ニュース
» 2020年09月26日 09時00分 公開

静岡駅「うなぎめし」(1700円)〜東海の親不知・大崩海岸

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年9月11日)

駅弁 N700S新幹線電車「こだま」、東海道新幹線・静岡〜掛川間

東海道新幹線を颯爽と走るN700S新幹線電車。

この時間は、新幹線の各駅に停まる「こだま」としてやって来ました。

「こだま」は、静岡駅を出て安倍川を渡ると、左へ大きくカーブを描きます。

ここから日本坂トンネルの手前までが、海側A席からも富士山が見える一瞬の間。

もちろん、空気が澄んだ天気がいい日限定のスペシャルな車窓です。

駅弁 大崩海岸

この日本坂トンネルがあるのは、かつては「東海の親不知」とも言われた大崩海岸。

静岡市駿河区と焼津市の境に位置する、約4Kmの勇壮な海岸線で、天気がよければ、駿河湾越しに富士山や伊豆半島が見える景勝地として知られています。

ただ、「大崩」の名の通り、崩落が多い海岸としても知られ、かつての国道150号も犠牲者を出した崩落事故をきっかけに、海上に迂回する道路が新たにつくられたほどです。

(参考)焼津市、国土交通省ホームページほか

駅弁 旧石部トンネル坑門跡
駅弁 旧東海道本線跡

大崩海岸とは、東海道本線も明治22(1889)年の開業以来、格闘を続けてきました。

昔はいまよりも海側を通っていましたが、昭和19(1944)年からは、弾丸列車計画で掘られた日本坂トンネルに移り、新幹線工事に伴って、現在のルートになったと言います。

当時の坑門跡は、昭和23(1948)年のアイオン台風で被災して以降、崩落が続いており、荒波にも洗われて、時代が下るにつれ、だんだんと自然に返りつつあるかのようです。

(参考)リニア・鉄道館「東海道新幹線の誕生」、「鉄道ピクトリアル」2013年2月号ほか

駅弁 旧石部トンネル

この区間を列車が走ったのは、明治の半ばから昭和の戦前にかけての約55年間。

煙をモクモクと吐き出す蒸気機関車がけん引する列車から、ほんの一瞬顔をのぞかせていた駿河湾は、さぞ美しかったことでしょう。

なお、東海道本線・静岡〜浜松間の電化は、昭和24(1949)年ですから、5年近くの間、いま新幹線が駆け抜けている日本坂トンネルを、蒸気機関車が走っていたわけですね。

駅弁 うなぎめし

さて、東海道本線と共に発展してきたと云われるのが、静岡のうなぎ。

浜名湖周辺や大井川流域では、盛んに養殖が行われ、昭和の高度経済成長期には、静岡県は日本一の生産量を誇りました。

時代が移っても、せっかく東海道を旅するなら、駅弁は「うなぎ」という方も多いハズ。

いまも静岡駅弁「東海軒」では、「うなぎめし」(1700円)が販売されています。

(参考)静岡県ホームページほか

駅弁 うなぎめし

【おしながき】

  • ご飯
  • うなぎの蒲焼き
  • 玉子焼き
  • 山葵菜
  • たれ
  • 山椒
駅弁 うなぎめし

昭和4(1929)年発売と言いますから、90年以上の歴史を誇る駅弁「うなぎめし」。

東海軒によると、最大のこだわりは味付けなのだそう。

昔から受け継がれてきたという、秘伝の甘辛のたれで焼き上げられたうなぎの蒲焼きが、白いご飯の上に載り、お好みでたれをプラスして、より香ばしくいただくことができます。

戦前、大崩海岸を間近に眺めて、この駅弁をいただいた旅人がいたかも知れません。

駅弁 313系電車・普通列車、東海道本線・用宗〜焼津間

自然を前にしながら、より安全で快適な路線を目指し、改良が続けられる鉄道路線。

130年あまりの歴史を誇る東海道本線では、御殿場経由が熱海経由に変わったり、勾配を緩和した別の線路が造られるなど、全区間でさまざまな改良が行われています。

東海道新幹線でビュンと移動するもよし、ときには在来線で途中下車と駅弁を楽しみつつ、古の旅人たちに思いを馳せるのもまた、味わい深い旅になることでしょう。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」