ニュース
» 2021年02月10日 08時30分 公開

新神戸駅「明石のおにぎり弁当」(720円)〜昔からテイクアウト!「駅弁」135周年の節目に「時」を感じていただくおにぎり駅弁!(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「明石のおにぎり弁当」(720円)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 新神戸駅「明石のおにぎり弁当」(720円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年4月24日)

駅弁 HOT7000系気動車・特急「スーパーはくと」、山陽本線・須磨〜塩屋間(2018年撮影)

京阪神と鳥取を東海道・山陽本線、智頭急行、因美線経由で結ぶ特急「スーパーはくと」。

途中、新大阪・大阪・三ノ宮・明石・姫路・上郡・佐用・大原・智頭・郡家・鳥取の順に停車し、一部の列車は山陰本線に乗り入れて、倉吉まで直通します。

第3セクターの「智頭急行」(上郡〜智頭間)が所有するHOT7000系気動車は、カーブでも高速で走ることができる振り子式の車両で、京都〜鳥取間を約3時間で走破します。

駅弁 日本標準時子午線表示柱(2015年撮影)

神戸の玄関・三ノ宮を出た「スーパーはくと」が、次に停まるのは明石。

明石といえば、東経135度の日本標準時子午線が通るまちとして有名です。

「明石市立天文科学館」の井上館長によると、鉄道の草創期には“東京時間、大阪時間”があり、東西の鉄道がつながることで、安全のため「標準時」が求められるようになったそう。

じつは私たちの「時の意識」は、鉄道と郵便の発達が大きく関係していると言います。

駅弁 明石のおにぎり弁当

そんな明石のまちを思い浮かべていただきたい駅弁が、「明石のおにぎり弁当」(720円)。

神戸を拠点に京阪神の駅弁を手掛ける「淡路屋」が、4月発売したばかりの新作駅弁です。

今年(2020年)は、明治18(1885)年とされる、最初の駅弁から135年の節目の年。

これに合わせて、日本鉄道構内営業中央会加盟の駅弁屋さんで企画された“おにぎり駅弁”の淡路屋バージョンということで、「明石のたこ」が描かれた帯が巻かれています。

駅弁 明石のおにぎり弁当

【おしながき】

  • たこ飯おにぎり
  • 穴子しぐれ煮おにぎり
  • 煮物(鶏肉、揚げかまぼこ、里芋、れんこん、ごぼう、椎茸)
  • 茹でいんげん
  • 小松菜と人参のおひたし
  • いかなごのくぎ煮
駅弁 明石のおにぎり弁当

名物駅弁「ひっぱりだこ飯」でおなじみの明石だこを使ったたこ飯おにぎりと、穴子のしぐれ煮が載った塩おにぎりの2種類が味わえるおにぎり駅弁です。

加えて、明治36(1903)年創業の淡路屋が117年にわたって育んできた煮物の味や、いかなごの釘煮といったご当地の味も、1つの弁当にギュッと凝縮されています。

おにぎり2個、たくあん2個から始まった駅弁は、135年でここまで進化したわけですね。

駅弁 N700系新幹線電車「さくら」、山陽新幹線・西明石〜姫路間

駅弁135周年の今年(2020年)は、大正9(1920)年に6月10日の「時の記念日」が定められてから100年の節目、「明石市立天文科学館」は開館60年の節目に当たるそうです。

家で過ごす時間が長くなり、感染症の流行で命の大切さを重く受けとめた方もいるでしょう。

鉄道と郵便制度が生み出した、現代人の「時間」の概念、そして「駅弁」という食文化。

数分おきに時速300Kmの列車が駆け抜けるようになったいま、子午線のまち・明石のたこ駅弁を通信販売で取り寄せ、我が家で噛みしめながら、私たちが過ごす「時間」について、改めて考えてみるのも有意義なひとときではないでしょうか。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる