ニュース
» 2020年12月05日 11時30分 公開

「シン・ゴジラ」へと至る、庵野監督・実写作品の系譜 エヴァ完結に備え「ラブ&ポップ」「式日」「キューティーハニー」を見る(2/3 ページ)

[将来の終わり,ねとらぼ]

 この映画に現れる「おとこのおとな」は、いずれも変人である。街中で呼び込みのように現金をチラつかせてお茶を交渉しては、自分の作るスパゲティを食べてほしがったり、噛まれたあとの粒マスカットをほしがったり、ぬいぐるみと話す暴力男であったりする。

 援助交際やテレクラといった今はもう聞かない言葉を通し、1990年代の渋谷、その空気感を全面に出しているにもかかわらず、そこに確かな現実は写っていない、という不思議な作品である。


“1000人いたら、数人しかわからないと思う” 「式日」(2000年)

 「ラブ&ポップ」は演出こそ独特であったものの、物語の筋が理解できない、というような作品ではない。主人公である吉井裕美には明確な目的があり、そのために(手段はともあれ)努力をする物語であるからだ。ただしそこから約3年の月日を空けて公開された「式日」は難解このうえない。毎朝「明日は私の誕生日」と繰り返し、廃ビルからの自殺を試み続ける女の妄想と、故郷で出会ったその女の妄想に徐々に侵食されていく「カントク」なる男の出会いを描いた作品だ。


 本作の初公開は東京都写真美術館でのもの。繰り返される同じ会話、実相寺アングルを用いた奇抜なカットや逆光に加え、光を抑えた屋外のシーンに対してときおり挟まれる廃墟地下の強烈な赤……、というようなアート感のかなり強い作品になっている。

 が、妄想の世界に逃げ込み続け、やがて自分自身であることすら拒絶する女。救いの手を振り解き、廃墟のバスタブの中で全てを拒絶して眠る女。そこに否応なくやってくる現実に対し、向き合え、と説得するカントク。……という構図は「新世紀エヴァンゲリオン」の後半に通じるものがある。

映画「式日」より。「エヴァ」と地続きな空気感がある

 本作において、2人の出会いとなる場所は線路の上。それに対する女とカントクの発言が印象的だ。「機械的建造物な感じがいい」(カントク)、「線路は2本ないと完成しないし、その2本は絶対に交わらない」(女)という趣旨の言葉は、作中によく線路を登場させる庵野自身が繰り返しインタビューで語っていることでもある。

 隣にいるにもかかわらず、決して交わることのない2つの存在。2020年4月に公開された「シン・エヴァンゲリオン」のポスターにも、線路は象徴的なかたちで現れる。横から交わり、入り組む2つの線路。それは本作「式日」のポスターでとった手法と同じだ。

 本作では、そして「シン・エヴァ」では、誰と誰の線路が交わることになるのか、またはならないのか? 庵野が章題のように述べている通り、一筋縄にはいかない。

映画「式日」完成披露試写会用告知ポスター(非人物タイプ・赤) デザイン/庵野秀明(「庵野秀明 実写映画作品集 1998-2004」ブックレット p.24より)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ポスターのロケ地は庵野の出身地、山口県宇部市とされている。「式日」のロケ地も同じ宇部市である

アニメと実写のいいとこどりを狙った「キューティーハニー」(2004年)

 前2作に比べれば、最も普通の作品である。メディアミックスの繰り返された永井豪の大人気作品を原作にした特撮アクションである本作は上映時間も唯一100分を切り、観客を突き放すような手法も少ない。ただ冒頭に流れる今石洋之のハイテンポ・アニメーションが象徴するように、「アニメと実写のいいとこどり」を狙った演出が各シーンに見られる。


 特に冒頭・うみほたるでの殺陣では繰り返される早回し、秒速で現れるパンサークロー戦闘員の登場カット、いわゆる「板野サーカス」的作画に人物を合成する、といった試みを重ねている。庵野は後年、本作が脚本準備中に製作会社の事情から予算が突然半分以上減額されてしまったと明かしている。

 こうして、当初の予算は前出のうみほたるのシーンにて使い果たしてしまったらしく、後半にいくにつれ先鋭的な試みは残念ながら姿を消していく。加えて佐藤江梨子の露出や、突然歌い始める倖田來未や及川光博などからはどうしても大人の事情を感じてしまう。

 それを踏まえて、東宝単独出資の「シン・ゴジラ」では粘り強い交渉の末、製作費の必要額を死守したというエピソードがある。「好きにする」ためには、相応の経験値が必要だったというわけだ。

ただ、脚本は予算規模に最低限合わせておかないと『キューティーハニー』(2004)の二の舞になってしまうので、早めに決めて欲しかったんです。『ハニー』の時は脚本準備中に製作会社の事情から突然半分以上予算が減額されて、結果的には脚本の内容をそのまま維持できるバジェットじゃなくなっていました。プロデューサーと途方にくれたんですが、3年以上も待たされた企画なので今更止めるのも辛いからと、無茶を承知で始めたら、当然ながら無茶だったんですよ(悲)。もちろん、その制作費で現場では「何が何処まで可能なのか」という実戦経験がなく、クオリティ・コントロールの判断が出来なかった僕の力不足が主な原因です。頑張って作りましたが、現場では「やりたいことではなく、やれることだけをやる」日々でした。その経験から、企画内容は予算枠に同期させないと、まずい事になると。脚本が先か予算枠が先かというのはありますが、先に決まった内容に合わせた現場にしたかったんです。

『ジ・アート・オブ シン・ゴジラ』 p.496 庵野秀明インタビューより




 記録的なヒットとなった「シン・ゴジラ」に至るまで、庵野は手を変え品を変え、試行錯誤を重ねてきた。ここでも述べたようなウルトラシリーズでの実相寺昭雄の手法や、「トップをねらえ!」での「激動の昭和史 沖縄決戦」(岡本喜八)オマージュなど、彼の作品はこれまで見てきたもの・触れてきたものを生かして作られている。庵野作品がどのように形作られてきたのかを知る上でも、これらの実写作品は大いに参考になるだろう。

 「エヴァ」完結編、そして「シン・ウルトラマン」を控えた今、ぜひ触れてみてほしい。

将来の終わり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」