ニュース
» 2020年10月10日 19時55分 公開

「Go To トラベル」で旅行支出は増えている 10月1日の「東京解禁」でどのような影響が?

「Go To トラベル」で旅行への支出は回復傾向に。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 家計簿サービス「Zaim」を運営するZaimが、「都道府県別の旅行関連支出金額」を調査、10月8日にその結果を発表しました。

 外出自粛で大きく低下した旅行関連支出は、9月の4連休、10月の第1週で昨年の同時期とほぼ同じ水準まで回復。一方で、東京を拠点としたレジャーの人気が、去年と比較すると低くなっていることが調査から明らかになっています。


Go To トラベル事業の旅行、レジャー支出 「Go To トラベル事業」宿泊・日帰りの国内旅行の代金総額の1/2相当額を国が支援。給付額の70%は旅行代金の割引に、30%は旅行先の地域共通クーポンとして付与される(Go To トラベル公式サイトより)

 調査の対象となったのは、Zaimを利用している日本全国のユーザーのデータ。「旅行」「電車」「新幹線」「ガソリン」「高速代」「レジャー」「イベント」の項目に入っている支出が調査対象となっています。

 今回の調査で注目した期間は、緊急事態宣言措置を含む、いわゆる自粛期間中の3月21日〜5月31日、9月19日〜22日の、10月3・4日、そしてコロナ禍前である2019年9月、10月5・6日の土日祝日。

 10月1日からは「Go To トラベル事業」の対象に東京都民の都内旅行や東京都を目的地とした旅行が追加されましたが、家計にはどのような影響が出ているのでしょうか。 

旅行にお金を使っているユーザーが多いのは「愛知県」


Go To トラベル事業の旅行、レジャー支出 「旅行関連平均支出の2020年期間比較」

 10月3・4日の1日あたりの支出平均額は1537円で、自粛期間中の9.4倍、9月19〜22日と比べ1.8倍と上昇していることがわかります。前年度の2019年10月5・6日と比べても、同水準まで回復していると言っていいでしょう。


Go To トラベル事業の旅行、レジャー支出 「利用人数人気エリアトップ10の変化状況」ワーストエリアの支出人数を「1.0」とし、各エリアの人気度をグラフ化

 旅行に関連して支出したユーザーが最も多かったエリアは、愛知県、次いで東京都、神奈川県という結果に。

 1位の愛知県は、ワーストの県で支出した人数と比べると、約20倍の人が支出を行っています。一方で、昨年度と比べるとワーストと1位の県との差は縮小しており、旅行・レジャーの行き先として減少傾向にあることがわかりました。

Go To トラベルで支出の変化は?


Go To トラベル事業の旅行、レジャー支出 「自粛期間からの9月連休・10月初週伸び率」自粛期間の支出比率を「1.0」とし、9月の4連休、10月3・4日の伸び率をグラフ化

 旅行に使われた支出の比率を、自粛期間と10月初週の土日を比較したところ、東京都では約2.6倍と大きく伸びていることがわかりました。なお、全国的にも「Go To トラベル事業」のタイミングに合わせて、旅行に関連した支出が増えています。

 「Go To トラベル事業」は、東京都への旅行・レジャーなどへの消費を促すのに一定の効果があったようです。一方で、密を避けるためか、行き先はやや分散傾向にあるなど「with コロナ」ならではのお金の動きも見られました。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.