ニュース
» 2021年02月01日 07時30分 公開

「ついネットを見てしまい何も進まない」を克服 ネット依存から脱却した体験談を描いた漫画に共感集まる(1/2 ページ)

定期的にネットとの付き合い方を見直したい。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 インターネットをついダラダラと見過ぎて後悔した経験は、誰しも一度はあるのではないでしょうか。漫画家のゆめの(@yumenonohibi)さんは、インターネットとの付き合い方を見直したことで見えてきたことを漫画にして、読者から共感を得ています。

 やることがあると分かっていても、TwitterやYouTubeをつい眺めてしまっていたゆめのさん。やるべきことをやれず落ち込み、SNSで他の人はちゃんとできているのを見てまた落ち込んで、という悪循環に陥っていました。そこでスマホもパソコンを見ないようにするためのルール作りを始めました。

スマホ依存 ルール スマホで時間の無駄遣いをしては落ち込み、他人と比較するためにまたスマホを取って落ち込んで……

 買い物も手続きも仕事も、生活に必要なこと全てがインターネットでできる時代。「SNSのチェックは1日2回まで」「必要な調べ物以外のネット使用は1日90分まで」など、自分に合ったルールを決めて、さらにルールを守れるように、必要がないときはスマホもパソコンも視界に入らないようにしました。そして厳しいルールを守れたら、ちゃんと自分を褒めてあげました。

スマホ依存 ルール

 慣れてきたころには作業効率も上がり、人と比べて焦ることもなくなって、時間的にも心にも余裕が生まれてきました。インターネットから入ってくる情報量をコントロールすることで「自分の生活を充実させる大切なことが見えてきた」と、ゆめのさんは伝えています。

 インターネットの中には大切な情報もあれば、暗くていやなニュースもあって、メンタルが不安定になってしまうこともあります。漫画には「確かに視野が狭くなってきてる」「見たくないものまで見えてしまってしんどい」など、ネットの情報過多に悩む声が届いている一方、漫画のようにネットとの付き合い方を見直して「挫折しながら実践中です」「インスタのログアウトチャレンジしてる」という声も届いています。たまにネットとの距離感を考えてみるのも良いかもしれませんね。

 作者のゆめの(@yumenonohibi)さんはTwitterに日常漫画を投稿、現在単行本『心を病んだ父、神さまを信じる母』が販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する