ニュース
» 2021年02月04日 20時00分 公開

目の前に広がる美しい海と汲み取り式トイレ 離島で再スタートしたアラサー漫画家の“離島暮らし”漫画が気になる(1/2 ページ)

離婚を機に、友だちと共同での離島生活がスタート。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 コロナ禍で話題にのぼることが増えた地方移住。実際の生活はどのようなものなのでしょう。七味さや(@shichimi310)さんが、離島生活の体験をもとにした漫画「にわか島暮らし」を連載中です。


にわか島暮らし 離島の暮らしはいったいどんなものなのでしょうか。そして、さやこのワケとは……

 「にわか島暮らし」の主人公、小本さやこは海のない盆地で生まれたアラサーの漫画家。離婚などを機に長崎県の離島、福江島に移住しています。

 友だちのトモエちゃんと共同生活をしながら、福江島で漫画を描くさやこ。トイレの汲み取り作業の音と「香り」に耐えかねて散歩したり、漫画の〆切間近に煮詰まる時に海を見てリフレッシュしたりなど、離島ならではの生活がいきいきと描かれています。


にわか島暮らし


にわか島暮らし


にわか島暮らし


にわか島暮らし

 読者からは「続きが気になる」「海の空気感が伝わる」という声が寄せられています。漫画を通して、離島ライフを追体験したい人もいるのかもしれません。また、自分や身近な人が長崎県の離島出身だというコメントも多く、「地元が舞台になっている!」とアツい視線を注いでいる人もいそうです。

 「にわか島暮らし」は現在は第6話。海釣りをしたり、五島名物「かんころ餅」を焼いて食べたりとワクワクするような島での生活とともに、さやこのつらい記憶やトモエちゃんの過去にも触れられています。2人が抱えているものは、連載の中で少しずつ癒えていくのでしょうか。

 最新話は毎週日曜夜に掲載され、七味さや(@shichimi310)さんのTwitterアカウントと、漫画投稿サイト「コミチ」で読むことができます。

画像提供:七味さや(@shichimi310)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響