ニュース
» 2020年11月12日 10時35分 公開

国産小麦のうどんが毎月届くサブスク「UDON LAB」 食べ比べで「小麦沼」の世界に誘われよう

ところで、うどんのサブスクって何……?

[しげる,ねとらぼ]

 丸山製麺とうどんライター・井上こん氏が、うどんサブスクリプションサービス「UDON LAB(うどんラボ)」を発表しました。うどんのサブスクって、どういうこと……?


けっこうストイックなうどんのサブスクです

 UDON LABの内容は、月額3000円で毎月品種の違う小麦で作ったうどん2種類が届くというもの。例えば「モチモチ感が強い品種」と「風味が強い品種」のような組み合わせなど、単一品種の小麦で作ったうどんが毎月食べ比べできます。

 うどんに使われる小麦は、国産のものに限定。うどんは冷凍便で届くので、賞味期限などの点も安心です。


国産の小麦で作ったうどんが毎月食べられるぞ!

 1つ気になるのが、小麦によってそこまで味が違うものなのか……という点。

 UDON LABによると、現在日本でうどんに使われている小麦は20品種以上があり、北海道から沖縄まで各地でいろいろな特徴を持った小麦が作られているそうです。

 しかし、実際のうどんの生産においては、価格と品質が安定した輸入小麦と個性的な国産小麦とが混ざったブレンド小麦粉が半数近く使われており、「国産小麦のおいしさや面白さ、品種ごとの食感の違いといった面が知られていない」とのこと。


こんな感じでうどんが届きます

 つまり、UDON LABは、あえて単一種の国産小麦100%で作ったうどんをサブスクリプション形式で毎月届けることで、うどんを小麦から知ってもらおうというサービスなのです。

 毎月送られてくる内容は、うどん2種×2食と、「うどんがもっと愉しくなる! UDON LABレター」。この「UDON LABレター」には、届いたうどんに使われている小麦の品種の紹介や、おすすめのレシピ、育成者や実需者へのインタビューなどを掲載予定です。また、初回には特典として「系譜図つき! UDON LAB入会証」もついてきます。

 UDON LABでは、限定インスタグラムや、LABメンバー限定の小麦畑や製粉会社の見学会や品種ごとの食べ比べイベントなど、今後の企画も検討しているとのことです。

 UDON LABは、CAMPFIREコミュニティのUDON LABページから入会可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」