あらすじは短くあってくれ! ネタバレ嫌いがおすすめする「一行のあらすじで見たくなる映画」8選

ライター・城戸の映画コラム。

» 2020年08月08日 19時00分 公開
[城戸ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「映画のあらすじ」ってどの程度詳しく説明するのがベストなんでしょうか。個人的には短ければ短いほど良いと思っています。

 公式のあらすじに序盤30分の展開が全部書かれているような作品もありますが、なんとなく損した気分になっちゃうんですよね。極端な話「タイタニックが沈む」って周知の事実もマジで知らなければ衝撃の展開として楽しめるはずなんです。できることなら「レオナルド・ディカプリオがでっけー船に乗ります!」くらいの前情報で見たかった。

 しかし、それでは誰も興味を持たないのが悲しい現実……。かくいう僕もコラムを書くにあたり多くを語らないよう注意していますが、短すぎても「見たい!」と思ってもらえないような気がして、いつも塩梅(あんばい)に悩んでしまうんですよね。



 そんな「あらすじ」事情の煩わしさからたまには逃げ出したい! ということで今回は「たった一行のあらすじで見たくなる映画」を紹介していきます。ネタバレNG原理主義の人も安心してお読みください。


「ファイナル・デスティネーション」

【あらすじ】九死に一生を得たはずが別の原因で死んでいく人たち



 とにかくいっぱい人が死ぬホラー映画「ファイナル・デスティネーション」シリーズ。各作品は登場人物もシチュエーションも異なりますが、とある「死のルール」だけは一貫しています。それは「死の運命からは逃れられない」というもの。一度は死から逃れた人物たちが、また別の死因で次々と命を落としていくのです。

 まるで死神の仕業とでも言わんばかりに襲い掛かる死のピタゴラスイッチ。「登場人物は死の運命から逃げ切れるのか?」という手に汗握るドラマはもちろん、予想もつかないアクロバティックな死に様も本作の魅力です。「1」はシリーズの中でもグロ描写も控え目なので、ホラーが苦手な人でもサスペンスとして楽しめると思います。



「ロード・トリップ」

【あらすじ】浮気相手とのセックステープを彼女に郵送しちゃった



 むしろあらすじを2行以上で説明する方が難しい! かつてのコメディ監督トッド・フィリップスによるロードムービーの傑作です。バカな大学生たちのわちゃわちゃは、見てるこっちの知能指数まで下がっていくような気がします。「市外局番が違うなら浮気じゃないんだぜ」。

 低レベルな下ネタに不衛生なギャグ、そしてお色気もふんだんに含まれる、とにかく下品極まりない内容ですが、およそ20年後に「ジョーカー」を撮る監督だと知った上で鑑賞すると感慨深いかもしれません。



「パージ」

【あらすじ】1年に1度、すべての犯罪が許される夜



 こんなに興味をそそられる設定もそうそう無いでしょう。どんな悪事が飛び出すのか、自分だったら何をするか、つい想像してしまうはず。

 ところが蓋を開けてみれば単なる立てこもりスリラーだった……というギャップから批判的な感想も多い作品ですが、僕は大好きです。そりゃあ暴徒が出歩いている中、一般人にできることなんて家に立てこもるくらいでしょう。

 「パージ」は3部作となっており、「2」以降では主人公が変わり、前述した設定やアクション要素が色濃くなっていきます。だからこそ小市民的な視点から描かれる「1」が輝く側面もありますので、ぜひ「3」まで一気に鑑賞してみてほしい作品です。



「ディザスター・アーティスト」

【あらすじ】クソ映画ができあがるまで



 海外では超有名なクソ映画「The Room」の製作過程を描いた作品。トミー・ウィソーという男の生き様に心打たれる内容となっており、同時に映画の舞台裏の風景も楽しめるというお得な作品です。クソ映画をネタにして遊ぶのが大好きなインターネットの皆さんは大いに楽しめること間違いなし。

 最初はバカにしか見えないのに、いつの間にかリスペクトせずにはいられなくなる不思議な魅力を持ったトミー・ウィソーの半生。何かに情熱を持つことの尊さを学べる作品です。



「キッズ・リベンジ」

【あらすじ】普通に殺すタイプのホーム・アローン



 もはやあらすじではありませんが、まさに的確な表現だと思います。殺人にためらいのないサイコ児童が主人公。そんな彼が、マコーレーカルキンよろしく悪人をトラップにはめて次々と殺していく様はまさに大人のホームアローンといえるでしょう。

 弟のサイコな一面に翻弄(ほんろう)され続ける姉の姿も見どころのひとつ。執行者が誰であれ、悪人が報いを受けるのはやはり見ていて気持ちが良いものです。



「ラディウス」

【あらすじ】その男の半径15メートルに入ると死ぬ



 なんで? くさすぎるから?

 もちろん理由は説明しませんので、自分の目で確かめてみてください。この設定だけで90分引っ張るという、良くも悪くも突き抜けた内容です。低予算かつ淡々とした描写が人を選ぶ作品ではありますが、要所にセンスが光ります。ちょっと変わったSFやミステリーが見たい方におすすめです。



「リアリズムの宿」

【あらすじ】企画者が寝坊したせいで、あんまり知らない人との2人旅になってしまいました



 つげ義春の原作漫画を映画化した作品。当時27歳とは思えない、山下敦弘監督の卓越したセンスが光る逸品です。ごく平凡な男2人組による旅行の様子が描かれるだけなのに、それがめちゃくちゃ面白いんですねえ。構図やセリフ回しのセンスに、誰しも身に覚えがある普遍的な題材。タイトルにあるリアリズム、言い換えれば「人間臭さ」にが心に染み入ります。

 日本語が母国語でよかったと感じるくらいセリフが良い。これが洋画だったら字幕を呼んでも細かいニュアンスは理解できなかったわけで……。そう考えると英語も覚えたくなりますね。ハロー、グッバイ。くるりによる主題歌も、物語とマッチしていて非常にいいですよ。



「恐怖の報酬」

【あらすじ】ニトログリセリンと行く地獄のジャングルクルーズ



 1977年、ウィリアム・フリードキン監督作。

 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による1953年の同名映画のリメイクです。とにかくギラギラした男たちの顔が印象的な作品。

 ほんの少しの衝撃で爆発してしまうニトログリセリンを大金と引き換えに運ぶ男たち。それぞれのバックボーンを抱えた彼らには、常に死の恐怖がつきまといます。爆発と隣り合わせの状況が生む極限のドラマ。ジャケットにもなっている、トラックで吊り橋を渡るシーンはただただ圧巻。かの「エクソシスト」を作り上げたフリードキンの優れた演出により、全編とてつもない緊張感に包まれた内容となっています。こんないい映画を教えてくれたツタヤの発掘良品には感謝しかありません。





 スパっと簡潔なあらすじながら、一言では語りつくせない魅力を持つ作品をご紹介しました。一見すると単純でも、中身は非常に奥深かった……というのは、映画に限った話ではありません。何事も自分の目で見て本質を知ることが大切です。ぜひご鑑賞ください。

城戸

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」