ニュース
» 2020年10月24日 09時00分 公開

うまい・楽しい・懐かしい 「乗り鉄の宿命」と「ドラえもん電車つながり」で富山へ行ってきました月刊乗り鉄話題(2020年10月版)(1/4 ページ)

たった400メートルを乗りに行く、これが乗り鉄の宿命なのです。名物駅弁「ますのすし」のミュージアムにも行ってきたよ。旨かったです。

[杉山淳一,ねとらぼ]

 2020年10月8日から、西武新宿線で「ドラえもん」をテーマとしたラッピング電車「DORAEMON-GO!」が走り始めました。ブルーの車体は遠くから一目で分かります。もう見かけましたか? 乗りましたか?

ドラえもん DORAEMON-GO! 西武新宿線を走るドラえもんラッピング電車「DORAEMON-GO!(ドラえもん号)」(2020年10月8日運行開始) 先頭車前面がドラえもんの顔、車体はドラえもんの体の色。運転台の下に赤い鼻、ヒゲ、鈴がデザインされている

 DORAEMON-GO!は、アニメ「ドラえもん」の制作会社、シンエイ動画が西武新宿線の田無駅付近にあるという縁で、ドラえもんのコミック連載50周年を記念して誕生しました。アニメーションに理解がある西武鉄道ならではの取り組みです。

 車内広告は11月20日公開の映画『STAND BY ME ドラえもん 2』で埋め尽くされ、車内のモニターにも映像が流れます。この広告ジャックは10月30日まで行われる予定です。

ドラえもん DORAEMON-GO! 元になった車両は「スマイルトレイン」こと30000系(写真=右側の電車)。30000系は西武鉄道のイメージアップのために、女性社員が中心となってデザインされた電車。もともとかわいい電車だからドラえもん向きだったのかも
ドラえもん DORAEMON-GO! 発表会当日はドラえもんも駆け付ける予定でしたが、のび太くんに大変なことが起きたようで残念ながら欠席でした。決して雨にぬれちゃマズいからではないんですよ!! 未来のロボットは防水仕様に決まってるじゃないですか。海底鬼岩城で活躍したし!! あれ、運転室にいるじゃない。こっち見てますね
ドラえもん DORAEMON-GO! 運転指導員(?)のフリをして運転室にいたドラえもんの後ろ姿

北陸にも「ドラえもんトラム」あります→ここでも大人気

 そうそう、ドラえもん電車は富山県でも走っています。高岡市の万葉線という路面電車。「ドラえもんトラム」(関連記事)といいます。2012年から走っているので、西武鉄道のDORAEMON-GO!より8年先輩です。

ドラえもんトラム 富山 富山のドラえもん電車こと「ドラえもんトラム」

 ドラえもんトラムは、富山県高岡市がドラえもんの作者、藤子・F・不二雄さんの出身地という縁で誕生しました。運行開始は2012年。ドラえもんの生誕100年“前”です。

 万葉線の新型車両を加工してドラえもんブルーの車体にし、ドラえもんの首輪をイメージした赤い帯を添えました。ピンク色の乗降ドアは「どこでもドア」です。確かにどこかへ行くための扉ですもんね。前面にはドラえもんのお顔。窓にはのび太くんと仲間たちが描かれ、レギュラー陣が乗っているように見えます。

ドラえもんトラム 富山 車内に入ると天井にのび太とジャイアン
ドラえもんトラム 富山 天井のスネ夫とドラえもん
ドラえもんトラム 富山 そしてしずかちゃん
ドラえもんトラム 富山 ドラえもんのぬいぐるみも乗車。マスク着用を呼びかけていた

 万葉線は高岡駅から北上し、日本海に到達すると東へ進み、越ノ潟に至ります。距離は12.9キロ、所要時間は約50分です。運行間隔は15分。ドラえもんトラムは運行予定が公開されているため、休日はとくに親子連れのお客さんが集まります。前後の電車はガラガラなのに、ドラえもんトラムは大人気。満席でした。ドラえもん人気、ここでもすごかったです。

ドラえもんトラム 富山 万葉線路線図(地理院地図を加工)
ドラえもんトラム 富山 しずかちゃん目線で景色を眺めよう
ドラえもんトラム 富山 終点の越ノ潟駅
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  7. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  8. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  9. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ
  10. /nl/articles/2201/27/news028.jpg 【漫画】子どもが風邪で小児科へ→厳しそうなお医者さんに身構えていると…… 思わぬ暖かい一言に泣かされたママの話

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」