ニュース
» 2020年12月27日 18時45分 公開

【座談会】Flash、今までありがとう―― あのころ、僕らが夢中になった「Flashの時代」を振り返る(前編) (4/5)

[かーず,ねとらぼ]

業界にショートアニメの需要が増えていき、Flashを仕事にする機運が高まった


かーず


セミナーに通っていたってことは、wosaさんは映像のプロになろうとしていたんですか?


wosa

いえ、それは全然ないです(笑)。純粋に高い技術を学びたかっただけでした。Flashイベントの運営としては、僕自身がFlash職人の方々に接してきて、圧倒的な力の差を感じてました。若い人達がセンスの塊で、自分にないものを全部持ってるんですよ。512kb君のセンスとか、もうすごすぎてね。



かーず


今見てもめちゃくちゃ笑えてカッコいいなー。塚原さんがFlash職人からプロを目指されたきっかけは?


塚原重義

一度もないんですよ。プロを目指した瞬間がないまま、目の前の楽しいだけをずっとやっていた結果が今なんです(笑)。2005年ごろに、2ちゃんねる系とはまた別に、ルンパロ・チータさん(@rumparo)やFROGMANさん(@ono_ryo1)のような人たちが、なんとかFlashを仕事にしようって機運というか動きがあったんですよね。その1年後に「THE FROGMAN SHOW」がテレビで放映されることになったころ、僕もDLEさんに誘われて就職したのがプロになった経緯です。


かーず


誘われて、映像関係のお仕事に就かれたんですね。


塚原重義

その後フリーになってしばらく続けていると「自分って本当は何がしたかったんだっけ?」って迷う時期がやってきました。そうこうしてる間に、世の中が「YouTubeだ」「ニコニコ動画だ」って時代になってきて。出す場所が違うだけで、作る側のやることは一緒なんですけど、世間的にも「Flashは過去のもの」って空気感が流れていて……。


wosa


「Flashは死んだ」的な言われ方をされるたびに、みんなカチンときましたよね、死んでねーしみたいな(笑)。


塚原重義


(笑)。それで2009年〜2010年ごろだったかな。自主制作アニメブームが起こって、「フミコの告白」が発表されていた時期ですね。



かーず


塚原さんが悩まれていた時期も、NHKで星新一原作のアニメーション作品「うるさい相手」(2008年秋放送)の監督をされたり、経歴を積み上げていらっしゃったようですが。


塚原重義


この仕事は面白かったなー。そのころから業界内でショートアニメの需要が高まったんです。FROGMANさんしかり、森井ケンシロウさん(@morii)しかり。


かーず


森井さんは今期もTVアニメ「ぐらぶるっ!」が放映されていて、精力的に活動されてらっしゃいます。


塚原重義


たけはらみのるさんやみのぷうさんも、「異世界かるてっと」とか仕事されてますし。原点回帰して自分の作品を作りたくなって、2年近くかけて「端ノ向フ」(2012年)という作品を完成させて、「あ、作るってやっぱり楽しいな」って初期衝動を取り戻した形です。



wosa


「端ノ向フ」は塚原イズムの復活で、「あ、塚原さんだわー……」みたいなすごい安心感があったのを覚えてる。


塚原重義


それから「『端ノ向フ』みたいな感じでお願いします」って仕事が来るようになったのが今に至る転機になってますね。


後編に続く


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン