがために先入観で差別してしまう――どこの国でも起こり得ることです。自分と違った人々に何も考えずに拒否反応を示すようなことをせず、その違いは怖いものではないのだと受け止めることができれば、世界はもっと平和になるかもしれません。

 読者からは、毅然とした態度を取れる叔母さんへの「かっこいい」という賛辞や、海外で同様の経験をしたというコメント、「人種差別は悲しいことです。それをなくしていくのには、相互理解が必要なのだと強く再確認しました」といった声が寄せられています。

画像提供:尾添(@ozoekkk)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」