連載
» 2020年07月19日 21時00分 公開

意味がわかると怖い話:「オカダくんへの手紙」(1/2 ページ)

これは、友人のオカダくんの体験談。

[白樺香澄,ねとらぼ]

 普通に読んでいればなんてことないお話。だけどひとたび気づくと、全く違う光景が見えてくる……「意味がわかると怖い話」を紹介する連載です。

意味怖 「オカダくんへの手紙」

「オカダくんへの手紙」

 これは、友人のオカダくんの体験談だ。

 彼の自宅の郵便受けに、毎月25日になると奇妙な手紙が投函されるという。

 切手の貼られていない白い封筒の中に、赤色の折り紙が小さく畳まれて入っている。開くとそこには子どものような崩れた字で「私に会いに来て」とだけ書かれているというのだ。

 オカダくんのマンションはオートロックだが、集合ポストで郵便受けは1階にあり、外部の人間も立ち入ることは可能だ。

「もう4カ月続いているんだ」

 久しぶりに飲みに誘われた居酒屋で、彼はその手紙を見せてきた。

 気味が悪いが、実害がない現状で警察に届けても対応は望めないだろうと彼は言う。マンションの管理会社には「ポストに妙なイタズラをされる」と電話し、巡回を強化すると言われたそうだが、管理人も通いで常駐している訳ではなく、そちらもアテにはならないとため息をついた。

「どう思う? 大学じゃミステリクラブだったんだろ、犯人を推理してくれよ」

 冗談めかした口調も、どこか空元気に聞こえる。

「うーん……封筒にも折り紙にも別に特徴はないし。文面は女っぽい感じだけど、昔の彼女とかじゃないの?」

 普通の便せんではなく、「折り紙」を選んでいることが差出人の正体のヒントなんじゃないか、と私は振ってみた。だがオカダくんは、頭を掻くばかりだった。

「25日って日付には何か心当たりはないの? 例えば、元カノが君のことを忘れられなくてこういうことをしてて、25日はふたりの何かの記念日だったとか」

「別れた女との記念日なんて覚えてないからなぁ」

 そう言ってオカダくんは、半ば困ったように、半ば自身の女性遍歴を誇るように笑った。

 

 その月の25日の夜、オカダくんから電話がかかってきた。

 私が、「手紙の主が25日に来ることは分かってるんだから、今月はその日は会社を休んで1日中、郵便受けを見てたら?」と言ったのを真に受けた彼は、有休をとって日付が変わる直前からずっと、エントランスで集合ポストを見張っていたという。

『でも、今日はそれらしいやつは現れなくてさ。日付も変わるからと思って部屋に戻ったら……』

 オカダくんの声は震えていた。今度は部屋の玄関の隙間に、先回りするように例の手紙が刺さっていたという。

『もしかしたら、相手は人間じゃないのかもしれない……』

「そんな訳ないじゃん」

 彼がことのほか、怯えているので私は明るく言ってみせる。

「キミが見張ってるのに気づいて、郵便受けに入れるのをやめただけじゃないの?」

『じゃあ、犯人はマンションに住んでるやつってことかよ? それはそれでヤバいだろ』

「オートロックのマンションって言っても、住んでる人についていって中に入ることはできるしさ。オカダくんも、ポストは見てても入ってくる人までいちいちチェックはしてないでしょ? ……それとも、相手がこの世のモノじゃないとして、誰か死んだ人に恨まれる覚えでもあるの?」

『……それは、ないけどさ』

 話しているうちに落ち着いてきたらしい。来月も様子を見て、手口がエスカレートするようならまた警察に行った方が良いと私が言って、通話は終わった。

 

 その翌月の25日のことだ。仕事が遅くなったオカダくんは、家路を急いでいた。

 彼の自宅マンションは大通りから一本入ったところにあるのだが、その、マンションのすぐ前の路地に黒いワンボックスカーが道を塞ぐように停まっていた。

 オカダくんは舌打ちして、体を斜めにして車の脇をすり抜けようとする。

 その瞬間、車のスライドドアが開いて、オカダくんの体は中に引きずり込まれた。

 ドアが閉められ、オカダくんの背後で声がした。

「あの子に会いに行こうね」

 

 それきりオカダくんは失踪した。ご両親が上京してきて尋ね人のビラを配ったり、友人知人に話を聞きに回っていたようだが、彼が見つかったという話は聞こえてこない。

 これでオカダくんの話は終わりだ。尻切れトンボだが、現実なんてこんなものだ。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  5. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  8. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news053.jpg アニメ界に衝撃を与えたクソアニメ「ポプテピピック」まさかの再放送決定 TOKYO MXなどで10月から

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」