ニュース
» 2021年01月11日 10時30分 公開

寒波で電力の需給が逼迫 節電の呼びかけ

発電用燃料の在庫が減り、悪天候もあり太陽光発電などの発電量も見込めない状況。

[ねとらぼ]

 電気事業連合会は、電力需給の逼迫を受けて節電への協力を呼びかけている。寒波による電力需要の増加に伴い発電用燃料の在庫が少なくなり、天候不順もあって太陽光発電からの発電量も多くは見込めない状況だ。電力は消費量と供給量が一致しないと停電につながるリスクがある。

田亮需給 消費量と供給量のバランスが崩れると停電の恐れも(画像は東京電力パワーグリッドより)

 1月8日には、西日本を中心に全国7エリアで最大需要が「10年に1度」程度と想定される規模を上回った。

  東京電力ホールディングスをはじめ各地域の電力会社も日常生活に支障のない範囲で、照明やその他電気機器の使用を控えるなどして、電気の効率的な使用に協力してほしいと呼びかけている。

 グループ全体で火力発電所の増出力運転や需要抑制対策、自家用発電設備からの追加調達を行うなど、供給力の確保に注力。他電力会社からの応援融通受電等の対策で電力の安定供給確保に取り組んでおり、現段階では安定供給を確保していると説明している。

 3連休明けの12日は全国的に悪天候が見込まれており、電力需要がさらに増加する可能性がある。各地域の電力の需給状況については、「でんき予報」で確認できる。

田亮需給 日別電力量の推移(電気事業連合会より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10