ニュース
» 2020年08月31日 21時30分 公開

【アマプラ見放題】ホラー映画ならコレを見ろ! 編集部がオススメする「来る」からピラニア・サメ系ホラーまで(2/2 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

来る


来る (C)2018 「来る」製作委員会

 アマプラで解禁されてから「霊能力者大集結」「柴田理恵かっこいい」と話題の『来る』。原作の「ぼぎわんが、来る」を先に読んだんですがとても怖くて、読み終わった後表紙の「ぼぎわん」の文字すら怖くなり、1冊だけ背表紙を外に向けずに本棚に入れています。

 原作小説は終盤に進むにしたがって、人間の怖さと霊的なものの怖さがどちらもどんどん上がっていくのですが、映画版はその怖さをエンタメ性で綺麗にコーティングしてある感じ。中島監督ならではのテンションの高い作画も相まって、謎のアッパー感と共にクライマックスを迎えらるので、私含め怖がりな人間であってもグロが苦手でなければ楽しく鑑賞できます。(小林)



カルト


カルト

 貞子と伽椰子を激突させる「貞子vs伽椰子」の白石晃士監督が手掛けたフェイクドキュメンタリー(モキュメンタリ―)ホラー。心霊番組に出演することになったあびる優(本人出演)たちがヤバい悪霊と遭遇する。霊能力者たちが次々に敗れる中で最後に現れるNEOさまaka三浦涼介の全てがよすぎて視聴後さわやかな気持ちになります。(アオヤギ)



リング


リング (C)1998 「リング」「らせん」製作委員会

 Jホラーの立役者といえば、やっぱり貞子さん。派生作品が多いだけに意外と1作目を見てないという人も多いのでは? “ビデオテープ”や“テレビ”といった現代的な製品から這い出てくる様は今見ても異様。ミステリー風味な展開も単純に面白く、怖いのに売れちゃうわけだ……という納得感があります。(福田)



哭声/コクソン


コクソン (C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

 だいぶ前に見たんだけど、國村隼がハダカで生肉食べてたことと、とにかく面白かったことは覚えています。(池谷)



【吹き替え版はこちら

ピラニア


ピラニア (C)2010 THE WEINSTEIN COMPANY,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

 夏! ビキニ! リア充! ピラニア! 不健全を鍋で煮込んだら血の海になった、悪趣味な1本が見たい日にはうってつけの作品。血が本当にいっぱい出るので、苦手な人はご注意を。圧倒的なピラニアを前にすると人類は笑うしかなくなる。(福田)



シャーク・ナイト


シャーク・ナイト (C)2011 INCENTIVE FILM PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ビーチ、水着の美女、イケメンというサメ映画3原則を守ったどこにでもある普通の作品のようですが、本作では「サメが人間を食うところ……配信します!」という頭のおかしい奴らが敵役として登場。現代で本当にありそうな題材を交えたストーリーが展開します。

 多種多様なサメが登場する本作では、砂を泳いだり、空を飛んだりする不思議サメは出てきませんが、「血と肉に飢えたサメ」という生物本来の怖さが描かれています。そこに「ファイナル・デスティネーション2(邦題:デッドコースター)」を手がけた監督デヴィッド・エリスならではのユーモアを交えて、すごく真面目(?)なB級サメ映画に仕上げられています。

 「ひと夏をイチャコラ過ごそうとするリア充たち vs サメ」という視点だけでなく、「猟奇殺人鬼が配信者になったら」という視点でも面白い作品です。(春山優花里)



【吹き替え版はこちら

ゲット・アウト(見放題じゃないけどおすすめ)


ゲット・アウト (C) 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

 両親にあいさつするため彼女の実家に行ったらめっちゃ怖い目に遭うお話。白人家庭の中で黒人は主人公1人だけ。「両親は偏見とか無いから」なんて彼女は言うが、形容し難い居心地の悪さが家中に充満している。そして「黒カビの生えた地下室」の秘密が明かされるとき、居心地の悪さは恐怖へと変貌する。自身もアフリカ系アメリカ人としてのルーツを持つジョーダン・ピール監督による、差別の眼差しをホラーに変換した傑作。と、ここまで書いて「ゲット・アウト」が有料配信だったことに気付きました!!!(しかし課金して見ても損はない作品です) 同じ監督の新作「アス」は見放題です。こっちも怖いよ!(福田)



【吹き替え版はこちら



【吹き替え版はこちら





 まだまだ暑い日が続きそうですが、ホラー映画で背筋までひんやりしましょう……。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  3. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  4. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  5. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  6. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  8. /nl/articles/2208/14/news008.jpg 人間に育てられた保護カラスに、野生のカラスが近づき…… 友だちになれそうな2羽の出会いにドキドキする
  9. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  10. /nl/articles/2208/13/news063.jpg 「猫が無事で良かった」「世界一バカバカしい事故」 駐車場からバックで出ようとした女性ドライバーが車外へ →盛大にやらかす

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい