静岡駅「うなぎめし」(1700円)〜東海の親不知・大崩海岸

» 2020年09月26日 09時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年9月11日)

駅弁 N700S新幹線電車「こだま」、東海道新幹線・静岡〜掛川間

東海道新幹線を颯爽と走るN700S新幹線電車。

この時間は、新幹線の各駅に停まる「こだま」としてやって来ました。

「こだま」は、静岡駅を出て安倍川を渡ると、左へ大きくカーブを描きます。

ここから日本坂トンネルの手前までが、海側A席からも富士山が見える一瞬の間。

もちろん、空気が澄んだ天気がいい日限定のスペシャルな車窓です。

駅弁 大崩海岸

この日本坂トンネルがあるのは、かつては「東海の親不知」とも言われた大崩海岸。

静岡市駿河区と焼津市の境に位置する、約4Kmの勇壮な海岸線で、天気がよければ、駿河湾越しに富士山や伊豆半島が見える景勝地として知られています。

ただ、「大崩」の名の通り、崩落が多い海岸としても知られ、かつての国道150号も犠牲者を出した崩落事故をきっかけに、海上に迂回する道路が新たにつくられたほどです。

(参考)焼津市、国土交通省ホームページほか

駅弁 旧石部トンネル坑門跡
駅弁 旧東海道本線跡

大崩海岸とは、東海道本線も明治22(1889)年の開業以来、格闘を続けてきました。

昔はいまよりも海側を通っていましたが、昭和19(1944)年からは、弾丸列車計画で掘られた日本坂トンネルに移り、新幹線工事に伴って、現在のルートになったと言います。

当時の坑門跡は、昭和23(1948)年のアイオン台風で被災して以降、崩落が続いており、荒波にも洗われて、時代が下るにつれ、だんだんと自然に返りつつあるかのようです。

(参考)リニア・鉄道館「東海道新幹線の誕生」、「鉄道ピクトリアル」2013年2月号ほか

駅弁 旧石部トンネル

この区間を列車が走ったのは、明治の半ばから昭和の戦前にかけての約55年間。

煙をモクモクと吐き出す蒸気機関車がけん引する列車から、ほんの一瞬顔をのぞかせていた駿河湾は、さぞ美しかったことでしょう。

なお、東海道本線・静岡〜浜松間の電化は、昭和24(1949)年ですから、5年近くの間、いま新幹線が駆け抜けている日本坂トンネルを、蒸気機関車が走っていたわけですね。

駅弁 うなぎめし

さて、東海道本線と共に発展してきたと云われるのが、静岡のうなぎ。

浜名湖周辺や大井川流域では、盛んに養殖が行われ、昭和の高度経済成長期には、静岡県は日本一の生産量を誇りました。

時代が移っても、せっかく東海道を旅するなら、駅弁は「うなぎ」という方も多いハズ。

いまも静岡駅弁「東海軒」では、「うなぎめし」(1700円)が販売されています。

(参考)静岡県ホームページほか

駅弁 うなぎめし

【おしながき】

  • ご飯
  • うなぎの蒲焼き
  • 玉子焼き
  • 山葵菜
  • たれ
  • 山椒
駅弁 うなぎめし

昭和4(1929)年発売と言いますから、90年以上の歴史を誇る駅弁「うなぎめし」。

東海軒によると、最大のこだわりは味付けなのだそう。

昔から受け継がれてきたという、秘伝の甘辛のたれで焼き上げられたうなぎの蒲焼きが、白いご飯の上に載り、お好みでたれをプラスして、より香ばしくいただくことができます。

戦前、大崩海岸を間近に眺めて、この駅弁をいただいた旅人がいたかも知れません。

駅弁 313系電車・普通列車、東海道本線・用宗〜焼津間

自然を前にしながら、より安全で快適な路線を目指し、改良が続けられる鉄道路線。

130年あまりの歴史を誇る東海道本線では、御殿場経由が熱海経由に変わったり、勾配を緩和した別の線路が造られるなど、全区間でさまざまな改良が行われています。

東海道新幹線でビュンと移動するもよし、ときには在来線で途中下車と駅弁を楽しみつつ、古の旅人たちに思いを馳せるのもまた、味わい深い旅になることでしょう。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」