ニュース
» 2020年11月29日 12時50分 公開

漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」(1/2 ページ)

鋭い。

[コンタケ,ねとらぼ]

 コミカライズ「幼女戦記」作者の東條チカさん(@yooochika)が、職業を隠してマンガ教室へ通うことになった話が大変興味深い内容と見事なオチとなっています。新たな技術を身に着けるはずだったのですが……?


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter 窮地の東條チカさん

 まだ世間でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)が騒がれていないころ、東條さんは「コミックスタジオ(コミスタ)・クリップスタジオ(クリスタ)非互換問題」により窮地に陥っていました。東條さん自身はコミスタユーザーなのですが、同ソフトはすでにクリスタを後継ソフトとしてサポートを終了。スタジオに入ってくる新人はみなクリスタを使っており、両ソフトの原稿データは完全に互換しておらず無駄な労力が発生していました。

 東條さんはコミスタを捨てクリスタに乗り換える決意をしますが、今から使い方を覚えるのは難しく、スタッフのリソースを削って教えてもらうわけにもいかず……。そんな時、クリスタも扱っているという駅前漫画教室の広告が目に入り、職業を隠して通うことになったのでした。


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter 決意

 漫画教室初日、「脱サラして漫画家になろうと思っています」といろいろダイナミックな自己紹介をして講習スタート。初日は魅力的なキャラクターの作り方など、翌週はプロットやネーム、その翌週はコマ割りと視線誘導などの講座を受けることに。通常の仕事をしながらマンガ教室に通う、ハードスケジュールをこなす東條さんは、思うのでした。クリスタはまだか……ッ!?


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter クリスタ講座始まらず……!

 それでも受講に励んでいたある日、「持ち込みを想定したネームを作る」ことになりました。これまで持ち込みをしたことのなかった東條さん、良い人生経験になりそうと本来の目的とは別の意義を発見。仕事の原稿より真面目にネームを切り励みます。

 出来上がった話は、冷戦終結時の混乱で偶然にも核弾頭スイッチを手に入れてしまったシチリアマフィアを描いたもの。渋すぎる。講師の評価は「そつなくまとまっていて面白いがコマ割りが大ざっぱ。そして登場人物ほぼ全ておじさんなのが致命的で編集会議で敗北する」。なんてこったい。


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter 厳しい指摘

 そこで、ファミリーのボスである主人公を10代の少女にするという幼女戦記的なアイデアを提案すると、「それはとても良いですね!! 一気に作品の色が変わりますよ」と好感触。東條さん「同士カルロ(幼女戦記原作者)やはり天才か……!!」

 そして先生はこのネームとアイデアから、持ち込むなら「KADOKAWAなんてどうでしょうか」と大変ピンポイントな提案が。コミカライズ幼女戦記、KADOKAWAから好評出版中……!


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter !?

 持ち込んで知り合いの編集に当たってしまったらどう説明したものかと焦る東條さんですが、実際に持ち込む必要はないとのこと。ただ、ネームは実践的に目的を持ってやった方が良いということでした。目的……そう、目的!! クリスタ!!


幼女戦記 コミカライズ 東條チカ 同士カルロ 漫画教室 Twitter クリスタァ!!

 というわけで早くクリスタを触ってみたいと提案するのですが、まずは基礎からということに。言っている事自体は正しいため素直に従う東條さんでしたが、時を同じくして新型コロナが流行してしまいます。結局、クリスタを習う前に通えなくなり後は独学となってしまったのでした。現在は、よく分からないままクリスタを使い続けているとのこと。なお、バレ防止の為内容にはフェイクも混ぜているそうです。

 一連の出来事にネット上では、「見てる方はとてもドキドキして楽しかったですww」「目的のクリスタ習得は達成ならずっっっ…!」「コロナがなかったら今でも通っていたと思うと、卒業のタイミングでどうなっていたのか気になります」「事実は漫画よりも奇なり」「すべらんなぁ」といった声が寄せられていました。

 なお、現在は職業を偽った罪悪感が時間がたつに連れ重くなってきたため、もう1度通うことは考えていないそうです。

画像提供:東條チカさん(@yooochika


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」