ニュース
» 2021年02月18日 11時30分 公開

ピザってこんなにふくらむっけ? 風船みたいなチルドピザの写真が話題、メーカーに原因を聞いた(1/2 ページ)

てっきりそういう新製品かと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 異様にふくれあがったチルドピザの写真に、驚きの声が多数上がっています。風船みたいにパンパンだ。


おばけピザ もはや別の食べ物。なお、投稿主はこぼれた具を集めておいしくいただいたそうです

 「ピザってこんなにふくらむもんだっけ……」と首をかしげるはめになったのは、Twitterユーザーのきんちゃん(@senki8198)さん。ピザはオーブントースターの中で膨張し、チーズも具材も網の下へ押し出す勢いでした。

 あまりのビジュアルに驚いた投稿主は、類例はないかとTwitterを検索。多くの先達がヒットして、再び驚くことになりました。

 「オムライスみたい」「そういう種類のピザかと思った」などと話題を呼んだこの現象。ツイートには経験者からの報告も寄せられています。

 なかには「ピザ生地はなるべく空気を抜いて焼くものですが、機械で作られた既製品は空気の抜けが甘くなる場合もあるのでは」「竹串で何カ所も刺してから焼くと防止できる」といった意見も。編集部はきんちゃんさんが食べたピザのメーカー、伊藤ハムにふくらむ原因など詳細を聞きました。


ふくらんだら調理を中断し穴を開けて空気を抜く

―― ピザがこのように膨張するケースはよくあるのでしょうか

伊藤ハム ごくまれに、焼いた際にふくらんでしまう現象が発生していることは確認しております。

―― ふくらむ原因は?

伊藤ハム 市販のチルドピザや冷凍ピザは、シート状の生地を丸い型で打ち抜いてすぐに焼成するタイプが一般的です。しかし弊社の場合は、小麦粉などをこねて生地を作ったのち、球状の生地玉にして低温で長時間熟成させてから焼成しています。

 これにより、生地に深みのある風味やふんわり・もちっとした食感を付与できるのですが、発酵過程で生地表面の“コシ”が強まり、焼成工程で生地の中の空気をうまく外へ逃がせなくなります。

 そのため、焼成前のピザ生地には空気を逃がす穴を開けていますが、熟成した生地のデリケートな物性と、穴を開ける工程の調整具合によっては、お客様が焼いた際にふくらんでしまう現象が発生します。生地のふんわりしたふくらみを保ちつつ、加熱調理時にふくらみすぎることがないように、さらに取り組んで参ります。

―― ふくらんでしまった場合、食べても問題ないですか?

伊藤ハム お召し上がりになることに問題はありません。ただし、具材が周辺に落ちやすくなることもありますので、もし調理中にふくらむようなことがありましたら、オーブンなどの調理器具をいったん停止させ、やけどに注意しながら串やフォークなどで穴を開けて、空気を逃がしてから調理を再開していただければ幸いです。

画像提供:きんちゃん(@senki8198)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10