ニュース
» 2020年12月18日 17時15分 公開

名作『オホーツクに消ゆ』×JR北海道「流氷物語号」 奇跡のコラボができるまで月刊乗り鉄話題(2020年12月版)(3/4 ページ)

[杉山淳一,ねとらぼ]

ゲーム業界出身の鉄道ライターとして「観光列車とゲーム業界」を結ぶ 私にしかできない仕事に挑む

 オホーツクに消ゆの発売元は、かつて私が務めた出版社、アスキーです。制作はアスキーが発行するPCゲーム雑誌「ログイン」編集部。そして私は社員時代、ログインの広告営業を担当していました。ゲーム業界出身の鉄道ライターとして、観光列車とゲーム業界を結ぶ。私にしかできない仕事、運命を感じました。

 しかしログインという雑誌は既に休刊しています。アスキーという会社は紆余曲折あってKADOKAWAグループの「アスキー・メディアワークス」「エンターブレイン」ブランドとして継承されています。許諾の窓口はここになるはずです。

 まずは元ログインの編集者で、私が鉄道経営ゲーム『A列車で行こう』のガイドブック執筆でお世話になったHさんに連絡すると、「青柳さんに相談したら?」と助言をいただきました。KADOKAWAグループのゲーム関連ライセンスについては「株式会社KADOKAWA Game Linkage」が担っており、その取締役が青柳昌行さんです。KADOKAWAの執行役員でもあります。

 青柳さんといえばログインの読者諸氏にとって「青柳ういろう」のペンネームで有名な編集者です。後にログインの編集長も務めました。彼は学生時代から編集部でアルバイトをしており、社員になるときに私と同期入社となり、一緒に新人研修を受けました。私がログインの広告担当になってからは、ともにPCゲーム業界を盛り上げるためがんばった仲間です。

 青柳さんに連絡を入れると、まさに旧アスキー案件は彼の担当とのこと。話が早い。しかし「全てこちらで動くとコトが大きくなって時間もおカネもかかるよ。杉山さんのほうで権利者に許諾を得たほうが話が早いと思う」とのアドバイス。KADOKAWAのビジネスは映像化など大型案件ばかりです。観光列車にヘッドマークを付ける、お土産グッズを作るという程度の商いだと、KADOKAWAもこちらも経費負けしそうです。

流氷物語号 オホーツクに消ゆ 車体側面に掲示するサボ(行先表示版) 記念グッズとして販売予定
流氷物語号 オホーツクに消ゆ ドア横の座席種別表示版をモチーフにしたキーホルダー

堀井雄二さんや荒井清和さん……ゲーム業界レジェンドとの折衝、そしてライセンス契約に至る

 ファミコン版オホーツクに消ゆの主な権利者は、原作者の堀井雄二さん、グラフィックの荒井清和さん、プログラムとBGMの上野利幸(ゲヱセン上野)さん。3人とも私の直接の知り合いではありません。

 もっとも話が早そうな人物は荒井清和さんです。荒井さんはログインなどで連載された4コマ漫画「べーしっ君」や、「週刊ファミ通」のクロスレビュアーの人物イラストでもおなじみ。その荒井さんとつながる友人がいます。元アスキーの仲間で、現在はゲーム開発会社を運営する樋口浩路さんです。彼は2018年に荒井さんを起用したゲーム『にいがた歴史観光科学とかのミステリーアドベンチャー』を作っています(関連記事)

 樋口さんに連絡し、荒井さんに話をつないでいただくよう頼みました。後に知りましたが、当時、樋口さんは荒井さんのイラストを起用したゲーム『ダービースタリオン(ニンテンドーSwitch版)』のグラフィック制作を担当し、佳境に入っていたそうです。

 堀井雄二さんは名作『ドラゴンクエスト』シリーズの原作者です。大御所です。樋口さんとはFacebookでつながっていました。しかし「スクウェア・エニックスに話を通したほうがいいのではないか」ということで、プロデューサーのM氏にメールを送りました。M氏からは面識がないにもかかわらず丁寧な返信をくださり「ファミコン版は当社に関係ないので、直接、堀井先生に連絡してほしい。堀井先生には用件を伝えます」とのこと。これがとてもありがたいことでした。

 あらためて堀井さん宛てに「ご説明プレゼンテーション」を作り、樋口さんに託しました。何度かやりとりして、堀井さん、荒井さんから了承の返事をいただきました。ゲーム業界のレジェンドからのメッセージに感激しました(後述)。

 上野利幸さんは、元ログイン編集長の河野真太郎さんとつながっていました。こちらもログイン読者には懐かしいですね。ログイン、テックウィンなどでオモシロ企画を次々にヒットさせた河野マタローさんです。私が広告営業担当だったころの編集長です。実は家が近く、残業で会社に泊まり込みそうな私を見かねて、ほぼ毎日、一緒にタクシーに乗せて送ってくださいました。

 お世話になりっぱなしで恐縮しつつ、上野さんへの取り次ぎをお願いしました。そして上野氏からも真摯なメッセージをいただきました。「ファミコン版はBGMのみ関わっていて、音楽を使わないなら私の許諾は不要です。楽曲を使う場合はJASRACに連絡してください」とのことでした。

 私はアスキーを辞めてから、ゲームライターもやっていました。ゲームライター時代は畏れ多くてお近づきになる機会もありませんでした。しかし、鉄道ライターの今になって、メッセージをやりとりさせていただけるとは……。これも全て「オホーツクに消ゆが好きだ!」という思いで突き進んだ結果です。世の中には情熱で開く扉があるんです。

 さて、以上を青柳さんに伝え、KADOKAWAの許諾をお願いしました。そして「KADOKAWAとして、ゲームの舞台となった地域の活性化に協力させていただきたい」との回答をいただきました。ここから先は石黒氏に引き継ぎます。こうしてつい先日、正式なライセンス契約に至りました。ここまで半年以上、多くの方々に助けていただきました。

流氷物語号 オホーツクに消ゆ 網走市観光協会協力「浦田甚五郎作 涙彫ニポポ」試作品。お土産グッズと言ったらこれでしょ!!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」