ニュース
» 2020年09月10日 20時00分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】「砂肝を猫にドロボウされて、窒息死しかけたことがあります」というお医者さんのお話(1/2 ページ)

原因の軽さと結果の重さが全然かみ合わない感じがするのも、窒息事故の怖さ?

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「サザエさんのOP曲みたいな展開から窒息死しかけた」お話を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかりおうちで死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。

砂肝くわえた飼い猫、叱ろうとして……



 砂肝を猫にドロボウされて、死にかけたことがあります。

―― あるんですね、そんなことが。

 一人暮らしなのですが、開いただけの砂肝を焼き、食べようと口に入れたとき、うちの猫が皿の上の砂肝をドロボウしたんです。慌てて叱ろうとした瞬間、全く噛んでいない砂肝がポコッと喉にハマってしまいました。

 息が吸えずヤバい、と思いました。

 「せきをすれば出るのでは?」と思われるかもしれませんが、せきは息が吸えないと全く出ないんです! 「前動作として人は息を吸わないといけないんだ」と納得し、「これが窒息という状態なんだ」と悟りました。

―― その後、どうやって助かったんでしょうか?

 こんなどんくさい奴ですが、一応医療者の端くれですので、セルフでハイムリッヒ法(※)をやってみました。1回目はダメ。でも2回目で、喉から砂肝が外れて助かりました。今でも時々「もしもあそこでうまくいかなかったら、猫と砂肝を取り合って窒息という何とも残念な死に方をしていた」と思い出します。

※ハイムリッヒ法:「ハイムリック法」「腹部突き上げ法」などとも呼ばれる窒息時の応急処置。やり方は日本医師会のWebサイトなどに詳しく掲載されています


こんな感じで気道に詰まった異物を除去するのがハイムリッヒ法。どこかで習った覚えがある人も多いのでは?

―― ちなみに、“医療者の端くれ”というのは?

 こんなエピソードなので恥ずかしいのですが、一応医者です。今はあまり救急と関わらないところにいますが、以前は急性期病院で救急対応をしていました。

 ハイムリッヒ法はネットでも検索すると出てきますが、「腹部を圧迫して腹圧を一気に上げる→胸腔内圧が上がり、結果的に息を吐き出す圧で気道異物を押し出す」という窒息の基本対処法です。窒息した人の腹部に手を回し、拳でお腹をグッと押すという、窒息現場で用いられる簡単な手技ですね。

 あのとき、「セルフでハイムリッヒ法をやってみました」というのは、要は自分で両手を組んで強くお腹を押しただけです(ハイムリッヒ法とか言うと、何かと思われたかもしれませんが……)。とっさに自分でやって何とかならないか、とやってみたら取れた、という感じです。もう少し小さい塊で奥まで入ったら、ダメだったかもしれません。

 窒息は単に息苦しいというのとは全く違う体験で、ことなきを得た後では貴重な経験した、とも思えますが、二度と味わいたくないです。でも、あまりに間抜けやわ、と自分でも思ったので時々ネタにしています。

 ちなみにハイムリッヒ法には腹部臓器を傷つける可能性があり、息ができているのならば効果も期待できないので、喉に引っ掛かった程度でしてはいけないと思います。しかし、本当に窒息したときは1秒でも早い異物除去が最優先ですので、やり方を知っていて損はありません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」