富山駅「ますぶりすし重ね」(3000円)〜富山名物「ますのすし&ぶりのすし」を一度にいただくことができる駅弁

» 2020年09月27日 09時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年5月27日)

駅弁 キハ40形気動車・快速「ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)」、氷見線・越中国分〜雨晴間(2018年撮影)

富山湾越しの立山連峰をバックに走るディーゼルカーは、氷見線(高岡〜氷見間)、城端線(高岡〜城端間)の観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」。

フランス語で「美しい山と海」の意味で、「べるもんた」の愛称で親しまれています。

北陸新幹線が金沢開業した年・平成27(2015)年から週末を中心に運行されていますが、残念ながら、5/27現在は運休が続いています。(※2020年8月1日に運転再開

(参考)JR西日本ホームページ、ニュースリリース(2020年4月7日分)

駅弁 源オンラインショップ・ウェブサイト

氷見といえば、冬場の寒ブリに代表される「魚のまち」。

富山の駅弁選びでも、「ますのすし」と「ぶりのすし」のどちらにするか迷ってしまいますね。

でも、引き続き都市部では“ステイ・ホーム”が推奨され、家族と過ごす時間が多いいまなら、富山駅弁「」の「オンラインショップ」で、両方一緒に注文してしまうことも可能。

オンラインショップ内、カテゴリの「ぶりのすし」を選ぶと、関連駅弁が登場します。

駅弁 ますぶりすし重ね
駅弁 ますぶりすし重ね

今回選んだのは、「ますぶりすし重ね」(3000円)。

前回、ご紹介した「ますのすし(二重)」と同じく、通常の「ますのすし(一重)」「ぶりのすし」より少し厚めのパッケージに、少し厚さのある曲げ物が入っています。

この曲げ物には、それぞれ笹の葉に包まれた「ますのすし」が下段、「ぶりのすし」が上段に重なっており、地元の竹と源オリジナルのゴムでギューッと押されながら自宅に届きます。

駅弁 ますぶりすし重ね
駅弁 ますぶりすし重ね

「ますのすし」と「ぶりのすし」を一緒に味わうことができる「ますぶりすし重ね」。

「ぶりのすし」は、“ますのすしに並ぶ、ふるさとの味を作りたい”という気持ちから、3年の歳月をかけて開発された、源・オリジナルの押寿しです。

ます・ぶりの“紅白”の彩りの違いも対照的ですが、一緒に味わうことで、それぞれの寿しの美味しさを感じることができます。

駅弁 ますぶりすし重ね

北陸の郷土の味・かぶら寿しをベースに作られたという「ぶりのすし」。

昭和32(1957)年発案と言いますから、すでに60年以上の歴史があります。

脂がのったぶりと、かぶらの歯ごたえ、人参の彩り、昆布としょうがの隠し味、それぞれのハーモニーが楽しい駅弁。

家で過ごす時間が長いときだからこそ、じっくりと味わいたい伝統の味です。

駅弁 キハ40形気動車・普通列車、氷見線・雨晴〜越中国分間(2018年撮影)

「天然のいけす」とも云われる富山湾。

氷見をはじめ、富山でいただく魚ほど美味しいものはありませんが、東京など都市からの長距離移動が望まれない間は、通信販売のお世話になりたいもの。

旅の高揚感のなかでいただく駅弁と、家でじっくり味わう駅弁。

じつは、この食べくらべも楽しいのが、“Stay at Home”なのです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」