ニュース
» 2020年11月12日 10時35分 公開

国産小麦のうどんが毎月届くサブスク「UDON LAB」 食べ比べで「小麦沼」の世界に誘われよう

ところで、うどんのサブスクって何……?

[しげる,ねとらぼ]

 丸山製麺とうどんライター・井上こん氏が、うどんサブスクリプションサービス「UDON LAB(うどんラボ)」を発表しました。うどんのサブスクって、どういうこと……?


けっこうストイックなうどんのサブスクです

 UDON LABの内容は、月額3000円で毎月品種の違う小麦で作ったうどん2種類が届くというもの。例えば「モチモチ感が強い品種」と「風味が強い品種」のような組み合わせなど、単一品種の小麦で作ったうどんが毎月食べ比べできます。

 うどんに使われる小麦は、国産のものに限定。うどんは冷凍便で届くので、賞味期限などの点も安心です。


国産の小麦で作ったうどんが毎月食べられるぞ!

 1つ気になるのが、小麦によってそこまで味が違うものなのか……という点。

 UDON LABによると、現在日本でうどんに使われている小麦は20品種以上があり、北海道から沖縄まで各地でいろいろな特徴を持った小麦が作られているそうです。

 しかし、実際のうどんの生産においては、価格と品質が安定した輸入小麦と個性的な国産小麦とが混ざったブレンド小麦粉が半数近く使われており、「国産小麦のおいしさや面白さ、品種ごとの食感の違いといった面が知られていない」とのこと。


こんな感じでうどんが届きます

 つまり、UDON LABは、あえて単一種の国産小麦100%で作ったうどんをサブスクリプション形式で毎月届けることで、うどんを小麦から知ってもらおうというサービスなのです。

 毎月送られてくる内容は、うどん2種×2食と、「うどんがもっと愉しくなる! UDON LABレター」。この「UDON LABレター」には、届いたうどんに使われている小麦の品種の紹介や、おすすめのレシピ、育成者や実需者へのインタビューなどを掲載予定です。また、初回には特典として「系譜図つき! UDON LAB入会証」もついてきます。

 UDON LABでは、限定インスタグラムや、LABメンバー限定の小麦畑や製粉会社の見学会や品種ごとの食べ比べイベントなど、今後の企画も検討しているとのことです。

 UDON LABは、CAMPFIREコミュニティのUDON LABページから入会可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」