ニュース
» 2020年09月04日 18時30分 公開

日本人スポーツ選手で1番年収が高いのは? 「日本人アスリート年収ランキング 2020年版」公開

男女1位がダントツだ。

[ねとらぼ]

 デジタルマーケティングを手掛けるZo Digital JapanとBonusFinderが「日本人アスリート年収ランキング 2020年版」を公開しました。日本で高額年俸をもらっているスポーツというと野球のイメージが強いですが、トップ1は違うスポーツのようです。

日本人アスリート年収ランキング 2020年版 日本人アスリート年収ランキング 2020年版(制作:Zo Digital Japan、BonusFinder)。男女別トップ10の選手20人を比較しています

 女性スポーツ選手でトップになったのは、テニスの大坂なおみ選手で、年収は約40億円でした。大会賞金のほか、NIKEとのアパレル契約や、15社ものスポンサーからの収入が大きいようですね。なお、大坂選手は世界で最も収入が高い女性アスリートでもあります。

 男性トップは、テニスの錦織圭選手。年収は約39億円です。錦織選手の契約スポンサー数は16社。スポンサー契約で得ている収入は35億円だと言われているとのこと。

 男性2位は野球の田中将大投手で、年収は約23億3200万円でした。日本で人気が高く、契約更改などの報道もさかんな野球ですが、テニス選手とは大きく差がつく結果となっています。

 これは、全世界のテニスの競技人口が1億1000万人(スポーツ・マーケティング・サーベイ調べ)であるのに対し、野球は3500万人(国際野球連盟調べ)であることや、少人数でプレイするスポーツであることが大きく影響していると考えられます。

日本人アスリート年収ランキング 2020年版 競技別・年収ランキングにランクインした選手数

 競技別に見てみると、男女トップ10位にランクインしたアスリートの競技で一番多かったのは、野球で6人でした。2位はゴルフとサッカーで3人、4位はテニスとなっています。

 世界的に見ると、年収が1番高いのはやはりテニスのロジャー・フェデラー選手(約114億円、フォーブス調べ)であるもの、上位にはバスケットボールやナショナルフットボールの選手が数多くランクインしており、プロスポーツの人気によって年収が大きく異なることがよくわかります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」