ニュース
» 2020年11月29日 12時50分 公開

漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」 (1/2)

鋭い。

[コンタケ,ねとらぼ]

 コミカライズ「幼女戦記」作者の東條チカさん(@yooochika)が、職業を隠してマンガ教室へ通うことになった話が大変興味深い内容と見事なオチとなっています。新たな技術を身に着けるはずだったのですが……?


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter 窮地の東條チカさん

 まだ世間でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)が騒がれていないころ、東條さんは「コミックスタジオ(コミスタ)・クリップスタジオ(クリスタ)非互換問題」により窮地に陥っていました。東條さん自身はコミスタユーザーなのですが、同ソフトはすでにクリスタを後継ソフトとしてサポートを終了。スタジオに入ってくる新人はみなクリスタを使っており、両ソフトの原稿データは完全に互換しておらず無駄な労力が発生していました。

 東條さんはコミスタを捨てクリスタに乗り換える決意をしますが、今から使い方を覚えるのは難しく、スタッフのリソースを削って教えてもらうわけにもいかず……。そんな時、クリスタも扱っているという駅前漫画教室の広告が目に入り、職業を隠して通うことになったのでした。


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter 決意

 漫画教室初日、「脱サラして漫画家になろうと思っています」といろいろダイナミックな自己紹介をして講習スタート。初日は魅力的なキャラクターの作り方など、翌週はプロットやネーム、その翌週はコマ割りと視線誘導などの講座を受けることに。通常の仕事をしながらマンガ教室に通う、ハードスケジュールをこなす東條さんは、思うのでした。クリスタはまだか……ッ!?


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter クリスタ講座始まらず……!

 それでも受講に励んでいたある日、「持ち込みを想定したネームを作る」ことになりました。これまで持ち込みをしたことのなかった東條さん、良い人生経験になりそうと本来の目的とは別の意義を発見。仕事の原稿より真面目にネームを切り励みます。

 出来上がった話は、冷戦終結時の混乱で偶然にも核弾頭スイッチを手に入れてしまったシチリアマフィアを描いたもの。渋すぎる。講師の評価は「そつなくまとまっていて面白いがコマ割りが大ざっぱ。そして登場人物ほぼ全ておじさんなのが致命的で編集会議で敗北する」。なんてこったい。


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter 厳しい指摘

 そこで、ファミリーのボスである主人公を10代の少女にするという幼女戦記的なアイデアを提案すると、「それはとても良いですね!! 一気に作品の色が変わりますよ」と好感触。東條さん「同士カルロ(幼女戦記原作者)やはり天才か……!!」

 そして先生はこのネームとアイデアから、持ち込むなら「KADOKAWAなんてどうでしょうか」と大変ピンポイントな提案が。コミカライズ幼女戦記、KADOKAWAから好評出版中……!


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter !?

 持ち込んで知り合いの編集に当たってしまったらどう説明したものかと焦る東條さんですが、実際に持ち込む必要はないとのこと。ただ、ネームは実践的に目的を持ってやった方が良いということでした。目的……そう、目的!! クリスタ!!


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter クリスタァ!!

 というわけで早くクリスタを触ってみたいと提案するのですが、まずは基礎からということあに。言っている事自体は正しいため素直に従う東條さんでしたが、時を同じくして新型コロナが流行してしまいます。結局、クリスタを習う前に通えなくなり後は独学となってしまったのでした。現在は、よく分からないままクリスタを使い続けているとのこと。なお、バレ防止の為内容にはフェイクも混ぜているそうです。

 一連の出来事にネット上では、「見てる方はとてもドキドキして楽しかったですww」「目的のクリスタ習得は達成ならずっっっ…!」「コロナがなかったら今でも通っていたと思うと、卒業のタイミングでどうなっていたのか気になります」「事実は漫画よりも奇なり」「すべらんなぁ」といった声が寄せられていました。

 なお、現在は職業を偽った罪悪感が時間がたつに連れ重くなってきたため、もう1度通うことは考えていないそうです。

画像提供:東條チカさん(@yooochika


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン