ニュース
» 2020年08月13日 19時15分 公開

東京ディズニーリゾート、チケットの価格変動制導入を検討 海外パークでは? 年パスはどうなる?

「新たなチケット戦略」を検討中とのこと。

[ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、パスポート(チケット)に価格変動制の導入を検討していると8月13日の読売新聞朝刊が報じ、SNSで注目が集まっています。

TDR パスポートの価格変動制導入を検討 東京ディズニーランドのシンデレラ城

 価格変動制(ダイナミック・プライシング)は、来場者の需要の見込める日は価格を上げるなど、データに基づき価格を変動させる戦略。国内のテーマパークでは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが導入しているほか、プロ野球などスポーツの観戦チケットなどでも使用されています。

 以前から価格変動制の採用を検討していたオリエンタルランド。価格設定によっては、客単価を向上できるほか、「密」を回避できる可能性もあるため、この機に価格変動制を導入するのは自然な流れに思われます。

TDR パスポートの価格変動制導入を検討 中長期的な成長に向けた、オリエンタルランドの今後の動き(2021年3月期 第1四半期決算説明会資料より)。単価向上の項目に「新たなチケット戦略の検討」が挙げられている

 現在、東京ディズニーリゾートのパスポートは日程に関係なく一律で、大人8200円。東京・香港以外の海外のディズニー・パークでは、パーク側が設定した繁忙期・閑散期に合わせた価格変動制を導入しています。

 また、海外では年間パスポートもブロックデー(入園不可日)の多さによって価格が異なる数種類をラインアップしており、日本で価格変動制が導入された際には、これにならったシステムになることも考えられます。

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による休園中に価格改訂が行われ、値上げの一途をたどる東京ディズニーリゾートのパスポートですが、実は世界のパークの中では安い部類。

 価格変動制が導入された際には、閑散期は現在よりもお手ごろになるのか、それとも、価格は据え置きで、繁忙期の値段が上がるのか? 休園やコロナ対策で苦境のオリエンタルランドの動きに注目です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響